キャッシュレス決済AirPAY(エアペイ)の導入方法と決済手数料まとめ

エアペイのロゴ

急速に普及しつつあるキャッシュレスサービスですが、多くの企業からさまざまな特徴を持ったものが提供されており、実際に導入したいと思っていても迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。
今回の記事ではキャッシュレス決済サービスのひとつであるAirPAY(エアペイ)について詳しく解説していきます。
導入を検討している人や興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

AirPAY(エアペイ)ってどんなサービス?

AirPAY(エアペイ)とは、リクルートグループのひとつである株式会社リクルートライフスタイルが提供するモバイル決済サービスのことです。
専用のアプリとカードリーダーを使用して、クレジットカードや電子マネーなどのさまざまなキャッシュレス決済を行うことができます。
大手企業が運営しているとあって知名度も高く、決済手数料が最低水準であることから導入を検討している人も多いのではないでしょうか。

AirPAYはキャッシュレス事業加盟店のため、利用の申し込みをするだけでキャッシュレス消費者還元事業への登録申し込みが自動的に完了します。
キャッシュレス消費者還元事業とは、2019年10月から実施される消費税増税に向けた景気対策の一環で、キャッシュレス決済に応じてポイント還元などを行う支援事業のことです。
これにより店舗側にとっては決済手数料が安くなったり、端末が無料で使えたりするなどのメリットがあります。
消費税増税とともにキャッシュレス化を推進していくための政策でもあり、2020年6月までの期間限定の制度になるため、AirPAYの導入を考えているのであればこの期間に申し込むと良いでしょう。

AirPAYの特徴は?便利な使い方も紹介!

AirPAYは、iPadまたはiPhoneとカードリーダー端末一台ですべての決済が完結します。
そのため決済の方法ごとに端末を変える必要がありません。
店舗への導入方法も簡単で操作しやすく、複数台の申し込みも可能なので他店舗の売上管理もまとめてすることが可能です。
対応している決済手段は豊富で、VISAやMasterCardをはじめとした主要ブランドの6種類や、SuicaやPASMOなどの交通系のICカード、ApplePayやiDなどの電子マネーの他、QRコード決済であるLINEPayやPayPayなどにも対応しています。

AirPAYは、同じくリクルートグループが提供しているアプリである「Airレジ」と連携ができるのも大きな魅力のひとつです。
Airレジとは会計や売上分析ができるもので、使用料や初期費用は一切かかりません。
アプリでまとめて管理ができるので、集計がしやすくとても便利です。
レジ締めや在庫管理なども簡単にできるので、Airレジをすでに利用している人はもちろん、今後AirPAYを導入したいと考えている場合も、Airレジとあわせて検討してみると良いでしょう。

初期費用はかかる?導入までの流れ

AirPAYを利用するには、まずインターネット上で申し込みをしなければなりません。
申し込みに必要な書類を事前に準備しておきましょう。
必要なのは、本人または法人の確認書類、営業許可証や免許証、店舗の確認書類などです。
いずれも業種や店舗形態によって提出するものが異なるため、あらかじめ確認しておくようにしましょう。
申し込みが完了すると次は審査に移ります。
審査は通常3日程度で完了し、結果はメールにて通知されます。
また、管理画面から確認することも可能です。
審査に通過すると、登録した店舗へカードリーダーや操作マニュアル、加盟店ステッカーが配送されます。
端末などの機器が揃ったらiPadまたはiPhoneでAirPAYアプリをダウンロードしましょう。
専用アプリは無料でダウンロードできます。
同梱されているマニュアルに沿って各種設定を行ったら導入作業は完了です。

AirPAYを利用するには、通常であれば初期費用としてカードリーダー端末の代金である1万9800円がかかります。
しかし、キャッシュレス消費者還元事業の申し込み期間中は無料で利用することが可能です。
希望すればiPadの貸与も無料で行ってくれるため、これから導入する人にとっては嬉しいサービスとなっています。

決済手数料はどのくらい?

AirPAYの決済手数料は業界最安水準となっており、店舗側の負担が少ないのも特徴のひとつです。
最も使用頻度が高いクレジットカードの決済手数料は、VISA、MasterCard、AmericanExpressが3.24%、JCB、DinersClub、DISCOVERが3.74%となっています。
その他、PASMOやSuicaなどの交通系ICカードは一律3.24%、ApplePay、iD、QUICPayなどの電子マネーについては3.74%、LINEPayやPayPayなどのQRコード決済については3.24%がかかります。
いずれも通常時の決済手数料ですが、キャッシュレス消費者還元事業の実施期間中には、これらの決済手数料が実質2.16%となるので、店舗にとっても大きなメリットとなるでしょう。

AirPAY導入のメリット・デメリットについて

AirPAY導入のメリットは、なんといっても対応している決済方法が豊富なところです。
さまざまな決済手段に対応しており、集客アップにもつながります。
すべてカードリーダー端末一台で完結するため機器を何台も置く必要がなく、省スペースで済むのも嬉しいポイントです。
また、振込手数料がゆうちょ銀行以外の金融機関であればどこでも無料なので、新規で口座を開設する必要がありません。
決済手数料も業界最安水準となっており、その他月額使用料なども発生しないため、利用中の経済的な負担が競合サービスよりも少ないところも大きなメリットです。
サポート体制も充実しており、ヘルプデスクは9時30分から23時まで年中無休で対応してくれます。
マニュアルも初心者でも簡単に利用できるように作られているため、AirPAYを初めて導入する場合でも安心です。

デメリットとしては、専用アプリがiOSのみの対応となるため、Android端末では使えない点が挙げられます。
ただし、AirPAYではiPadの貸与サービスも行っているので、iPadやiPhoneなどのiOS端末を持っていなくても利用することは可能です。
また、入金のタイミングが月に3回から6回までと決まっており、最短でも3日かかってしまいます。
入金までの日にちが短い方が良い場合には他のサービスを検討した方が良いかもしれません。
さらに、クレジットカード決済では一括払いのみの対応になっています。
分割払いやリボ払い、ボーナス払いには対応していないため注意しましょう。

まとめ

初心者でも簡単に導入ができるAirPAYは、レジ周りの煩わしい作業や他店舗の管理も効率的に行えて便利です。
費用の負担も少なくさまざまな決済手段に対応しているため、店舗利用者の幅も広がります。
今後ますます推進されていくと予想されるキャッシュレス化の波に乗り遅れないよう、お得で使いやすいAirPayの導入をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。