PayPay(ペイペイ)にはYahoo!JAPANカードがお得な理由

2019年8月5日

PayPay(ペイペイ)のロゴ

キャッシュレスサービスが普及しつつある中、PayPayを知っている人やすでに利用している人も多いのではないでしょうか。スマホひとつで決済ができるとても便利なサービスですが、PayPayではYahoo!JAPANカードを使うことでさらに便利でお得に利用することができます。この記事ではPayPayの使い方やYahoo!JAPANカードのメリットなどについて紹介していきますので、興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

そもそもキャッシュレスサービスとは?

キャッシュレスサービスとは名前の通り、現金を使用せずに料金の支払いやお金の受け取りなどができるサービスのことです。
クレジットカードや電子マネーなど広く知られているものから、アプリを使用することでスマホのみで支払いが完結するスマホ決済といわれるものまで、さまざまなサービスが存在しています。
キャッシュレスサービスは現金を持ち歩く必要がなく、店頭での支払いがスムーズなところも大きなメリットのひとつです。
なかでもスマホ決済はスマートフォンの普及に伴って大手銀行や企業などからも参入が相次ぎ、異なる特徴を持ったサービスが次々と登場しています。

スマホ決済には事前にチャージが必要な前払いや、口座残高の範囲内で支払いが可能な即時振替、クレジットカードを登録しておき、後日料金が請求される後払いなど、決済方法にも違いがあります。
また、店頭に設置してある端末にスマホまたは電子マネーカードなどをかざして決済を行う非接触型IC決済と、スマホに表示したQRコードを読み取ってもらうか、店舗側のQRコードを読み取って決済を行うQRコード決済の2種類があり、こちらも利用者の使いやすさに合わせて選択することが可能です。
自分に合った決済ができるサービスを選ぶようにしましょう。

スマホ決済はサービスによって店頭で使えるもの以外にも、ネットショッピングの支払いで使えたり、あらかじめ登録しておくことで電車やバスの乗り降りでも使えたりします。
クレジットカードや交通系のICカードを持ち歩く必要がなくなるため、カード紛失の心配もありません。
また、キャンペーンやポイント還元などにより、現金での支払いよりもお得に買い物ができるケースも多いです。
その他にも大人数での会計を素早く割り勘計算ができる機能や、残高がすぐに確認できてお金の管理がしやすいなど多くのメリットがあるので、ぜひこの機会に自分に合ったスマホ決済サービスを探してみましょう。

おすすめのスマホ決済サービスPayPayとは

PayPayとは、SoftbankとYahoo!JAPANが共同で運営するQRコード決済サービスのことです。
2018年10月15日からサービスが開始されました。
プリペイド式なのでアプリでチャージして残高から支払うことができます。
利用するにあたって通信分のパケット料金はかかりますが、その他全ての機能を無料で利用することができます。
QRコード決済なので、PayPay加盟店の店頭などに設置されたQRコードをスマホで読み取るか、スマホに表示させたQRコードまたはバーコードを読み取ってもらうことで支払いが可能です。
また、新規登録をすると500円分のPayPay残高がもらえるキャンペーンも行っています。
500円分の残高はアプリに即時反映されてすぐに使えるのも嬉しいポイントです。

PayPayの加盟店には全国的に展開しているところもあり、利用できるお店が多いのも魅力のひとつです。
コンビニやドラッグストアはもちろん、飲食店や家電量販店、スーパーなど、生活に必要な買い物をすることが多いお店でも対応しているため、毎日の買い物などでも気軽に利用することができます。
その他にもタクシーや美容室、旅行会社などでも使えるため、頻繁に利用する人はPayPayに登録しておくと簡単に支払いができて便利です。
また、PayPayにはQRコード決済以外にも個人送金ができる便利な機能があります。
この機能により割り勘をしたいときや、遠方の人にお祝いを贈りたいときでもスマホひとつで安全に送金することができるため、お金のやり取りもスムーズです。

PayPay(ペイペイ)の支払い方法は3種類

PayPayでの支払いは3つの方法から選ぶことができます。
1つ目は銀行口座からチャージして残高から支払う方法です。
三菱東京UFJ銀行以外の口座からチャージすることが可能です。
チャージができる銀行口座は、インターネット上でお財布として使えるYahoo!ウォレットにあらかじめ登録しておく必要があります。
2つ目はYahoo!マネーで支払う方法です。
Yahoo!マネーとはヤフオク!やYahoo!ショッピングなどで利用できる電子マネーのことです。
Yahoo!マネーで直接支払うことも可能ですが、PayPayにチャージしたうえで使用することもできるので、すでにYahoo!マネーを利用している人にとっては登録の手間もなく便利な方法かもしれません。
3つ目は登録したクレジットカードで支払う方法です。
PayPayではVISAとMasterCardに対応しており、Yahoo!JAPANカードの場合はJCBも登録可能です。
あらかじめ登録しておくとクレジットカードを持ち歩かなくてもスマホで決済ができます。

PayPayではクレジットカードからチャージすることができません。
しかし、Yahoo!JAPANカードであれば直接PayPayへのチャージをすることが可能になります。
Yahoo!JAPANカードからチャージをすると、ポイントの還元などで他のクレジットカードよりもお得になるため、PayPayを利用したい場合には、Yahoo!JAPANカードもあわせて検討してみると良いでしょう。

