Visa LINE Payカード(ビザラインペイカード)って?2019年8月から予約開始!

2019年8月5日

LINEPay(ラインペイ)のロゴ

スマートフォンを利用した便利なスマホ決済サービスはいろいろありますが、その一つが、LINEが手がけているLINE Payです。LINE Payで注目したいのは、2019年8月にVisa LINE Payカードというクレジットカードの予約が開始されることです。この記事では、Visa LINE Payカードの特徴やメリット・デメリット、どんな人におすすめかについて詳しく解説します。

そもそもLINE Pay(ラインペイ)とは?

Visa LINE Payカードを理解するには、LINE Payのスマホ決済システムについて知っている必要があります。
LINE Payとは、LINEが手がけるスマートフォンを使った決済サービスのことです。
スマート決済サービスにはさまざまなものがありますが、LINE PayはLINEのアプリを使うのが特徴です。

LINE Payを使うには、まずスマートフォンにLINEアプリをダウンロードします。
すでにLINEアプリを利用しているならダウンロードの必要はなく、そのままそれを使えます。
LINEアプリにログインしたら、右下にある「その他」へ進み「LINE Pay」を選びましょう。
ここから電話番号を入力して新規登録をすれば、LINE Payを使えるようになります。

店舗での支払いなどでLINE Pay決済を使いたいときは、まずLINE Payにチャージしておかなければなりません。
チャージする方法は、LINE Payカード・銀行口座・コンビニ・QRコードまたはバーコードチャージ・オートチャージなどさまざまです。
チャージした金額分を、商品の購入やサービスの利用代金などに充てることができます。
店舗では、LINEアプリを開いてQRコードまたはバーコードを表示させるだけと、支払いはとても簡単です。

LINE PayはJCB加盟店ならどこでも利用でき、使うたびにLINEポイントが貯まります。
LINE Payを使っている人同士なら送金が簡単にできるので、友達と割り勘をするときなどにも便利です。
LINE Payのメニューの中に「割り勘」という項目があり、人数に合わせて自動的に計算してくれます。
小銭を正確に数えて渡すといった面倒なお金のやり取りをする必要がないので、人数の多い歓送迎会や飲み会などのときにとても役立ちます。

Visa LINE Pay(ビザラインペイカード)カードの基本情報

“Visa LINE Payカードの年会費は、初年度が無料です。
2年目以降も、年に1回ショッピングでのクレジットカードの利用があれば無料となるため、実質無料で持てるクレジットカードといえます。
年間を通して1度もショッピングでの利用がない場合は、年会費が1250円(税抜)かかります。

国際ブランドは、カードの名称からわかる通り「Visa」です。
Master CardやJCB、AMEXなどを選ぶことはできません。
ただ、Visaの加盟店は全世界で約5400万店舗もあるため、使える場所が少なくて困るということはないでしょう。
Visa LINE Payカードを持っていれば、Visaの加盟店ならどこででも使うことができます。
クレジットカードの売上高の世界シェアではVisaがトップとなっており、世界で最も多く使われている安心の国際ブランドです。

おしゃれな人は、カードのデザインがどんなものかが気になるかもしれません。
Visa LINE Payカードは、2020年に開催される東京オリンピック競技大会を記念して、日の丸をイメージした真っ赤な券面のスペシャルバージョンが枚数限定で発行される予定です。
これは、Visaが東京オリンピックの決済テクノロジーのスポンサーであるためです。
通常版のデザインは2019年7月の時点でまだ公表されていませんが、LINEのコーポレートカラーであるグリーンをベースとしたデザインになるのではないかと考えられています。

Visa LINE Payカードの大きな特徴といえるのが、ポイント還元率が高いことです。
初年度はポイント還元率が3%で、利用した金額に応じてLINEポイントが貯まります。
LINEポイントといっても、LINEのサービスでしか使えないわけではありません。
もちろん、LINEモバイルやLINE STORE、LINE MUSICなどに使うことができますが、そのほかにも交換先は豊富です。
たとえば、Amazonギフト券やnanacoポイント、Pontaポイントなどに交換することができます。
JALマイルやスターバックスのドリンクチケットへの交換も可能で、コンビニエンスストアやドーナツショップなどで特定の商品と引き換えることもできます。

