本ページにはプロモーションが含まれています

【2024年最新版】キッチンカーおすすめのキャッシュレス決済代行会社は?

【結論】キッチンカーにおすすめはPayCAS Mobile

キッチンカーにキャッシュレス決済を導入したいけど、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済など個別に契約すると結構な手間がかかってしまいます。

そこで一度の申込みで複数のキャッシュレス決済が使えるようになるキャッシュレス決済代行会社があります。

キッチンカーにおすすめのキャッシュレス決済代行会社には

  1. PayCas Mobile
  2. スマレジ・PAYGATE
  3. Airペイ(エアペイ)

がありますが、当サイトがキッチンカーにおすすめするのはPayCAS Mobileです。

PayCAS Mobileをおすすめする理由

  • 高性能のポータブル型決済端末が無料
  • 決済手数料は業界最安値水準の2.8%~
  • 4G回線対応で屋外での決済も端末のみでOK
  • 大画面タッチパネルでスマホ感覚で利用可能

プリンター付きマルチ決済端末が無料!

PayCAS Mobileのお申し込みはこちら

※決済手数料は業界最安値!

 

キャッシュレス決済代行各社のキッチンカー対応表

*表は横にスクロール出来ます

1.PayCas Mobile 2.スマレジ・PAYGATE 3.Airペイ(エアペイ)
クレジット
7種類

7種類

7種類
電子マネー
16種類

16種類

3種類
QRコード
10種類

7種類

44種類
プリンター
内蔵

内蔵
ネット回線
4G回線対応

4G回線対応
費用
導入:0円
月額:2,178円

導入:0円
月額:3,300円

導入:0円
月額:0円

おすすめのキャッシュレス決済代行会社BEST3

PayCas Mobile

PayCAS Mobileの基本情報
導入費用税込86,680円 → 0円
月額料金税込4,400円 → 2,178円
決済手数料2.8~3.24%
入金頻度月2回
入金手数料0円
対応OS
決済端末専用端末

PayCas Mobileの注意ポイント

  • 毎月2,178円(税込)の月額使用料がかかる
  • 4年以内の解約には違約金がかかる
  • 電子マネーを利用するためには別途費用が必要
  • 申込から利用開始までに最短でも約1ヵ月かかる

PayCas Mobileのおすすめポイント

PayCas Mobileの詳しい内容はこちらから

PayCas Mobile(PayPay)の導入費用・手数料・入金サイクルをわかりやすく解説

  PayCAS Mobileの概要 PayCAS Mobileは、「PayPay株式会社」が新しく提供を開始したキャッシュレス決済サービスです。 PayPay株式会社では、従来のQRコード ...

続きを見る

プリンター付きマルチ決済端末が無料!

PayCAS Mobileのお申し込みはこちら

※決済手数料は業界最安値!

 

スマレジ・PAYGATE

スマレジPAYGATEの基本情報
導入費用30,800円 → 0円
月額料金3,300円
決済手数料3.24%~
入金頻度月1回又は2回
入金手数料0円
対応OS
決済端末専用端末

スマレジ・PAYGATEの注意ポイント

  • 毎月3,300円(税込)の月額使用料がかかる
  • 1年以内の解約には違約金がかかる
  • 入金手数料が加盟店負担

スマレジ・PAYGATEのおすすめポイント

  • プリンター内蔵なので端末1台で完結し場所を取らない
  • 4G回線内蔵屋外での決済も端末のみでOK
  • 対応する決済種類が合計30種類と豊富
  • 交通系の電子マネーが使える
  • スマレジ・PAYGATEキャンペーン」で高性能の端末が0円

スマレジ・PAYGATEの詳しい内容はこちらから

スマレジ・PAYGATEの導入費用・手数料・入金サイクルをわかりやすく解説

  スマレジ・PAYGATEの概要 スマレジ・PAYGATEは「株式会社スマレジ」が提供するキャッシュレス決済代行会社です。 専用のマルチ決済端末1台があれば、クレジットカード・電子マネー・ ...

