中華圏のお客様を逃したくない!海外対応できる決済端末徹底比較!

キャッシュレス決済イメージ

そろそろキャッシュレス決済を導入したいと考えてはいるけれど、どの決済端末を購入すれば良いかよく分からないという人もいるでしょう。
決済端末には、さまざまな種類がありますが、ここでは、海外からのお客様にも対応できるものを紹介していきます。
中国人観光客も増えてきているので、このような海外対応できる端末が重宝されるでしょう。

海外対応マルチ決済端末について知ろう

日本では、消費者の支払い方法のニーズの変化に伴って、クレジットカード決済サービスや電子決済サービス、QRコード決済サービスなど、あらゆる決済サービスが存在しています。
このように、さまざまな決済サービスがあると、本来であれば、店舗はそれぞれの決済サービスに対応できる専用端末を用意しなくてはいけません。
しかし、種類が増えれば増えるほど、数多くの端末をお店に置くというのは現実的ではありません。
それぞれで異なる操作を覚えることや、端末導入に伴う費用も安くはないのです。

そこで、そのような悩みを解決するために登場したのが、マルチ決済端末になります。
マルチ決済端末では、1つのアプリと端末だけ用意すれば、複数のQRコード決済やクレジットカード、電子マネーなど、あらゆる決済方法に対応することが可能です。
マルチ決済端末にも、いくつかの種類がありますが、ラインペイや楽天ペイなど、日本国内で多く使われているQRコード決済サービスに対応しているだけでなく、中国における2大QRコード決済サービスともいわれるAlipay(アリペイ)やWeChat Pay(微信支付)などに対応しているものも販売されています。

中国人観光客をはじめ、海外からの観光客も増加しているという背景を踏まえ、これから決済サービスに対応する端末を導入するという店舗は、海外対応のマルチ決済端末の購入を検討すると良いでしょう。
海外対応のマルチ決済端末を導入することで、海外からのお客様の支払いニーズに対応できるだけでなく、マルチ決済端末の特徴を生かし、複数の決済システムに対応できるので、より多くのお客様に店舗に来てもらえる可能性があります。
また、そのような決済端末を利用することで会計作業もスムーズにできるので、業務を効率化することにもつながると考えられます。

ちなみに、決済端末を購入しなくても、スマートフォンやタブレット端末に専用のアプリをインストールすることで、その機器を使って決済作業ができるサービスも普及され始めています。
専用端末を購入するよりも費用が安いので、そのようなサービスを利用するのも良いかもしれません。
海外対応のマルチ決済端末には、「StarPay(スターペイ)」や「PAYGATE Station(ペイゲートステーション)」、「CAFIS(キャフィス)」のほかにも、「ST&R(エスティー&アール)」や「NIPPON Tablet(ニッポンタブレット)」などがあります。

スターペイは、株式会社ネットスターズが提供している決済端末で、会計時にお客様が呈示したQRコードを読み取って決済をおこなうストアスキャン方式を採用しています。
そのため、お店側がどの決済サービスなのかを入力する必要がないので、支払いにかかる時間の短縮ができるでしょう。
また、ペイゲートステーションは、Android搭載・LTE対応のマルチ決済端末で、端末自体が軽いため、お客様のテーブルで決済をすることも可能です。
キャフィスは株式会社NTTデータから提供されているマルチ決済端末で、ストアスキャン方式に加えて、店舗側が提示したQRコードをお客様のスマートフォンで読み取るユーザースキャン方式に対応しています。

エスティー&アールは、iPhoneやiPadにST&Rアプリをインストールすることで、それが端末になるので、専用端末を購入しなくても良いところが特徴です。
最後に紹介するニッポンタブレットは、NIPPON Tablet株式会社によって提供されているマルチ決済端末で、ストアスキャン方式が採用されています。
また、スタンプカードの発行や店舗カメラサービスなど、決済機能以外のサービスも充実しています。
なお、これらのマルチ決済端末では、ニッポンタブレット以外は、Alipay(アリペイ)とWeChat Pay(微信支付)に対応可能です。

ニッポンタブレットでは、Alipay(アリペイ)には対応していませんが、WeChat Pay(微信支付)やシンガポールで普及しているNETSPayをはじめ、アマゾンペイやd払いには対応しています。
ニッポンタブレット以外のマルチ決済端末でも、楽天ペイやオリガミペイをはじめ、さまざまな決済サービスに対応可能です。

店舗導入費用はどのくらいかかるのか

店舗導入費用は、それぞれの決済端末によって異なります。
専用の端末を購入する場合は、数万円ほどの金額になるでしょう。
たとえば、スターペイでは、1台35,000円の端末費用と、通信に必要なBIGLOBEモバイルの初期費用で3,000円がかかります。
なお、エスティー&アールのように、スマートフォンやタブレット端末にアプリをインストールするだけで専用端末と同様の機能を果たすものであれば、導入費用は安く抑えられるでしょう。
また、キャンペーンを実施している期間であれば、条件にクリアした場合のみ、端末代金が無料になるという場合もあるので、導入したい決済端末の公式ホームページを確認してみましょう。

決済定数料はいくらかかるのか

決済手数料に関しても、店舗導入費用と同様にそれぞれの端末によって異なります。
スターペイであれば、対応している決済サービスのブランドごとに決められている基準に沿って、個別に対応しているようです。
ペイゲートステーションでは、業種や売上規模により異なる決済手数料がかかり、ニッポンタブレットでは、2020年末までは、1カ月の決済合計額が10万円まで決済手数料0%ですが、10万円を超えた場合は、決済サービスのブランドによって異なる決済手数料がかかります。

メリット・デメリットを知ろう

マルチ決済端末を導入するメリットとしては、1つの端末だけでクレジットカードやQRコードなど、あらゆる決済種別による支払いに対応できるほか、特にさまざまな種類があるQRコード決済サービスにおいて、複数の決済サービスに対応できるという点が挙げられます。
一方、デメリットとしては、専用端末を購入する必要があり、導入費用がかかってしまうという点や、決済サービスによって決済手数料が異なるという点が挙げられます。

まとめ

マルチ決済端末は、さまざまな決済サービスに対応することができるので、1台導入することで、店舗の作業効率アップや集客効果が期待できるでしょう。
国内の決済サービスだけでなく、海外で主流になっている決済サービスにも対応しているので、今後ますます増加するであろう外国人観光客のニーズにも対応することが可能です。
ぜひ、マルチ決済端末の導入を検討してみてください。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。