QRコード決済楽天ペイとは?特徴や使い方とメリット・デメリット

2019年8月5日

楽天ペイロゴイメージ

楽天ペイは楽天グループが提供するQRコード決済です。スマートフォンにアプリをダウンロードして設定を済ませればすぐに使えます。街で買い物をするときに現金やクレジットカードを持ち歩かなくて済むのが魅力といえるでしょう。この記事では、楽天ペイの特徴や使い方、メリットやデメリットなどについて詳しく紹介していきます。

楽天ペイの特徴について教えて!

楽天ペイはスマホ1つで決済ができるQRコード決済です。
新しいQRコード決済が次々に登場しているので、どれを選べばいいか迷っている人も多いのではないでしょうか。
楽天ペイは楽天会員にとって最適なQRコード決済の一つです。
楽天ペイを使うと楽天スーパーポイントがたまりやすくなり、そのポイントを決済で使うこともできます。
支払いで使うクレジットカードを楽天カードにすると、さらにお得になります。

また、楽天キャッシュを利用して支払いをすることも可能です。
楽天キャッシュとはオンライン決済で使える楽天の電子マネーで、楽天ペイや楽天グループと提携するネットショップで利用できます。
楽天キャッシュをほかの楽天会員に送ることもできるので、割り勘で支払いをするときなどには重宝するでしょう。
楽天の電子マネーには楽天Edyというものもありますよね。
楽天Edyは主に実店舗での支払いで使うものだと考えるとわかりやすいかもしれません。

QRコード決済を利用するときは、お得感や便利さだけでなくセキュリティについても気になりますよね。
楽天ペイの特徴の一つに本人確認が二重認証だということがあります。
IDとパスワードが外部に流出した場合でも、他者にクレジットカードを使われてしまう事態を防ぎやすくなるのです。

セキュリティ面では、クレジットカード会社が提供する本人認証サービス「3Dセキュア」を無料で利用できる点も見逃せません。
「3Dセキュア」のパスワードを入力しないと決済できないように設定できるので積極的に利用することをおすすめします。

そもそもQRコード決済ってどんなものなの?

QRコード決済はキャッシュレス決済の一種です。
これまで、スマートフォンを利用したキャッシュレス決済(スマホ決済)をするためには、非接触型ICカードを搭載したお財布ケータイが必要でした。
ところが、すべての機種がお財布ケータイ機能に対応していたわけではありません。

QRコードを使えばお財布ケータイでなくてもスマホ決済ができます。
QRコードとは2次元バーコードのことです。
店頭やテレビなどで正方形のバーコードを見たことがある人も多いのではないでしょうか。
QRコードを使うとクレジットカードやショップの情報などを簡単にコード化できます。
これを利用した決済がQRコード決済です。

日本には現金派が少なくないといわれていますが、買い物のときに多額の現金やクレジットカードを持ち歩くのを不安に感じる人もいるでしょう。
スキミングなどの不正な手口でクレジットカードの情報を盗み取られるリスクも高まっています。
QRコード決済なら買い物の支払いをするときにクレジットカードや現金を持ち出す必要がありません。
スマートフォンがあれば手軽に支払いができるのです。
レジでの支払いもあっという間に完了します。

楽天ペイの支払いは3通り!どんなショップで使えるのかもチェックしよう

楽天ペイで支払いをする方法には「コード払い」と「QR払い」、および「セルフ払い」の3通りがあります。

「コード払い」とは、自分のスマートフォンにバーコードとQRコードを表示させてショップのスタッフに専用のリーダーで読み取ってもらう方法です。
このバーコードとQRコードには、自分で設定したクレジットカードの情報が含まれています。
ショップはこの情報をもとにクレジットカード会社に請求を行う仕組みです。

「コード払い」を利用するときは、ショップのスタッフに「楽天ペイで支払います」と伝えてから、アプリを操作してコード・QR払いを選択しましょう。
この画面をスタッフに提示してリーダーで読み取ってもらえば支払いは完了です。
簡単ですね。

