今さら聞けない!QRコード決済の基本的なチャージ・入金方法を徹底解説

2019年8月28日

キャッシュレス決済イメージ

スピーディーでスムーズな支払いが可能なキャッシュレス決済は、スマホが普及したことにより各社の競争がますます激しくなっています。
スマホでQRコードを提示することで支払いは完結しますが、日本ではまだまだ普及していないのが現状です。
名前は知っていても使用を迷っているという方も多いでしょう。
スマホ決済の利用を悩んでいる方でも安心して生活に取り入れられるよう、決済のやり方やチャージ方法などを解説していきます。

スマホでQR決済を利用してみよう

スマホ決済の特徴は、クレジットカードなどと違ってサインや暗証番号の入力が必要ないため、素早い支払いが可能になることです。
普段利用しているクレジットカード会社や携帯電話会社などが提携したアプリも多いため、自身のライフスタイルに合わせたアプリを使用するのがよいでしょう。
スマホ決済のアプリは、PayPayやLINE Pay、楽天ペイ、Origami Payなどたくさんのものが存在しています。
クレジットカードと同じ後払いにできるシステムも多いので、使い過ぎには注意が必要です。

個人経営の商店やクリニックなどでは、キャッシュレス決済自体が普及していないので、まだまだ現金の出番はなくなりません。
しかし、本格的なキャッシュレスの時代が来る前に生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょう。
スマホ決済の利用方法には、自分のスマホ画面に表示させたQRコードやバーコードをお店に読み取ってもらう方法と、お店が表示するQRコードやバーコードを自分のスマホで読み取って金額を入力する方法があります。
どちらの方法で行うにしても、使用してみるとそのスピーディーさに効率の良さを感じられるかもしれません。

チャージ・入金・支払方法はさまざま!

スマホ決済はすべてをアプリの中で完結できるので、ユーザーは事前にアプリ内にクレジットカードや銀行口座を登録しておくか、チャージや入金をしておく必要があります。
チャージや入金は、クレジットカードからの引き落としで行う人が多いでしょう。
しかし、入出金が直接目に見えるほうが安心な人には、コンビニのATMから現金を入金する方法もおすすめです。
チャージ・入金方法はもちろん、店舗によっては支払い方法も異なるので、それぞれの違いを見てみましょう。

PayPayは、ソフトバンクとYahoo! JAPANが提供するサービスなのでYahoo! JAPANカードやソフトバンクの利用者にはお得です。
チャージ方法も、Yahoo! JAPANカード、銀行口座、セブン銀行ATMからの現金入金、Yahoo!マネー、ヤフオクの売上金などさまざまな方法で入金できます。
さらにキャンペーンなどで送られてきたギフトカード、ソフトバンク・Y! mobileまとめて支払いを利用することも可能です。
支払方法は、店舗にあるQRコードをユーザーが読み取って金額を入力する方法と、ユーザーが表示したQRコードを店舗側に読み取ってもらう方法があります。

店舗が前者を採用していた場合は、レジ前での金額入力操作や店舗スタッフに入力した画面を見せるといったやり取りが必要です。
LINE Payは、LINEのアプリをダウンロードしていれば、そこに登録されている情報と紐づけして利用することができるので新たなアプリは必要ありません。
LINE Payが採用しているのは交通系電子マネーのようなプリペイド方式なので、銀行口座やコンビニの端末、LINE Payカードなどでのチャージ方法があります。
クレジットカードはLINE関連でのサービスでは使用できますが、チャージには使えないので注意してください。

LINE Payでは、QRコード決済を利用した際にポイント還元されるシステムがあります。
使用金額によってランク分けされ還元されるポイントも異なるので、LINE Payの加盟店を積極的に利用しましょう。
支払い方法は店舗にもよりますが、ユーザー読み取り型や店舗読み取り型、すでに店舗で掲げられているQRコードの読み取りなどがあります。
楽天ペイは、人気のショッピングサイトを運営している楽天株式会社が提供するサービスで、楽天カードユーザーには嬉しいポイント二重取りが可能です。

楽天サイトで使用している情報を紐づけできるのでポイント還元が受けられ、楽天スーパーポイントも貯まります。
貯まったポイントを支払い時に使用することもできますよ。
楽天ペイは基本的にチャージが必要なく、登録しているクレジットカードを使用するので、支払いは各クレジットカード会社で決められた日付に引き落とされるということになります。
どうしてもチャージが必要であれば、楽天キャッシュという電子マネーに楽天クレジットカードから入金しましょう。
決済方法は、ユーザー読み取り型かすでに店舗で掲げられているQRコードの読み取りですが店舗により異なります。

Origami Payは株式会社Origamiのサービスで、ポイント還元はありません。
しかし、クーポンが発行されたり対象店舗での利用で2%オフになったりと、店舗独自の割引を実施しているというメリットがあります。
チャージの必要はなく、銀行口座かクレジットカードを登録します。
支払い方法は店舗によりますが、店舗読み取り型かすでに店舗で掲げられているQRコードの読み取りのどちらかです。

実際に使用してみたメリット

では、実際に使用してみると、どのようなメリットが得られるでしょうか。
PayPayを例に解説していきます。
上記でも紹介したように、PayPayはチャージ方法がたくさんあります。
Yahoo! JAPANのクレジットカードはポイント還元率が高くなるので、PayPay利用者は持っておいた方がよいでしょう。
アプリを経由してヤフーカードを利用することもできますし、PayPay残高にチャージすることもできます。
2019年8月現在はヤフーカードの利用で1%、PayPayの利用で3%の計4%が還元されるので大変お得です。
さらに還元率が上がるキャンペーンが始まることもあるので、チェックしておきましょう。

即日決済希望ならヤフーカードからPayPay残高にチャージしておくのがおすすめです。
PayPay残高が不足していてもヤフーカードが登録されていれば、そちらからの引き落としも可能になるので安心して使うことができます。
PayPay以外のアプリも各社でポイント還元やクーポンの配布など、それぞれの特色を活かしたサービスを展開中です。
スマホ決済は、お店だけではなくタクシーなどでも利用できるようになっているので、今後もたくさんの業界で普及する可能性があります。
いろいろなサービスをお得に使って、便利でスマートな生活を手に入れましょう。

まとめ

現金はいくら使ったのかが目に見えてわかりやすいものの、キャッシュレス決済ならではの手軽さや支払いの素早さには欠けてしまいます。
モノが溢れる現代で、財布や現金の役割を担ってくれるスマホは、もうただの連絡手段ではありません。
スマホ決済を利用することで、身も心も軽やかなキャッシュレス生活を送ってみませんか。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。