公共料金をキャッシュレス決済で!対応できるキャッシュレス決済はどれ?

2019年8月5日

キャッシュレス決済イメージ

多くの買い物では現金を使わずに購入できるキャッシュレス決済が普及している中、「公共料金はキャッシュレスで支払えるのか」と疑問に感じた人はいませんか。その答えは、キャッシュレスで公共料金を支払うのは可能です。しかし、条件も複雑ですべての人が利用できるとは言い切れません。そのため、この記事では公共料金をキャッシュレス決済でお得に支払う方法を中心に紹介していきます。

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済とは、現金を使わずに買い物などの支払いを行うことです。
ただし、公共料金の支払い方法をキャッシュレス決済にしたい人は、まずキャッシュレス決済の知識を身に付ける必要があります。
というのも、一口にキャッシュレス決済といっても支払い方法は3種類もあるだけでなく、新しく導入されている決済方法なども加わっているため少し複雑です。
そのため、キャッシュレス決済で支払いを行うのであれば、種類や仕組みを学んでおくことをおすすめします。

まず、キャッシュレス決済には、Suicaやnanacoなど交通機関やコンビニでチャージして使うプリペイド、デビットカードなどを使うリアルタイムペイ、クレジットカードなどを使うポストペイの3種類があります。
加えて、QRコードやバーコードを利用したスマホで読み取って行うスマホ決済では、会社の種類によって支払い方法が違うことが特徴です。
それぞれの利用するサービスによって特徴が大きく変わってくるので、違いを理解していきましょう。

キャッシュレス決済の1つ目は、プリペイド式の電子マネーです。
電子マネーは、コンビニや専用機械を使って現金をプリペイドカードにチャージして使います。
チャージした金額内であれば、専用の機械にかざすだけで決済することが可能です。
とくに、電車や駅前のコンビニなど短い時間で現金の手間を省きたいときに役立つのが電子マネーの特徴でしょう。
2つ目は、デビットカードなどカードと銀行口座を紐づけて使うものです。
クレジットカードも銀行口座と紐づけますが、デビットカードは支払いを終えた時点で銀行口座から引き落とされる仕組みなので、銀行にお金が入っていないと使うことはできません。

3つ目は、ポストペイのクレジットカードです。
ポストペイは後払いという意味で、クレジットカードで決済した商品の精算を数週間から数カ月後に行います。
クレジットカードには、数多くの種類が存在し利用するカードの種類によってポイントや割引などの特典を受けることが可能です。
しかし、クレジットカードはデビットカードとは異なり、残高の有無に関係なく決済させることができるため、使いすぎに注意しなければなりません。
このように、キャッシュレス決済の支払い方法は、利用するカードやスマホによって異なるだけでなく、すべての決済方法が公共料金に対応しているわけではないため、決済方法の仕組みや特徴をしっかりと理解しておくことが大切です。

キャッシュレス決済のメリットとデメリット

電子マネー、デビットカード、クレジットカードを使う上でのメリットとデメリットを確認して失敗しない方法を事前に理解していきましょう。
まず、電子マネーのメリットは、ワンタッチで支払いを済ませられることです。
例えば、通勤で時間に追われているときに券売機が混んでいれば時間もかかり、乗りたい電車を逃す可能性が生まれます。
しかし、電子マネーにチャージ金額が残っていれば券売機に行く必要がなくなり、券売機に並ぶ必要がなくなるのです。
つまり、電子マネーを使えば時間短縮や利便性アップに期待できるでしょう。
一方、電子マネーのデメリットは、チャージを活用する点です。
電子マネーは、専用のカードにチャージをしなければ使うこともできません。
さらに、チャージをした現金は、カードから引き出すことができなくなるため、現金の入れすぎには注意が必要です。