「QR払い」では、支払いをするときにショップが用意したQRコードを自分でスマートフォンに読み取らせる必要があります。
読み取りが完了したら、金額を自分で入力します。
ショップによっては金額の情報が自動的に表示される場合もあるでしょう。
金額が表示された画面をスタッフに提示して、確認ボタンをスワイプすれば支払い完了です。

金額を間違って入力してしまったとしても、バックボタンで戻ってやり直せば問題ありません。
金額を間違うとあわててしまいがちですが、アプリ内で間違った取引を取り消せるので落ち着いて対処しましょう。

3つめの「セルフ払い」とは、自分でショップを選んで直接支払いをする方法です。
「あまり使い道がないのではないか」と思う人も多いかもしれませんね。
最も役立つのは割り勘で支払いをするときです。
たとえば、飲み会などの支払いを割り勘にするときなどで、「それぞれが自分の分をその場でショップに支払う」といった使い方ができるでしょう。

このうち、最も使う頻度が高いのは「コード払い」ではないでしょうか。
ショップによっても使える方法が異なることがあるため、あらかじめ確認しておくと安心です。

2019年3月に楽天ペイのアプリは大幅にアップデートされて、「楽天キャッシュ」と「楽天ポイントカード」、「楽天Edy」を1つのアプリで使えるようになりました。
一般的なQRコード決済は主に街の買い物で使うサービスですが、楽天ペイは街の買い物にもネットショッピングにも使えます。

楽天ペイをネットショッピングで使う最大のメリットは、ショップでの決済のたびにクレジットカード情報を入力する必要がない点にあるでしょう。
個々のショップにクレジットカード情報を知られなくて済むのです。
決済もスピーディーに完了します。
利用方法はショップの決済画面で楽天ペイを選ぶだけです。
楽天ペイの画面になったらいつもの楽天IDとパスワードを入力すれば簡単に決済できます。

楽天ペイがどんなショップで使えるのかも気になるところでしょう。
自分が良く利用するショップで使えないと残念ですよね。
街での買い物で使えるショップには、ファミリーマートやローソン、ミニストップやポプラ、セイコーマートショップなどがあります。
ピザーラや松屋、ビッグエコーや白木屋などでも利用できます。
毎日のちょっとした買い物でもポイントがたまるので、スマートフォンにアプリを入れておくとチャンスを逃しません。

一方、ネットショッピングでは5000サイト以上が使えます。
これには、無印良品やめちゃコミック、BUYMAやベルーナ、ドミノ・ピザやドクター・シー・ラボなどが含まれます。
この他にも使えるショップはどんどん増えているので、よく利用するショップで楽天ペイが使えるかどうか公式サイトで確認してみてはいかがでしょうか。

楽天ペイのダウンロードから設定までの流れは?

“QRコード決済のなかには支払い方法が口座振替に対応しているものもありますが、楽天ペイではクレジットカードが必須です。
しかも、楽天カードを除いてはVisaかMasterCardブランドしか登録できないので注意しましょう。

楽天ペイで支払いをすると200円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが還元されます。
楽天カードを使うとさらに100円あたり1ポイント分が追加されるのでお得です。
楽天ペイを使ってみたい人で楽天カードをまだ持っていない場合は、この機会に申請してみてはいかがでしょうか。

ショップで楽天ペイを使う場合は楽天ペイアプリが不可欠です。
iOS版とAndroid版の両方が用意されているので、App StoreやGoogle Payで自分のスマートフォンに合ったアプリをダウンロードしましょう。

ダウンロードが完了したらアプリを起動して楽天会員のIDとパスワードを入力します。
楽天会員になっていない人はこのタイミングで登録を済ませましょう。
続いて、電話番号(SMS/ショートメッセージサービス)による本人認証に進みます。
アプリに登録した電話番号に6桁の数字が送信されてくるので、これをSMS認証画面に入力します。
これによって、その電話番号のスマートフォンで楽天ペイを利用することを確認するのです。
SMS認証が完了していない端末では決済ができない仕組みです。

次に利用するクレジットカードを設定します。
クレジットカードの裏面に記載されたセキュリティコードも入力しなくてはならないので、手元にクレジットカードを用意しておくとスムーズでしょう。
すでに楽天会員になっていてクレジットカードを登録済みの場合はこの手順を省略できることがあります。

クレジットカードの設定が終わったらすぐに楽天ペイが使えます。

楽天ペイのメリットは?

