QUOカードでキャッシュレス?特徴や使い方とメリット・デメリット

2019年8月28日

QUOカードPayのロゴ

世界的にキャッシュレス化が進むなか、日本においてもさまざまなキャッシュレスサービスが普及し始めています。
しかし、日本国内ではまだキャッシュレスサービスの認知度が低い傾向が見られ、どのサービスを選べばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、複数あるキャッシュレスサービスのなかから「QUOカードPay」に焦点を絞り、その特徴や使い方などを解説していきます。

QUOカードPayとはどんなサービス?

QUOカードPayは、スマホを介して行える決済サービスです。
提供元は、プリペイドカード「QUOカード」で知られる株式会社クオカードとなっています。
「PayPay」や「LINE Pay」などのように、スマホを使ってコンビニでの決済などに利用することが可能です。
ただし、QUOカードとの互換性はなく、購入したりプレゼントされたりしたQUOカードを、QUOカードPayとして使うことはできません。

QUOカードPayはどういった人におすすめ?

QUOカードPayは、専用のアプリをダウンロードしなくても利用することができます。
そのため、スマホに詳しくない人や、自分のスマホに保存しているアプリの数をあまり増やしたくないというような人に向いています。
また、QUOカードPayは全国のローソンで使うことができるので、コンビニのなかでも特にローソンをよく利用するという人におすすめです。
それから、QUOカードPayを購入するためのオンラインストアでは、手続きをパソコンで行う必要があります(2019年7月時点)。
サイト自体がスマートフォンやタブレット端末向けには最適化されていませんから、QUOカードPayを購入する際は、パソコンを使用できる環境が求められます。

QUOカードPayの特徴

QUOカードPayは、簡単かつ安心・安全に使用・導入できるのが特徴です。
利用するに当たって、個人情報・クレジットカード情報・銀行口座情報などは不要です。
面倒な手続きを省いてスピーディーに利用できますし、重要情報を開示しなくて済むので、高い安全性を保つことができます。
QUOカードPayは、利用画面を彩るカードのデザインが豊富なのもポイントです。
キャンペーンやプレゼントする企業など、内容によっていろいろなカードデザインが用意されているので、視覚的にも楽しむことができます。

専用のアプリがなくても利用できるのがQUOカードPayの魅力ですが、専用アプリをスマホにダウンロードすることで、さらに利便性を高めることも可能です。
専用アプリをダウンロードすることで使えるようになる機能としては、まずカードデザイン保存機能が挙げられます。
専用アプリがあれば、各QUOカードPayのカードデザインを、アプリ内に保存することができるようになります。
お気に入りのカードデザインを集めて楽しみたいという人は、専用アプリを活用してみるといいでしょう。

また、専用アプリがあれば、複数のQUOカードPayの残高を1つにまとめられるという点も便利です。
有効期限が迫っているものから自動的に消費してくれるシステムになっているので、効率的に使用できるのも嬉しいポイントです。
加えて、有効期限が迫ると通知してくれる機能も備わっていますから、残高を使い忘れるといったリスクを軽減できます。
もう1つのリスク管理機能として、残高を移行できる点にも注目です。
スマホを紛失してしまったような場合でも、専用アプリなら残高を新しいスマホに移行することが可能です。

QUOカードPayの使い方

まずは、QUOカードPayを専用アプリなしで利用する際の使い方を紹介していきましょう。
専用アプリなしの場合、簡単な3つのステップで使えるようになります。
最初のステップは、QUOカードPayのURLをスマホで受け取ることです。
URLを受信できるアプリならなんでもいいので、メールや各種SNSなどのアプリを活用しましょう。
次に、スマホへ届いたURLを開きます。
受け取った金額が表示されたら、受け取りの手続きは完了です。

最後のステップは、QUOカードPayによるスマホ決済です。
店舗でQUOカードPayの画面を見せてバーコードを読み取ってもらうだけで簡単に決済できるため、サインや本人確認は必要ありません。
また、QUOカードPayと現金を併用することも可能なので、残高をしっかり使い切ることができます。
ただし、いざQUOカードPayを使おうと思ったときに、URLが見つからずに困るといったケースもありえます。
ですから、謝礼やキャンペーン応募などでQUOカードPayをもらったら、URLを開いてページを表示し、ブックマークなどに登録しておきましょう。

QUOカードPayを専用アプリとともに利用する場合は、AppStoreやGooglePlayから専用アプリをダウンロードしましょう。
専用アプリを導入しておけば、手に入れたQUOカードPayのURLをタップするだけでアプリが起動し、自動で残高に登録されます。
店舗で使用するときは専用アプリを起動して画面を表示し、バーコードを読み取ってもらうことで決済可能です。
この場合も、サインや本人確認は必要ありません。

QUOカードPayの購入方法は?

QUOカードPayの購入は、QUOカードPayオンラインストアから行えます。
初回のみ会員登録が必要ですが、その後の契約手続きは不要です。
3000円から購入可能で、いつでも注文できます。
料金の支払いは、注文確定後にオンラインストアから請求書をダウンロードし、銀行振込で入金しましょう。
なお、QUOカードPayオンラインストアを利用するに当たっての推奨環境は、2019年7月時点でWindows7・Windows10・macOS Mojave(バージョン10.14)・macOS HighSierra(バージョン10.13)となっています。
ブラウザにも指定がありますから、詳しくはサイトを確認しましょう。

QUOカードPayが使える店舗

コンビニエンスストアでは、全国の「ローソン」「ナチュラルローソン」「ローソン100」で使用可能です。

ドラッグストアでは、「Vドラッグ」「サンドラッグ」「ドラッグトップス」などが対象です。

カフェでは、「上島珈琲店」「MELLOW BROWN COFFEE」「UCC Café Plaza」などで使うことができます。

書店では、「有隣堂」「大垣書店」「文真堂書店」「BOOKアマノ」、さらに「谷島屋」「草叢BOOKS」「伊勢原書店」などで使用可能です。
それから、「東急ハンズ」などでも使えます。

そのほかにも、たくさんの店舗がQUOカードPayを導入予定です。
特別な機器を新たに設置しなくて済むQUOカードPayは、店舗への導入方法が簡単です。
そのため、さらに導入店舗が拡大していくことが予想されます。

まとめ

QUOカードPayは、専用アプリがなくても利用できるキャッシュレスサービスです。
個人情報を登録しなくても使えるので、手軽にスマホ決済がしたいという人に向いています。
利便性を重視したい場合は、専用アプリをダウンロードして機能を拡張するのがおすすめです。
キャッシュレスサービスに興味があるという人は、簡単に始められるQUOカードPayを利用してみてはいかがでしょうか。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。