中国人観光客向けスマホ決済!店舗にするならどの端末がいいの?徹底解説

キャッシュレス決済イメージ

国内需要だけではなかなかビジネスがうまく回らないと思う経営者も多いのではないでしょうか。
購買意欲が高い外国人観光客を取り込むことができれば、売上増加が見込めるかもしれません。
そこで役立つのが、ストレスなく支払いができるキャッシュレス決済です。
この記事では、特に中国人観光客向けに使えるマルチ決済端末について解説していきます。

中国人観光客がよく利用するスマホ決済の種類

中国人によるインバウンド需要を最大限活かしたいのであれば、中国国内で普及しているタイプの決済方法を導入する必要がありますよね。
中国ではQRコード決済が普及しており、なかでも注目されているのがスマホ決済です。
スマホ決済のなかで中国人に人気なのが「ウィーチャットペイ(WeChatPay)」と「アリペイ」です。
漢字で書くと前者が「微信支付」、後者が「支付宝」であり、すでにほかの店舗で導入されているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。
これらを導入することで中国人観光客にとっては支払いへの抵抗が少なくなり、店舗のビジネスチャンスを広げられるでしょう。

しかし、いくらインバウンド需要が重要とはいえ、すべての支払い方法を導入することは現実的ではありませんよね。
日本人やほかの国からの観光客向けにもキャッシュレス決済を導入したほうがチャンスが広がります。
そこで、たくさんのキャッシュレス決済を1台の端末でこなせる「マルチ決済端末」に注目が集まっています。
マルチ決済端末とは、すでに長い歴史を持つクレジットカードや、銀行口座から直接支払いができるデビットカード、電子マネー、QRコード決済が1台で行えるアイテムです。

さまざまな種類があるものの、典型的なものでは、ICカードリーダー、磁気カードリーダー、QRコードリーダーポート、非接触NFCカードリーダーなどがついています。
また、レシートプリンターなどが備わっているものもあり、1台あるだけで簡易的なレジスターとなります。
アリペイやウィーチャットペイはQRコード決済に属するので、マルチ決済端末を導入する際はQRコード決済ができるものを選びましょう。
さらに、中国からのインバウンドを狙うなら、上記2つの決済方法が可能なものを選択する必要があります。
どのマルチ決済端末でも良いわけではないので、導入する際には以上のことに注意し、適切な端末を選びましょう。

マルチ決済端末の導入方法やコストは?

マルチ決済端末の店舗への導入方法やコストは、それぞれの端末によって異なります。
「SB PaymentService」を例にとると、導入方法はまずウェブか電話で問いあわせをし、ホームページから申し込みを行います。
導入できるかどうかは審査があるので、申し込みをしてもすぐに導入できるわけではありません。
申し込みの際には時間に余裕を持って行うことが大切ですね。
審査に合格した場合、端末費用などを支払います。
SB PaymentServiceの場合は、決済端末料金が5万9800円で、そのほかの初期費用が5000円からです。
また、月額費用が1500円からかかります。

初期費用や月額費用は「5000円」などといい切られていないことからもわかるように、かかるコストは店舗ごとに違いがあるので注意が必要です。
詳しいコストを知りたいのであれば、申し込み前の問いあわせで聞いておくと良いでしょう。
端末をセットアップすれば、すぐにでも利用可能となります。
加えて、Wi-Fiを接続して使用することが多いマルチ決済端末では、通信費も発生するので留意しましょう。
さらに、上記の端末では、トランザクション費用としてクレジットカード決済とQRコード決済で5円、電子マネー決済で0円となっています。
こちらはあくまでマルチ決済端末の一例なので、ほかの端末を提供する会社にも問いあわせをして店舗に最適なものを選ぶことが大切です。

それぞれの端末にも一長一短はある

キャッシュレス決済の端末には、マルチ決済端末以外にも種類があります。
たとえば、クレジットカード専用の端末では、マルチ決済端末に比べて機能が少ないため、端末自体が小さくて軽く、また代金が低いのもメリットです。
しかし、クレジットカードしか対応していないため、カードを持たない訪日外国人のインバウンド需要を満たせないデメリットも発生します。
QRコード決済などの新しい技術にだけ特化したタイプには、スマートフォンやタブレットなど、店舗が持っている端末にアプリケーションをダウンロードするものもあります。
この場合、すでに端末があれば端末代を抑えられる可能性があり、月額費用もマルチ決済端末と比較して安いです。

同様に、モバイル型のQRコード決済端末では、端末は購入するものの端末代金がマルチ決済端末より安く、月額費用も抑えられるのが一般的です。
ただし、これらはQRコード決済にしか対応しておらず、電子マネー決済やクレジットカード決済などができないデメリットがあります。
一方、マルチ決済端末のメリットとして挙げられるのは、1台に数種類の決済方法が実装されている点です。
それぞれの決済方法の端末などを購入しなくて済むため、複数の導入を考えているなら、マルチ決済端末のほうが結果的にコストを抑えられます。
管理が一元化できるので、煩わしくない点もメリットといえます。

逆に、デメリットとしては、イニシャルコストが大きくなる可能性があることでしょう。
結果的に費用対効果が高くなるといっても、店舗の状況によっては数万円をすぐに出せないかもしれません。
また、端末自体に不具合が出ると、複数の決済方法のすべてが使用できなくなる事態も考えられます。
定期的なメンテナンスなどをしっかり行い、トラブルを避けるよう努力する必要があります。
このように、どの端末にもメリット・デメリットが存在しますが、共通していえることは、店舗にとっても顧客にとっても、キャッシュレス決済は利便性が高いということです。
店舗側は現金の管理をする必要がなくなりますし、顧客は支払いのたびにポイントを貯められる可能性があります。
QRコード決済では特に支払いがスピーディーなので、忙しい時間帯でもレジに列ができるリスクを避けられるでしょう。

まとめ

マルチ決済端末は、キャッシュレス決済の導入を考えている店舗にとっては特に便利な存在です。
1台で複数の役割をこなすので、費用対効果が高いアイテムといえるでしょう。
購買意欲が高い中国からの観光客のなかには、QRコード決済で支払いたい人もいます。
需要を満たし店舗の利益につなげるためにも、マルチ決済端末の導入を考えてみてはいかがでしょうか。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。