VANDLE CARD(バンドルカード)

誰でも作れるVisaプリカ!スマホ決済VANDLE CARD

VANDLE CARD(バンドルカード)とは、株式会社カンムが運営するキャッシュレス決済サービスです。 審査や年齢制限がなく、最短1分で誰でもVisaプリペイドカード(バーチャルカード)を作れることが特徴です。 入会金や年会費は無料で、チャージ(入金)や支払は全てアプリ一つで完結します。 プリペイドカード方式なので、事前にチャージをして利用します。Visa加盟店で使えるので、国内外問わず利用できる店舗が多いことも魅力の一つです。

サービスURL https://vandle.jp/
運営会社 株式会社カンム
運営会社概要 資本金約26億9038万円のベンチャー企業
サービス開始時期 2016年9月
コンセプト ソッコーでつくれるカード!
ユーザー数 100万人(2019年3月)
利用可能特典 特になし
利用可能店舗 Visa加盟店
精算方法タイプ 前払い(プリペイド方式)
お支払い方法 ネット銀行
セブン銀行ATM
ドコモ払い
ビットコイン
使用可能クレジットカードブランド クレジットカード使用不可
利用限度額 バーチャルカード・リアルカード:10万円
リアル+(プラス):100万円

対応している機能

  • オンライン決済
  • クレジットカード
  • プリペイドカード
  • 前払い(プリペイドタイプ)
  • 現金チャージ
  • 銀行口座

1分で発行!誰でもVisaプリペイドカードが作れる

審査不要でネットショッピング専用のバーチャルカードを作ることができます。 年齢の制限もないので、未成年を含め誰でも作ることが可能です。

VANDLE CARD(バンドルカード)アプリ一つで全ての操作か完結

Visaプリペイドカードの発行はもちろん、チャージ(入金)や支払明細などは全てスマホアプリで可能です。 万が一スマホやカードを落としてしまった時も、アプリ(Web)からすぐに利用を停止することが可能です。

たくさんのチャージ(入金)手段

セブン銀行ATMやコンビニ、ドコモ払い、さらにはビットコインなど様々なチャージ(入金)手段があります。 アプリ内には「ポチっと」という翌月に支払いを回すことができるチャージ方法もあります。

本人確認不要!海外でも使えるリアルカードも作れる

街のお店で使える「リアルカード」も発行することができます。 国内のVisa加盟店のみならず、海外でも使えるVANDLE CARD(バンドルカード)を作ることも可能です。 ※リアルカード作成は発行手数料が発生します。

まとめ

審査がいらず誰でもVisaプリペイドカードを発行することができるVANDLE CARD(バンドルカード)。 ネットショッピングや街でのお買い物をキャッシュレスで楽しむことが可能です。 一番の魅力はなんといっても「Visa」なので、国内外問わず利用可能店舗が多いこと。 最近ではタレントのベッキーさんが出演しているCMも話題ですね。 後払い方式のチャージ方法も用意されているので、いざという時も心配なく使うことできます。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。