LINE Pay(ラインペイ)とは?特徴や使い方とメリット・デメリット

2019年8月5日

LINEPay(ラインペイ)のロゴ

いまや、世界中に多くのユーザーを抱える巨大プラットフォームとなった「LINE」。実際に利用している人も多いでしょうが、実はメッセージのやり取りだけでなく、決済手段としても活用できる「LINE Pay(ラインペイ)」という便利な機能を備えているのです。今回は、LINE Payの基礎知識をはじめ、使い方やメリット・デメリットなどについて紹介していきます。

おサイフ代わりになる?LINE Pay(ラインペイ)とは

LINEといえばメッセージアプリというイメージがありますが、実は「LINE Pay」というスマホ決済・送金機能を備えたサービスも提供しています。
本人確認はありますが審査などは不要で、事前にお金をチャージすることで手元に現金がなくても買い物などができるようになるのです。
利用方法も実に簡単で、LINEアプリやLINE Payアプリの支払い画面を開き、レジでバーコードを提示するだけ。
わざわざサイフを取り出し、現金を準備したり重たい小銭を持ち歩いたりする必要もありません。

「現金が見えないとつい使いすぎてしまうから心配」という人も多いでしょうが、LINEで手軽に利用履歴の確認もできるため、こまめにチェックさえしていればお金の使い過ぎも防げます。
また、LINE Payに対応している店舗のクーポンや割引キャンペーンを利用できたり、利用額に応じてポイントを貯めたりすることもできます。
普通に現金で支払うだけでは、こういった割引特典は受けられません。
わずかな割引だったとしても、それを毎日繰り返していればやがて大きな節約につながります。
長い目で見れば、現金派は非常に損をしてしまう可能性があるのです。

現金のやり取りが不要で手軽に支払いを済ませられるだけでなく、節約までできてしまうLINE Pay。
一石二鳥の便利なサービスとなれば、使わない手はありませんよね。
スマホ決済はセキュリティ面で不安があるという人は、まず少額だけチャージして、コンビニなどちょっとした買い物から試してみると良いでしょう。

とにかく便利!LINE Pay(ラインペイ)のメリット

“LINE Payには、現金支払いでは得られないメリットが4つあります。
1つ目は、登録およびチャージ手数料が無料であるという点。
スマホ決済サービスはLINE Pay以外にも数多く存在しますが、中には登録やチャージのたびに一定の手数料がかかるものもあります。
いくら便利なサービスだとはいえ、コストはできるだけ避けたいですよね。
その点、LINE Payなら登録はもちろん、どのチャージ方法を選んだとしても手数料はまったく必要ありません。
初めてスマホ決済サービスを利用する場合、実際に使ってみて自分には合わないと感じ、使用を中止してしまう人もいますよね。
登録やチャージに手数料を支払っていると、このようなケースで損をしてしまいます。

手数料が一切かからないLINE Payなら、もし利用を中止したとしても損をする心配はないため、「試しにやってみよう」と気軽に始めることもできるのです。
2つ目のメリットは、バーコードやQRコード決済で簡単に支払いを済ませられるという点です。
買い物などをした際、表示されるQRコードやバーコードを使って決済ができるため、わざわざ現金の受け渡しをする必要がありません。
現金で支払いをしていると、いつの間にかお釣りの小銭が増えてサイフが重くなっているということもありますよね。
荷物がかさばりますし、いちいち必要な金額分を探すのも面倒です。

コード決済なら必要な金額だけをスマホ上で支払えるため、お釣りが発生することもありません。
会計にかかる時間や手間まで省けるため、非常に便利です。
メリット3つ目として、LINE Payを利用するたびにLINEポイントが貯まるという点も挙げられます。
クレジットカードの場合、支払い金額に応じて一定のポイント還元サービスがあるものも珍しくありません。
LINE Payも同様に、支払った金額によってポイントがもらえるのです。
ポイント還元率は「マイカラー」と呼ばれるランクによって変わり、もっとも高いランクである「グリーン」では2.0%の還元を受けることができます。