次に、デビットカードのメリットは、現金を引き出す手間を避けられる点です。
通常、現金を引き出す際はATMや銀行を利用することが多いのですが、デビットカードには銀行口座が紐づいているため、購入すれば自動で銀行から支払いを勝手に行ってくれます。
現金を引き出せないときでも、デビットカードなら利用することが可能です。
また、銀行内の金額や設定した引き出し可能金額しか使うことができないため、お金の使いすぎも未然に防げるのも強みだといえます。
一方、デビットカードのデメリットは、使える店舗が圧倒的に少ない点です。
どんなに便利なカードでも使えなければ意味がありません。
そのため、使いたいカードが地域に多く対応しているかを事前に把握しておく必要があるでしょう。

続いてクレジットカードのメリットは、後払いという点です。
あと数日待てばまとまったお金が入るけれど、今、購入した方がお得というケースに便利なカードがクレジットカード。
クレジットカードは、銀行口座の残高がない場合でも商品を購入できる魅力が最大の強みです。
支払いは、後日行うためキャンペーンや期間限定などを逃しにくくなります。
また、クレジットカードには、種類に応じてポイントがつくこともあるので、利用するだけで現金よりもお得になるケースも。

一方、クレジットカードのデメリットは、審査に通過しないと利用できない点です。
クレジットカードを利用するためには、審査が必要で誰でも利用できるわけではありません。
また、お金がなくても買い物ができると不用な物まで買ってしまい、精算できない状態に陥る危険性もあります。
そのため、クレジットカードは大変便利なのですが、大変リスクの高いカードであることも理解しておかなければなりません。

最後に、QRコードやバーコード決済は種類によって前払い、即時払い、後払いの3タイプにわかれています。
つまり、スマホ決済を利用する場合、3タイプの支払い方法を頭に入れておく必要があるということです。
公共料金を支払えるキャッシュレス決済ツールは、各都道府県や自治体によっても異なるため、最低限3タイプのメリットとデメリットは覚えておきましょう。

公共料金の支払いで使える電子マネー

公共料金をコンビニで支払う場合、セブンイレブンならばnanacoの電子マネーを使って支払うことができます。
口座振替では、銀行とつながるため電子マネーの出番はありませんが、コンビニの支払い用紙を使って公共料金を払っている人には便利です。
ただし、セブンイレブンが対応している電子マネーはnanacoに限るため、Suicaなど別の電子マネーで公共料金を支払うことはできません。
また、公共料金を支払った際にnanacoポイントがたまることはないため、電子マネー単体で公共料金を支払うメリットはあまりないといえます。
さらに、一部の公共料金は現金のみとされていることもあるため、詳しくは店舗スタッフや地方自治体に連絡してください。

セブンイレブン以外では、ミニストップで電子マネー支払いが可能です。
ミニストップでは、イオングループと提携しているため、電子マネーWAONで公共料金を支払うことができます。
しかし、WAONもnanacoと一緒で公共料金を支払ってもポイントは付かないため、大きなメリットはありません。
そのため、公共料金をコンビニで支払う場合は、電子マネーとクレジットカードの併用がおすすめです。

公共料金の支払いで使えるクレジットカード

クレジットカードで公共料金を支払うためには、引き落とし先をクレジットカードにする必要があります。
もし、クレジットカード払いができた場合、ポイントがもらえたり特典をもらったりすることも可能です。
しかし、地域の会社によっては、公共料金の支払いがクレジットカードに対応していないケースも少なくありません。
さらに、コンビニでは公共料金の支払いをクレジットカードで行うことができないことがほとんど。
そこで、コンビニで公共料金をクレジットカードで支払う方法が電子マネーとの併用です。

実際は、クレジットカードで電子マネーにチャージし、電子マネーで公共料金を支払うため厳密にいえばクレジットカードで支払っているわけではありません。
しかし、クレジットカードと電子マネーを2つ使うことで公共料金の支払いでもポイントを受け取ることができるようになります。
例えば、セブンイレブンで公共料金を支払用紙で払う場合、クレジットカードからnanacoに必要金額をチャージする際にnanacoにチャージ時のポイントが入ります。
同時にクレジットカードでチャージした金額分のポイントをクレジットカードで受け取ることも可能。
つまり、電子マネーとクレジットカードの2枚を使えば公共料金であってもポイントの2重取りができるようになるということです。