続きを見る

プリンター付きマルチ決済端末が無料!

スマレジ・PAYGATEのお申し込みはこちら

※分割払いやボーナス一括払い等にも対応!

 

Airペイ(エアペイ)


Airペイの基本情報
導入費用税込20,167円 → 0円
月額料金0円
決済手数料1.08~3.24%
入金頻度月6回または月3回
入金手数料0円
対応OSiOS
決済端末カード型
iPadまたはiPhone

Airペイ(エアペイ)の注意ポイント

  • 交通系の電子マネーが使えない
  • プリンターが別途必要
  • iPhone又はiPadが別途必要

Airペイ(エアペイ)のおすすめポイント

Airペイの詳しい内容はこちらから

Airペイ(エアペイ)の導入費用・手数料・入金サイクルなどをわかりやすく解説

Airペイ(エアペイ)の概要 Airペイは、ホットペッパーや飲食店や美容院向けの集客・販促支援を行っている「株式会社リクルートライフスタイル」が提供するキャッシュレス決済代行です。 Airペイ(エアペ ...

続きを見る

キャッシュレス導入0円キャンペーン実施中!

Airペイのお申し込みはこちら

※Airペイ利用開始で初期費用が0円となります!

 

キッチンカーでキャッシュレスを導入するメリット・デメリット

キッチンカーでキャッシュレスを導入するメリット

キッチンカーにキャッシュレス決済を導入するメリットは次のとおりです。

  • 現金に触らないので衛生的
  • お釣りが不要など会計の手間が省ける
  • 現金を扱わない(少ない)ので防犯対策になる
  • 機会損失を防げる

キッチンカーは少ない人数で回していることが多いので、おつりが要らないなど会計に手間がかからないのが最大のメリットです。

 

キッチンカーでキャッシュレスを導入するデメリット

一方でキャッシュレス決済を導入するデメリットもあります。

  • 決済手数料がかかる
  • 入金サイクルが長い(最短でも翌日振込)
  • インターネット通信環境が必要

 

キッチンカーで必要なキャッシュレス決済の種類

クレジットカード

言うまでも無いことですがキャッシュレス決済にクレジットカード決済は必須です。

定番のVisa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover Card に加えて、訪日中国人も視野に入れるなら銀聯カードも使えるようにしましょう。

さらに決済の手間を考えると、コンタクトレス決済も必須の条件になります。

電子マネー

タッチするだけで決済が完了する電子マネーはキッチンカーには最適な手段です。

特に駅近で販売する場合など交通系電子マネーの需要は高いですが、交通系電子マネーは移動販売(キッチンカー等)のような、決済場所が固定していない場所での利用は出来ないことになっています。

例外もあるようなので必ず事前に問い合わせるようにして下さい!

QRコード決済

QRコード決済はキッチンカーで最も使われると予想される決済方法です。

特に利用するユーザーの多いPayPayは必須で、その他に 楽天ペイ、d払い、au PAY の合計4つは是非押さえておきたいところです。

 

キッチンカーのキャッシュレス決済で必要なもの

キャッシュレス決済端末

キッチンカーでキャッシュレス決済を行うとき絶対必要になるのが「決済端末」です。

キャッシュレス決済代行会社によっては、決済端末を無償で提供しているので、使い勝手のよい物を選ぶようにしましょう。

通信環境

キャッシュレス決済はインターネット回線を通じて決済を行うので、屋外の場合であっても安定したインターネット回線が必要となります。

キャッシュレス決済端末に4G回線など通信環境を内蔵していれば良いのですが、内蔵していない場合は別途用意する必要があります。

スマートフォンやタブレットをレジ端末として使用する場合は、スマートフォンやタブレットがインターネットに接続できるようにしておく必要があります。

レシートプリンター

お客様からレシートやクレジット控えを求められたときに、レシートプリンターが必要となります。

キャッシュレス決済端末にプリンターが内蔵されていない場合は、モバイル用のプリンターを別途購入する必要があります。

 

-機能サービス