マイカラーはグリーン以外に「ブルー」「レッド」「ホワイト」があり、それぞれ還元率は1.0%、0.8%、0.5%となっています。
よりお得にポイントを貯めたいなら、還元率がもっとも高いグリーンを目指すと良いでしょう。
なお、マイカラーは前月のLINE Payの利用金額によって毎月変更されます。
グリーンを獲得するには、前月のLINE Payの利用額が10万円以上必要です。
10万円以上と聞くと驚いてしまいますが、食料品や日用品など支出をできるだけLINE Payで支払うようにすれば、決して不可能な金額ではありません。
グリーンの還元率は2.0%なので、仮に10万円分利用すれば2000円分のポイントがもらえることになります。

普通に支払いをするだけでこのように高い還元を受けられると考えれば、魅力を感じられるのではないでしょうか。
ちなみに、貯めたLINEポイントは支払いに充てたりオンラインショップで使ったり、LINEコインに変換したりすることができます。
4つ目のメリットは、LINEに登録してある友達に対して「送金」や「送金依頼」、「割り勘」ができるという点です。
友達同士で食事に行ったとき、代金を誰かが立て替えて支払い、後から必要な金額を回収することが多いですよね。

しかし、うまく割り勘できるだけの現金がなかったり、忙しくて会えなかったりして、なかなか精算できないこともあります。
このような場合、LINE Payの送金機能や割り勘機能を使えば、実際に会わなくてもピッタリの金額をやり取りすることができるのです。
相手の銀行口座がわからなくても、LINE上から送金したり、送金依頼を出してお金を回収したりできます。
また、割り勘機能を使えば、自動的にそれぞれの金額を計算してくれるだけでなく、支払いをする代表者にLINEを通じてその場で支払うこともできるので手軽に済ませられます。

このように、LINE Payには「手軽」「便利」「節約」など、買い物で役立つ特徴がこれでもかと詰まっているのです。

意外な落とし穴も?LINE Pay(ラインペイ)のデメリット

“お金のやり取りを便利に済ませることができるLINE Payですが、一方でデメリットもあるので注意しなければなりません。
たとえば、LINE Payはどの店舗やオンラインショップでも利用できるわけではなく、スマホ決済に対応可能なところでしか使えないのです。
現金支払いやクレジットカード支払いにしか対応していない店舗の場合、いざ支払いの時点になってLINE Payが使えず、慌てることにもなりかねません。
支払いの前に必ずLINE Payに対応しているか確認しなければならないので、手間を感じる人もいるでしょう。

また、本人確認を済ませなければ利用できないサービスがある点もデメリットと言えます。
登録をすれば基本的なサービスは利用できるものの、送金機能や残高上限の解除、LINE Payの口座残高を銀行などの口座に出金する手続きなどは本人確認が必要です。
これらの機能は自身の資産にかかわる重要なものであるため、本人確認をして慎重に行わなければなりません。
本人確認は、「スマホから顔と身分証の画像を送信する」「銀行口座を登録する」「書類を郵送で提出する」のいずれかで済ませることができます。
便利な機能を最大限活用するためにも、自分がやりやすい方法で本人確認を済ませておきましょう。

ちなみに、LINE Payで利用できる残高の上限金額も、本人確認の有無によって変わります。
LINE Payを登録してすぐに利用できるサービスは「LINE Cash」というもので、これは10万円までしか残高を保てません。
本人確認を済ませるとLINE Cashは「LINE Money」というサービスになり、こちらは100万円まで残高の上限金額を増やすことができます。
残高だけでなくチャージできる金額についても違いがあり、コンビニからのチャージだと本人確認前が10万円であるのに対し、本人確認後は29万9000~50万円まで可能です。
残高やチャージの上限が高ければ何度もチャージの手続きを行わなくて良いため、手間を省けます。

こまめにチャージするのが面倒という人も、本人確認を済ませておくと良いでしょう。

LINE Pay(ラインペイ)の使い方

実際にLINE Payを使いたい場合、まずは自分のスマホにLINEのアプリをインストールしなければなりません。
すでにLINEを利用している人であれば、30秒程度で登録を済ませることも可能です。
登録そのものも手間がかからず気軽に行えるというのは、うれしいポイントですね。
具体的な使い方は、まずLINEアプリを開いて画面右下にある「ウォレットタブ」をタップします。
ウォレット画面に表示される「LINE Payをはじめる」をタップし、画面下の「はじめる」から新規登録画面へと進みます。
新規登録画面には利用規約や提供ポリシーなどが表示されているので、確認したうえですべてに同意してください。
これだけで、LINE Payのアカウント登録は完了します。