交換レートは、LINEモバイルやLINE STOREなどLINEのサービスへのチャージに使う場合は1ポイント1円のレートで、1ポイントから交換可能です。
LINE以外のサービスのポイントに交換したりチャージしたりする場合は、交換レートがやや悪くなります。
とはいえ、それでもAmazonギフト券ではLINEポイント550ポイントでAmazonギフト券500円分への交換と、交換レートは90%以上です。
nanacoポイントやPontaポイントならLINEポイント300ポイントで270円分、JALマイルならLINEポイント300ポイントで100マイル分となります。
さまざまなポイントや商品と交換できるので、Visa LINE Payカードで貯まるLINEポイントは使い勝手の良いポイントといえるでしょう。

どう違うの?LINE Payカード(ラインペイカード)とVisa LINE Payカード(ビザラインペイカード)

“Visa LINE Payカードと間違えやすいのが、同じくLINEから発行されているLINE Payカードです。
LINE Payカードはチャージ式のプリペイドカードであり、Visa LINE Payカードのようにクレジットカードではありません。
LINE Pay のデメリットといえるのが、店舗がLINE PayのQRコード決済に対応していなければ、LINE Payでの支払いができないことでした。
しかし、LINE PayカードにはJCBマークがついているので、LINE Payカードを持っていれば、JCB加盟店ならQRコード決済に対応していなくても利用が可能です。

ただし、このLINE Payカードにも限界がありました。
それは、LINE Payカードはあくまでもプリペイドカードなので、各種公共料金や保険料などの支払いに利用することはできないという点です。
高速道路やガソリンスタンド、ホテルでの支払いにも使えません。
本人認証サービスに対応していないため、本人認証サービスを導入しているネットショッピングでも利用できませんでした。
さらに、LINE Payカードはプリペイド式なので、事前にチャージしていなければそもそも利用できないというデメリットもあります。

Visa LINE Payカードは、こうしたLINE Payカードの弱点を補強するものです。
クレジットカードなので、各種公共料金や保険料の支払いのほか、高速道路やホテルでの支払いにも事前のチャージは不要で利用できます。
もちろん、本人認証サービスが導入されているネットショッピングでも問題なく使えます。

ただし、LINE Payカードは申し込みにあたって審査は不要で年齢制限もありませんが、Visa LINE Payカードはクレジットカードなので審査が必要です。
詳しい申し込み条件は2019年7月時点ではまだ公表されていませんが、一般的なクレジットカードと同じように高校生を除く18歳以上という条件がつくと考えられます。
Visa LINE Payカードは便利な反面、申し込みのハードルはLINE Payカードよりもやや高いといえます。

ポイント還元率が高い!Visa LINE Payカード(ビザラインペイカード)のメリット

“Visa LINE Payカードの最も大きなメリットといえるのは、何と言っても初年度のポイント還元率が高いことです。
初年度のポイント還元率は3%ですが、これほど高還元なクレジットカードはそれほど多くありません。
一般的なクレジットカードの還元率は1%で、高還元といわれているものでも1.5%ほどです。
ポイント還元率が3%ということは、1万円利用すると300円分のポイントが付与されるということです。
30万円利用したとすると、9000円分にもなります。
これを一般的なクレジットカードの還元率と比べてみると、還元率が1%の場合、1万円の利用で付与されるポイントは100円分です。
30万円利用した場合は3000円分となり、3%の還元率の場合とは6000円も差が出ます。
ポイント還元率が少し違うだけで、利用金額が大きい場合はかなりの違いが生じることが理解できるでしょう。

また、 LINE Payにはマイカラーというものがあり、毎月の決済金額によりホワイト、レッド、ブルー、グリーンの4色の中からマイカラーが決定します。
マイカラーにより LINE Payを利用した決済で付与されるポイントの還元率が異なり、ホワイトは0.5%ですが、最も高いグリーンでは2%にもなります。
詳細はまだ公表されていないものの、VISA LINE Payカードのポイント還元率も、LINE Payの決済金額により決まる方針です。

別のメリットは、LINE Payと連携させれば簡単にスマホ決済ができることです。
LINE Payで欠かせない事前のチャージは不要となり、LINE Pay加盟店で面倒な手続きなしでスマートに決済ができます。
LINE Pay加盟店は、コンビニエンスストアや百貨店、ドラッグストア、カフェなど数多くあり、利用できるシーンは多いでしょう。

