Quick Payとは?特徴や使い方とメリット・デメリット

2019年8月28日

QUICPay(クイックペイ)のロゴ

現金を持ち歩かなくても、代金の支払いができる方法として、電子決済サービスというものがあります。
ここで紹介するQuick Payもその中の1つなのです。
Quick Payという名前は聞いたことがあっても、どのようなものなのかよく分からないという人もいるでしょう。
ここでは、Quick Payとはどのようなものなのか、特徴や使い方などを含めて解説していきます。

Quick Payはどのようなものなのか

「Quick Pay」は、電子決済サービスの1つとして知られているものです。
電子決済サービスとは、現金で支払わなくても商品やサービスの代金を支払うことができるもののことで、クレジットカードが代表的な方法といえます。
そのような電子決済サービスの中でも、Quick Payは、カードやスマートフォンをお店にある端末にかざすだけで支払いができるという便利なものです。
Quick Payには、大きく分けてカードタイプとモバイルタイプの2種類があります。

カードタイプには、Quick Payの機能だけがついている専用カードや、クレジットカードにQuick Payの機能がついているクレジットカード一体型タイプなど、いくつかの種類があります。
一方のモバイルタイプでは、スマートフォンや携帯電話にQuick Payのアプリをダウンロードすることによって使うことができます。
Quick Payを利用することで、気軽にスマホ決済ができるようになるでしょう。

Quick Payがおすすめの人とは

Quick Payは、Quick Payが内蔵されているカードや、スマートフォンで代金の支払いをすることができます。
そのため、現金を持ち歩くのが面倒に感じている人におすすめであるといえるでしょう。
近所に買い物に行くときなど、スマートフォンやカードだけ持っていけば気軽に支払うことができるので、わざわざお財布を持っていく必要がありません。
身軽に出かけたい場合にもぴったりです。
また、クレジットカード一体型のQuick Payを利用している人の場合は、ポイントやマイルを貯めることが可能なので、ポイントを貯めたいと考えている人にもおすすめです。
Quick Payを使えるお店も徐々に増えてきています。

そのようなお店で買い物をした場合、お店独自のポイントカードにポイントが貯まるだけでなく、Quick Payでの支払額に応じてクレジットカードのポイントももらうことができます。
そのため、ポイントを二重で貯めることが可能になるのです。
なお、付与されるポイントはQuick Payに紐づいているクレジットカードのポイント還元率が適用されるので、ポイント還元率の高いクレジットカードを紐づけすると良いでしょう。

Quick Payの特徴

電子マネーでは、お金をチャージして利用するというものが多くありますが、Quick Payはチャージ不要で利用することができる、ポストペイ式の電子マネーである点が特徴といえるでしょう。
このようなポストペイ式電子マネーは、盗難されたときなどに、悪用されてしまう可能性が心配されていますが、Quick Payには紛失・盗難補償が備えられているので、不正に利用される心配も少なくて済みます。
また、Quick Payの特徴は、それぞれのタイプによっても異なっています。
たとえば、ベーシックなタイプであるQuick Pay専用カードの場合は、カード型なのでお財布やカードケースに入れておきやすいという点を挙げることができるでしょう。
また、モバイルタイプでは、スマートフォンや携帯電話と一体化させてQuick Payが利用できるため、わざわざカードを持ち歩かなくて良いという点があります。

また、Quick Payコインという、Quick Payの中でもコンパクトなものの場合は、専用のリストバンドに取り付けることで紛失を防ぐことができるのです。
このほかにも、Quick Payの種類によって、さまざまな特徴が存在しています。
なお、Quick PayはFeliCa(フェリカ)といわれる、非接触ICカード技術を採用しているので、このように、カード型だけでなく、あらゆるタイプが生み出されているといえるでしょう。

Quick Payの利用方法

Quick Payの使い方は、まず、お店で支払いをするときに、Quick Payで支払うという旨を伝えます。
そして、専用の端末にカードやスマートフォンをかざすと、「クイックペイ」という決済完了の音が鳴ります。
端末が緑色に点滅したら支払いが完了です。
Quick Payは、クレジットカードでの支払いと異なり、サインをする必要もないので、簡単に支払い手続きをすることが可能です。
そのため、お会計にかかる時間も短縮できるでしょう。
どのような方法でQuick Payを使うのかによって、細かいところは異なりますが、大まかな利用方法としては、上記のように端末にかざすだけで大丈夫です。

具体的には、おサイフケータイの場合は、おサイフケータイ対応のスマホで、Quick Payモバイルの設定をしたり、Apple PayでQuick Payを使う場合は、iPhoneのwalletアプリにクレジットカードやプリペイドカードを登録したりする必要があります。

Quick Payのチャージ方法

Quick Payは後払い式の電子マネーなので、あらかじめ現金をチャージしておく必要はありません。
Quick Payの利用代金は、クレジットカードの利用代金と共に引き落とされる仕組みになっています。
そのため、Quick Payを利用するためには、Quick Payの支払いに対応しているクレジットカード会社の会員になってから、申し込みをおこないましょう。

Quick Pay利用可能店舗

Quick Payの利用可能店舗は数多くあります。
たとえば、セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニエンスストアをはじめとして、イトーヨーカドーや、まいばすけっとなどのスーパーマーケット、百貨店やタクシー乗車の運賃の支払いにも利用することができます。
また、アドベンチャーワールドや、東京ディズニーリゾートなどのアミューズメントパークでも対応可能となっています。
店舗への導入方法も簡単であり、会計作業も楽であることなどの理由により、Quick Payでの支払いに対応できるようにしている店舗も徐々に増えてきているようです。

電子マネーの種類によっては、店舗導入が進んでいないために、利用することができないというケースもあります。
しかし、Quick Payの場合は、幅広い店舗での利用に対応しているので、使いやすい電子マネーであるといえるでしょう。

まとめ

Quick Payは、多くの店舗で利用できる電子マネーです。
事前にお金をチャージしておく必要もないので、支払いのときにお金が足りなくなるという心配もなくなるでしょう。
買い物に行くときに現金を持ち歩きたくないという人は、ここで紹介したQuick Payの特徴を読んで、登録してみると良いでしょう。
Quick Payを使って、スムーズな会計をしてみてください。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。