増税・オリンピック前に導入!主要キャッシュレス決済端末比較!

キャッシュレス決済イメージ

電子マネーやオンライン決済、スマホ決済など、現金を使わずに支払いが完了するキャッシュレスサービスが多様化しています。
決済の時間が劇的に短縮できる消費者メリットや導入する店舗にもメリットがあるため、今後も普及していくことは間違いないでしょう。
導入の時期は消費税率引き上げや東京オリンピックまでに着手することが得策です。
ここでは、キャッシュレス化に伴うメリットや導入したい端末選びについて解説します。

キャッシュレス決済を導入するなら今がチャンス!その理由は?

2019年10月1日から2020年6月30日まで実施される「キャッシュレス・消費者還元事業」をご存知でしょうか。
キャッシュレス決済を利用した消費者へのポイント還元や、事業加盟店への決済手数料の補助などでキャッシュレス化に弾みをつけようとする経済産業省による取り組みです。

実施背景には、同時期におこなわれる消費税率の引き上げや、世界から注目される東京オリンピックの開催などがあります。
世界的に見て日本のキャッシュレス比率はまだ低く、「2025年までにキャッシュレス比率40%」という目標を掲げる政府は、この事業に潤沢な予算を投入しています。

その予算を使って消費者に還元する5%分が負担されるほか、決済端末の導入においても実質負担ゼロ円の優遇措置が受けられるのです。
キャッシュレス決済の導入を考えている店舗にとってはまたとないチャンスといえるでしょう。
事業加盟店への登録手続きの受付はすでに始まっており、キャッシュレス推進協議会では可能な限り早めの申し込みを推奨しています。

既にキャッシュレス決済を導入している店舗も、改めてクレジットカード会社などの決済事業者を通じて加盟店登録をしなければ、ポイント還元の対象店舗とはならないので注意が必要です。
消費者だけでなく店舗側にもなにかとメリットの多いこの制度、期間限定だからこそぜひ利用しておきたいものですよね。

どんな種類があるの?キャッシュレス決済端末と導入したいサービスの比較

キャッシュレス決済を導入するうえで必要になるのが、情報を読み取る決済端末です。
クレジットカードやQR・バーコード、電子マネー、スマホなど、対応する機能はさまざまですが、大別すると「据置型」と「モバイル型」に分かれます。

据置型は、スーパーやコンビニで導入事例が多く、レジに接続して決済する端末です。
各種のキャッシュレスサービスに対応し、暗証番号入力やレシートのプリントができるタイプもあります。
モバイル型は、無線で情報を送受信するため持ち運びが可能です。
レジ以外の場所で決済できるため、レストランなどの飲食店や広い催し会場での活用が便利でしょう。

また、モバイル型の中にはスマホやタブレットがそのまま決済端末として利用できるタイプもあります。
導入コストもBluetoothで接続するカードリーダーのみなので、キャッシュレスビギナーの店舗にはふさわしいかもしれません。

モバイル決済ができるサービスの中でも代表的なのが、AirPAY(エアペイ)、Coiney(コイニー)、Square(スクエア)、楽天ペイ、TakeMe Pay(テイクミー・ペイ)、PayPay(ペイペイ)の6社です。
各社の特徴は次のようになります。

AirPAYは他のサービスと比べて決済手段が多く、どの銀行でも振込手数料が無料で、サポート体制もしっかり整っています。
Coineyは連携サービスが豊富で、中国のQRコード決済「WeChatPay」など多言語での利用が可能です。
Squareは電子マネー手数料や入金手数料が無料で、スピーディーな入金サイクルが好評です。

楽天ペイはGooglepay、QUICPay、LINEpayなどと連携しており、楽天銀行で登録すると振込手数料が無料になります。
TakeMe PayはQRコードを読み取るだけで多くのモバイル決済が一元管理でき、専用ソフトでECサイトも利用可能です。
PayPayはヤフーを母体とした国内屈指のキャッシュレスサービスで、レジ業務の効率化や斬新なシステムが注目されています。

特にAirPAYとCoineyについては、それぞれAirレジ/スマレジといったPOSシステムと連携しており、極めてローコストで会計や売上分析などの管理ができる点が大きなメリットです。
モバイル決済はスマホやタブレットと連携しやすく初期費用もかからないため、導入のハードルはとても低いといえるでしょう。

キャッシュレスサービスの店舗への導入方法は、消費者が手軽に利用でき、店舗側も活用しやすいモバイル決済に的をしぼることが得策です。

キャッシュレス決済を導入する店舗のメリットとは?

店舗にとって、キャッシュレス決済の導入が集客効果や売上アップにつながることは珍しくありません。
便利でお得なキャッシュレス決済が広がっていくにしたがって、それに対応した店舗が選ばれることは消費者の行動心理から容易に予測できるからです。

新規導入にあたっては、カードリーダーやiPadなどの端末を導入する費用が無料となり、キャッシュレス決済会社に支払う決済手数料も国から3分の1の補助があるためコスト削減になります。

また、業務の効率化という点も大きなメリットです。
釣り銭の用意は不要となり、決済が短縮された時間を他の業務に生かすこともできます。
POSレジと連携したサービスを導入すればオペレーションが簡素化し、人件費の削減に役立つでしょう。

キャッシュレス決済を利用する消費者のメリットとは?

“消費者にとってキャッシュレス決済の魅力は、なんといっても決済がスムーズにできる点です。
財布を持ち歩いたりレジで小銭を出してお釣りを受け取ったりする手間が省け、現金を引き出すためにATMの行列に並ぶ必要もありません。
普段の買い物だけでなく日常生活そのものがぐんと快適になることは間違いないでしょう。
また、最大5%の還元も大きなメリットといえます。
利用するたびにポイントが還元されるという付加価値は、現金払いからキャッシュレス決済に乗り換える強い動機になるはずです。

決済端末でおすすめの機器を教えて!

メーカー別で推奨される端末機器の種類は次のとおりです。
据置型では、OMRON「CATS300」、TEC「CT-5100」、Panasonic「JT-C17」、Panasonic「ZEC-15」、Panasonic「JT-C07」、Panasonic「JT-R700CR-40」。
モバイル型ではingenico「iWL250」、スマホ決済タイプでは、Link Processing「JET-Smart」などがあります。

端末導入にあたっては、自店舗にはどんなキャッシュレス決済がふさわしいかで選択肢が見えてくるはずです。
各社のサービス内容をしっかり比較検討しながら店舗に適した端末を選びましょう。

まとめ

キャッシュレス決済を導入するなら、「キャッシュレス・消費者還元事業」のメリットが享受できる今が好機です。
モバイル決済ならスマホやタブレットがあれば導入も簡単で、消費者も手軽に利用できるため、初めて導入する店舗には適しているといえます。
自店舗に導入したい端末選びは、モバイル決済を軸に検討してみてはいかがでしょうか。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。