さらに、Visaのタッチ決済機能が搭載されているのでとても便利です。
Visaのタッチ決済とは、世界の約200の国や地域で導入されている国際標準のセキュリティテクノロジーを活かした決済方法です。
店頭に設置された専用の端末にカードをかざすだけで、スピーディに支払いが完了します。
利用料金が一定の金額以内であれば、支払い時にはサインも暗証番号の入力も必要ありません。
クレジットカードを渡す必要がないのでスキミングの心配もあまりなく、セキュリティ面でも安心です。
Visaのタッチ決済は海外で広く導入されているので、海外旅行や海外出張などのときにも安心して利用できるでしょう。

Visa LINE Payカードを利用すると、支払いのたびにLINEのアカウントから決済の詳細を記載した通知が送られてきます。
利用した加盟店の名称と利用金額、付与される予定のポイントなどが通知されるので、毎回の支払いの詳細をすぐに確認できます。
クレジットカードだとついついお金を使いすぎてしまうという人は多いですが、カードの利用分を通知できちんと確認できることは、使い過ぎの防止にもなるでしょう。

Visa LINE Payカード(ビザラインペイカード)にはデメリットもある

“Visa LINE Payカードのデメリットは、LINE Payと連携させても友だちへの送金はできないことです。
LINE Payは利用者同士の送金がスムーズにできることが大きなメリットで、食事をしたときの割り勘などで日頃から利用している人も多いでしょう。
Visa LINE Payカードにおいては、LINE Payと連携させていてもLINEの友だちへお金を送ることはできないので注意が必要です。
クレジットカードなので、店舗やオンラインショッピングなどでの支払いにしか利用することはできません。

さらに、他ではなかなかない高還元が魅力のカードですが、ポイント還元率が3%なのは初年度だけです。
2年目以降の還元率はまだ公表されていませんが、先ほど述べた通りLINE Payのマイカラーと連動して決定することがわかっています。
LINE Payの決済をあまり使わない人にとっては、ポイント還元率が良いのは初年度だけとなり、それ以降は思ったほどポイントが貯まらないということもあるかもしれません。

別のデメリットは、そもそもスマホを持っていない人は利用できないことです。
Visa LINE PayカードはLINE Payを利用しなくてもLINE Payとの連携が必要になるので、スマホを持っていない人は使うことができないのです。
普段からLINE Payのスマホ決済を利用している人は、Visa LINE Payカードを申し込むとLINE Payをさらに便利に利用できます。
しかし、LINE Payを使わない人やスマホを持っていない人には、Visa LINE Payカードを持ってもあまりメリットがないといえるでしょう。

Visa LINE Payカード(ビザラインペイカード)はこんな人におすすめ!

“Visa LINE Payカードがおすすめなのは、LINE Payを普段から使っている人です。
Visa LINE Payカードがあれば、LINE Payのデメリットとなっていた面倒なチャージが不要になるからです。
クレジットカードの利用枠内であれば、チャージ残高を気にすることなくいつでもスマートにお買い物が楽しめます。
LINE Payをすでに利用している人はもちろん、これからLINE Payを使ってみようと考えている人も、Visa LINE Payカードはおすすめです。

LINEポイントを貯めている人や、ポイント還元率の高いクレジットカードを使いたい人にも、Visa LINE Payカードは向いています。
初年度のポイント還元率3%は、クレジットカードでは驚異的ともいえる数字です。
初年度にカードを積極的に使うことで、大量のLINEポイントを手にすることができるでしょう。
2年目以降の還元率は初年度ほどではないと考えられますが、それでもLINE Payの決済金額によっては良い還元率となると予想されています。
LINEモバイルやLINE MUSICなどLINEの他のサービスを利用している人にも、ポイントを貯めやすく、LINEのサービス間では貯めたポイントの互換性が高いのでおすすめです。

海外旅行に出かけることが多い人も、Visa LINE Payカードは便利です。
国際ブランドがVisaなので世界中に加盟店が多いばかりでなく、海外で広く普及しているVisaのタッチ決済機能も使えます。
機内販売やホテル、レンタカーの支払いも可能なので、旅行先でもスムーズにカードを利用できるでしょう。

まとめ

Visa LINE Payカードは、初年度のポイント還元率が3%と高還元が魅力のクレジットカードです。
LINE Payを使っているなら、ぜひVisa LINE Payカードの申し込みを検討してみましょう。
キャッシュレス社会が進む中、LINE Payが利用できるシーンも今後ますます増えると予想されます。
Visa LINE Payカードを使うなら効率的にLINEポイントを貯めることができ、スマート決済の便利さも実感できることでしょう。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。