楽天グループは多種多様なインターネットサービスを提供している巨大企業です。
楽天市場でのネットショッピングや楽天銀行、楽天モバイルなどを利用している人は少なくないでしょう。
2019年には第4の携帯電話キャリアになることも決まりました。
楽天のサービスをよく利用する人は、楽天スーパーポイントがお得にたまる楽天ペイを使わない手はありません。
たまった楽天スーパーポイントは楽天ペイの支払いに使えます。
楽天ペイで使うクレジットカードを楽天カードにしておけば、ポイントをダブルでもらえる点も見逃せません。

楽天ペイの支払いで使えるのは、クレジットカードと楽天スーパーポイント、および楽天キャッシュの3つです。
楽天ペイの決済画面で「設定」を選ぶと、楽天スーパーポイントや楽天キャッシュをいくら使うかを指定できます。
楽天スーパーポイントや楽天キャッシュを優先的に支払いに充てて、不足分をクレジットカード払いにすることも可能です。

楽天キャッシュには主に楽天カードからチャージすることになります。
これに加えて、フリマアプリ・ラクマの売上を楽天キャッシュにチャージできる点は大きなメリットといえるでしょう。
ラクマの売上を現金化するときには手数料がかかり、1000円単位でしか振込申請できませんよね。
1000円未満の売上が無駄になってしまう場合もあるのではないでしょうか。
ラ クマの売上は楽天キャッシュに1円単位でチャージできるので半端な金額も無駄になりません。

QRコード決済で最も注意しなくてはならないのがスマートフォンの紛失でしょう。
万が一に備えてスマートフォンの画面ロックは必ずかけておくことをおすすめします。
もしも、紛失した場合はすみやかに別の端末からログインして楽天IDのパスワードを変更しておきましょう。
公式サイトの「楽天ペイアプリご利用停止申請フォーム」から利用停止の申請をすることも可能です。
安心感が高いことが、楽天ペイのメリットの一つといえるでしょう。

楽天ペイのデメリットは?

“楽天ペイの1番のデメリットはクレジットカードが必須だということかもしれません。
クレジットカードを持っていない人は使えないのです。
また、クレジットカードの国際ブランドが楽天カードを除いてはVisaとMasterCardに限られる点にも注意が必要です。
日本で広く使われているJCBブランドのクレジットカードは楽天カード以外では使えません。
国際ブランドについてはあまり気にしていない人も多いのではないでしょうか。
あらかじめ自分が持っているクレジットカードの国際ブランドがどこになっているのかを確認しておくと良いかもしれませんね。

QRコード決済のなかにはチャージして使うタイプのものもあります。
しかし、楽天ペイはチャージの必要がありません。
いちいちチャージする必要がないのをメリットに感じる人もいるでしょうが、使いすぎてしまわないかと気になる人もいるでしょう。
街での買い物で使った決済分は一括払いで請求されます。
分割払いやリボ払いは使えません。
使いすぎが気になる人は一定額を楽天キャッシュにチャージして、その範囲で楽天ペイを利用すると良いでしょう。

また、利用できる金額に上限があることもデメリットといえるかもしれませんね。
利用上限金額は1回あたり最大50万円で、コンビニでの利用については1回あたり4000円です。
楽天IDの会員ランクやショップによっても上限金額が異なる場合があります。
そもそも、クレジットカードの利用可能枠の範囲内でしか使えない点にも注意しましょう。
楽天ペイでクレジットカードの利用可能枠を使い切ってしまうと、ほかの支払いができなくなる可能性があります。
チャージ不要で使えるのは便利ですが、クレジットカードをいくら使ったのかこまめにチェックしておくことが大切です。

まとめ

楽天ペイは楽天会員にピッタリのQRコード決済です。
スマートフォンにアプリを入れておくだけで楽天スーパーポイントがぐっとたまりやすくなるでしょう。
セキュリティについてもしっかり対策が取られています。
ただし、利用にはクレジットカードが必ず必要になります。
クレジットカードの使いすぎが気になる人は楽天キャッシュを賢く利用してみてはいかがでしょうか。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。