しかし、クレジットカードによってポイント数や特典も異なるため、すべてのカードに使えるわけではありません。
そのため、あくまでも公共料金をお得に支払う方法として理解しておくと良いでしょう。
また、コンビニ支払いで電子マネーとクレジットカード併用方法が可能な店舗は、セブンイレブンとミニストップしか確認できていません。
地域によって対象の店舗がないと上記の方法は使えないため注意が必要です。
もし、セブンイレブンとミニストップが地域にない場合は、ファミリーマートがないかをチェックしてみてください。

ファミリーマートでは、ファミマTカードのみ支払用紙で公共料金を支払うことができます。
一般的にコンビニでは、店舗側にメリットがないためクレジットカードのコンビニ支払いを認めていない店舗が多い傾向にあります。
しかし、ファミマTカードはクレジットカードでありながら、唯一コンビニで公共料金を支払うことができるのです。
すべての公共料金に対応しているわけではありませんが、クレジットカードでコンビニ支払いをしたい人にはおすすめでしょう。
ただし、支払期限が過ぎている場合はファミマTカードでの支払いはできないので、事前に理解しておいてください。

公共料金の支払いで使えるスマホ決済アプリ

スマホ決済アプリで公共料金を支払うことで、コンビニまで行く手間を省くことができます。
そのため、公共料金の支払いを口座振替しない人におすすめです。
2019年7月時点で公共料金に対応しているスマホ決済アプリはLINE PayとPayBの2種類。
まず、LINE Payでは、請求書支払い画面からコンビニ支払用紙のバーコードを読み取ることで決済させることができます。
LINE Payで支払いが可能な会社は、東京電力や九州電力、熊本市上下水道局など数十社が公式サイトに掲載されているので、詳しく知りたい人は公式サイトをご覧ください。
LINE Payを利用すれば、決済内容もLINEウォレットに残るため、支払用紙を失くしても支払った証明の際に役立つでしょう。

次に、PayBもLINE Payと同じように、バーコードを読み込んで暗証番号を入力すれば公共料金でも決済ができます。
PayBで利用できる会社は関西電力や九州電力などの電気料金や東京ガスや広島ガスも利用可能です。
その他、PayBに対応している企業は多数あるので、自分の使用している電気、ガス、携帯電話の会社に該当していれば利用するのをおすすめします。
ただし、LINE PayやPayBなどのスマホ決済アプリでは、公共料金を支払ってもポイントが付くなどの特典はありません。
また、提携していない企業の公共料金を支払うことができないため、必要に応じで複数のスマホ決済アプリをインストールしなくてはならない可能性も出てきます。

確かに、コンビニへ行かず自宅で簡単に公共料金が支払えるのはスマホ決済アプリの嬉しいメリットではありますが、それ以上のメリットがないことはデメリットともいえるでしょう。
そのため、公共料金を口座振替で支払っていない人でコンビニまで行きたくない人におすすめです。

その他の公共料金の支払いが可能な方法

インターネット上でクレジットカードを登録して公共料金を支払う方法として、Yahoo!公金支払とちょコム送金があります。
いずれも、インターネット上で公共料金の請求金額や決済を行うことができるため、コンビニまで支払いに行く手間を省くことが可能です。
メリットとしてはスマホ決済アプリと同じですが、決済金額を把握できるようになるのはYahoo!公金支払とちょコム送金の強みだといえます。
しかし、他の支払い方法に比べてYahoo!公金支払とちょコム送金では、支払いに手数料が発生するのでお得感を得るのは難しい方法です。
もし、お得感以上に利便性が魅力と感じる人は使ってみても良いかもしれません。

まとめ

公共料金の支払いでクレジットカードを利用すると、ポイントや割引などの特典が得られるのでお得です。
しかし、中にはコンビニ支払用紙から公共料金を支払う人も少なくありません。
コンビニ支払いでおすすめの方法は、セブンイレブンだとnanacoとクレカ、ミニストップだとWAONとクレカでポイントの2重取りです。
ただし、対応している会社やカードでないと利用できないので、しっかりと確認してから支払い方法を決めましょう。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。