アカウントを作成できても、そのままではLINE Payを利用できません。
登録しただけでは空っぽのサイフを持っているようなものであり、サービスを利用するにはお金をチャージする必要があるのです。
チャージ方法は主に「LINE Payカード」「銀行口座」「コンビニ」「オートチャージ」などがあるので、好きなものを選びましょう。
チャージ方法により、残高の上限金額に違いがあるので注意が必要です。

LINE Payはコンビニや飲食店、商業施設やオンラインショップなど、幅広い店舗で利用できます。
支払いの際にLINE Payを指定し、アプリからQRコードやバーコードを表示してレジスタッフに読み取ってもらいましょう。
無事に読み取りが成立すれば、それだけで支払いは終了します。
過去にLINE Payでどんな買い物をしたか確認したい場合は、LINE Payのページにある「決済履歴」をタップしましょう。
過去の支払い履歴はもちろん、マイカラーや残高、LINEポイントまで確認できるので非常に便利です。
使い過ぎを防ぐためにも、決済履歴は定期的に確認するクセを付けておくようおすすめします。

要注意!LINE Pay(ラインペイ)カードとの違い

“LINE Payを利用していると、「LINE Payカード」という言葉を耳にすることも多いでしょう。
似た言葉ですが、この2つは特徴が微妙に異なるので正しく理解しておかなければなりません。
LINE Payがスマホのアプリ上で決済を行うサービスであるのに対し、LINE Payカードはプリペイドカードを使って決済するものになります。
お金をチャージしたカードを支払い時に提示することで、現金を出さなくても決済を行うことができるのです。
支払いをしたときに還元されるLINEポイントも、LINE Payと同様に得ることができます。
要は、決済をスマホで行うかカードで行うかという違いになります。

「なぜわざわざカードを使うのか」と不思議に思う人も多いでしょうが、あえて使いやすいスマホとは別の媒体を用いて支払うことで、使い過ぎを予防する狙いがあります。
また、インターネット上のお金のやり取りは、セキュリティ面で不安を感じる人も少なくありません。
形の見えない決済ではなくカードという実物を介して支払いをすることで、不正利用を予防したり安心感を得たりできるというメリットもあります。
もちろん、LINE Payもセキュリティには細心の注意を払っているため、不正利用されやすいなどの心配はありません。
あくまでも、利用者の好みに応じて利用できるように準備されたサービスだと言えます。

LINE PayカードもLINE Payと同じく、決済に対応した店舗でしか利用できません。
ただし、LINE PayカードはJCB加盟店で利用可能なプリペイドカードであるため、LINE Payに対応していなくてもJCB加盟店であれば支払える可能性もあります。
なお、JCBといえばクレジットカードをイメージしがちですが、あくまでもLINE Payカードはプリペイドカードなので分割払いには対応していません。
支払いはチャージしてある金額の範囲内で、一括でしか行えないので注意しましょう。

LINE Payカードを利用したい場合は、コンビニなどでプリペイドカードを購入するのではなく、LINEアプリから申し込みを行う必要があります。
LINE Payのページから「バーチャルカードをすぐに発行!」へ進むと、「バーチャルカードを発行」「プラスチックカードを申し込む」という画面になるので、希望するほうを選びましょう。
プラスチックカードを申し込んだ場合、1~2週間ほどで手元にカードが送られてくるので、LINE Payからセキュリティコードを入力して利用開始手続きを行います。

まとめ

インターネットの発展にともない、買い物をした際の支払いも現金からキャッシュレスへと進みつつあります。
将来的に、LINE Payが利用できる店舗も増えていくでしょう。
使い方が非常に簡単なだけでなく、さまざまな機能もありお得な還元ポイントまでもらえるLINE Payは、毎日の生活をより便利にしてくれるはずです。
登録も無料で手軽に行えるため、ぜひ試してみると良いでしょう。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。