話題すぎるスマホ決済とは?今さら聞けない基礎知識をわかりやすく解説!

2019年8月28日

キャッシュレス決済イメージ

テレビでも盛んにCMが流され、対応可能な店舗も増えつつある「スマホ決済」。
わざわざサイフを出す必要もなく、スマホひとつで支払いが済ませられるのは非常に便利ですよね。
ただ、スマホ決済の概要は知っていても、どんな仕組みでどんな特徴があるのか、詳しく知らない人も多いでしょう。
今回は、スマホ決済の種類や支払い方法をはじめ、メリット・デメリットなど基本的な情報について紹介していきます。

話題のスマホ決済とはどんなサービス?

一般的に、買い物をするときは現金を支払います。
現金が少ない場合や還元ポイントを貯めたい場合などは、代わりにクレジットカードで支払うこともあるでしょう。
しかし、IT技術が発達した現代では、これら以外に「スマホ」を使って決済することも可能になりました。
スマホといえば、電話はもちろん情報収集やショッピング、カメラやスケジュール管理などありとあらゆる用途に利用できる媒体です。
これが、何とサイフ代わりにもなるというのですから驚きですよね。

スマホ決済とは、わかりやすく言うとサイフの代わりにスマホを使って支払いを済ませることです。
現金やクレジットカードではなく、スマホに表示されるQRコードなどを用いて支払いを行います。
支払い方法などに応じていくつかの種類に分かれていますが、いずれもスマホひとつあれば支払いができる点は同じです。
ただし、消費者が希望すれば必ずスマホ決済が利用できるとは限りません。
商品やサービスを提供している店舗側がスマホ決済に対応している必要があるので、消費者は支払う前に自分のスマホ決済に対応可能な店舗かどうかを確認することが大切です。

スマホ決済は、現金やクレジットカードを持ち歩かなくても支払いができる非常に利便性の高いサービスです。
両替の必要もないため、海外から来た観光客も手軽にショッピングを楽しむことができます。
インバウンドが増えるであろう2020年の東京オリンピックに向けて政府もキャッシュレス化を推進しており、将来的にスマホ決済を利用できる企業や店舗も増えていくでしょう。

スマホ決済の種類はさまざま!特徴や支払い方法の違いを知ろう

ひと口にスマホ決済と言ってもすべて同じ種類ではなく、主に「キャリア決済」「非接触IC決済」「QRコード決済」の3つに分かれています。
利用する店舗などによりどの種類が必要か異なるので、それぞれの特徴を知っておきましょう。
1つ目のキャリア決済は、ショッピングサイトなどで買い物をしたとき、契約している携帯電話会社のIDやパスワードなどを入力して利用するものです。
代金は携帯電話料金との合算で請求されるため、クレジットカードを持っていない人や、クレジットカード情報をインターネット上に登録するのが嫌な人でも安心して利用できます。
便利かつ気軽に利用できる一方、つい使いすぎてしまうことも多いので注意が必要です。

2つ目の非接触IC決済は、SuicaやWAON、Google Payやおサイフケータイなどのように、あらかじめ電子マネーやクレジットカード情報を登録したスマホを専用端末にかざして決済するものです。
キャリア決済を利用できないことが多い格安スマホでも利用でき、端末にかざすだけで支払いが済むので利便性に優れています。
3つ目のQRコード決済とは、スマホに表示したQRコードを店舗側に読み取ってもらう、または店舗が提示するQRコードを消費者がスマホで読み取って支払いを行うというものです。
スマホのOSに関係なく、PayPay(ペイペイ)やLINEpayのように特定のアプリをダウンロードすれば利用できます。

ただし、非接触IC決済とQRコード決済は導入している企業や店舗でしか利用できないので注意しましょう。

スマホ決済のメリット・デメリット

スマホ決済のメリットはいくつもありますが、まず挙げられるのが「サイフ代わりになる」という点でしょう。
スマホ決済は、スマホさえあれば支払いが完了するので、わざわざサイフを持ち歩く必要がありません。
荷物が軽くなるだけでなく、わざわざ代金分の紙幣や硬貨を取り出さなくてもよいのでスムーズに支払いを終えることもできます。
時間と手間を省けるので、急いで買い物を済ませたいときなどは重宝するでしょう。

また、「買い物の履歴を確認できる」という点も魅力です。
スマホ決済では、基本的にアプリやサイトなどで決済履歴を確認できるため、わざわざ家計簿をつけなくても支出をある程度把握できます。
何にいくら使っていたのか、こまめに確認することで節約にもつながるでしょう。
さらに、決済サービスによっては割引やキャッシュバックなどのキャンペーンを行うこともあり、よりお得に買い物ができる場合もあります。

ただし、メリットの一方でデメリットもあるので注意が必要です。
たとえば、支払いにはスマホが必要不可欠となるため、もし充電切れになったり紛失したりすると使えなくなってしまいます。
また、店舗によってはスマホ決済に対応していないこともあり、事前にどの決済サービスを使えるか確認が必要です。
ほかにも、決済サービスごとにダウンロードや初期設定が必要であり、手間がかかってしまうという難点もあります。
スマホ決済にはこのようなメリット・デメリットがあるので、よく検討してから利用することが大切です。

お得に使いこなそう!スマホ決済のおすすめの使い方

スマホ決済をより便利かつお得に使うには、普段よく利用する店舗で使える決済サービスを選ぶことがポイントです。
スマホ決済サービスにはいくつも種類があり、サービスを提供する事業者もさまざまです。
店舗への導入方法や手数料なども異なるため、店舗はそれぞれ都合のよいサービスを導入しています。
よく行く店舗でどのサービスが利用できるのかを確認し、それを利用したほうが便利に決済できる機会が増えるでしょう。

また、スマホ決済サービスによっては利用額に応じてポイントが貯まったり、店舗と提携して割引キャンペーンやキャッシュバックなどを行ったりしていることもあります。
どんな特典があるかチェックし、買い物をする店舗を選べばよりお得に利用できるでしょう。
さらに、クレジットカードでチャージしたり、支払い用に登録したりすれば、クレジットカードの還元ポイントも得ることができるのでお得です。

まとめ

現代人にとって、もはやスマホは日常生活に欠かせないものになっています。
外出時にも肌身離さず持ち歩く人も多いので、スマホがサイフの役目も果たしてくれると非常に便利ですよね。
現金のやりとりをしなくてよいので支払いの手間がかからず、お得な特典を受けられることもある魅力的なスマホ決済。
メリット・デメリットを理解したうえで、ぜひ試してみてはどうでしょうか。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。