PayPay(ペイペイ)の登録方法

まずPayPayのアプリをダウンロードしましょう。
ダウンロードが完了したらアプリを開き、ユーザー登録を行います。
登録にはスマホの電話番号が必要です。
電話番号を入力するとSMSに認証コードが送られてくるのでそちらをアプリに入力します。
なお、Yahoo!JAPAN IDでもユーザー登録は可能ですが、SMS認証の際には電話番号の入力が必須になります。
認証コードを入力したら登録は完了です。
新規入会の場合は完了と同時にPayPay残高が500円分が付与されます。

PayPayに残高をチャージして利用したい場合には、金融機関の口座を登録してあるYahoo!JAPAN IDとの連携が必要になります。
口座がまだ未登録の場合は、Yahoo!ウォレットサービスにて口座登録の手続きを行いましょう。
また、PayPayをクレジットカード払いで利用したい場合にも事前にYahoo!ウォレットサービスへの登録が必要です。
利用可能な国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBで、JCBはYahoo!JAPANカードのみ登録できます。
クレジットカードの登録はカード情報を直接入力する方法と、Yahoo!ウォレットに登録済みのクレジットカードをPayPayにインポートする方法があります。
クレジットカードは各ブランドで行っている、3Dセキュアといわれる本人認証をすることで決済の上限金額が引き上げられたり、Yahoo!JAPANカードでのチャージが可能になったりするので、こちらも手続きを忘れないようにしましょう。

PayPay(ペイペイ)で使うとお得なYahoo!JAPANカードとは?

“Yahoo!JAPANカードをすでに持っている人はもちろん、これからPayPayを利用したいと考えている人も、Yahoo!JAPANカードと連携させてお得に買い物をしましょう。
Yahoo!JAPANカードとは、ワイジェイカード株式会社が発行しているクレジットカードで、最大のメリットは年会費が無料であることです。
新規入会の場合、Tポイントが最大1万ポイントもらえる特典もあります。
さらに発行に際しての初期費用や解約手続きについての手数料が無料なので、作っておいて損はないカードといえるでしょう。
Yahoo!JAPANカードはYahoo!JAPANの関連サービスや、Tカード加盟店においてポイント面などでとても優遇されているため、他社のカードを使うよりもお得になります。

PayPayには登録した銀行口座かYahoo!JAPANカードからチャージすることが可能です。
PayPayでは残高で決済することで3%のポイントが還元されます。
同時にチャージした金額分のTポイントがもらえるのも魅力のひとつです。
チャージができるクレジットカードはYahoo!JAPANカードのみで、その他のクレジットカードでチャージすることはできません。
通常、クレジットカードでの支払いを選択した場合、ポイントの還元率は0.5%ですが、Yahoo!JAPANカードの場合はクレジット払いを選択しても残高で決済するのと同様に還元率は3%になります。

また、Yahoo!JAPANカードではクレジット支払いをするたびにTポイントが1%分還元され、Tポイント加盟店ではさらに1%が付与されるので合計で2%分が還元されます。
Tカードは店頭で提示することでもTポイントがもらえるので、ポイントだけでもかなりお得になるのがわかります。
PayPayのポイントだけでなくTポイントも同時に最大分が獲得できるのはYahoo!JAPANカードだけです。
その他にもYahoo!ショッピングやヤフオク!などのYahoo!JAPAN関連サービスでは、Tポイントの還元率がいつでも3%だったり、キャンペーンによってさらに還元率が上がったりするので、普段サービスをよく利用している人やこれから利用したいと考えている人にとっても作っておきたいカードといえます。

プリペイドタイプのものやチャージするタイプのキャッシュレスサービスでは、残高を使いきるのに苦労することもしばしばあります。
PayPayでも買い物の際の支払金額が残高より大きい場合、全額クレジットカードからの支払いとなるため残高が残ることがあります。
PayPay残高が使い切れずに失効してしまうことがないよう、Yahoo!JAPANカードで必要に応じてPayPay残高にチャージをしたり、クレジット払いを選択したりするのもPayPayを有効に活用する方法のひとつです。

Yahoo!JAPANカードの申込方法

“Yahoo!JAPANカードは申し込みが簡単なのもメリットのひとつです。
申し込みはインターネット上のみの受付となります。
金融機関のキャッシュカードなど口座がわかるものが手元にあればすぐに手続きが可能で、審査にかかる時間も最短2分と短時間で完了します。
基本的には18歳以上で安定した収入があることが申し込みの条件となっていますが、専業主婦や学生のような本人に収入がない場合でも、家族に安定した収入があれば問題ありません。
未 成年者が申し込む場合には親権者の同意が必須となります。

Yahoo!JAPANカードの申し込みをするためには、まずYahoo!JAPAN IDを発行しておきましょう。
Yahoo!JAPAN IDとはYahoo!JAPANが提供するサービスの利用に必要な認証コードのことで、こちらがないとYahoo!JAPANカードの申し込みはできません。
カードと同時に申し込みが可能なので、必ず手続きをしておきましょう。
申し込み時にはYahoo!JAPAN IDの他に、引き落とし用の銀行口座、審査完了や申し込み完了などの連絡用にメールアドレス、運転免許証などの本人確認ができる公的証明書が必要になります。
比較的どれも準備しやすいものですが、口座開設や本人確認の証明書などの発行時期がカード申し込みの時期とずれてしまうと、審査に支障が出てしまうかもしれません。
事前にしっかり準備をしてから申し込むと良いでしょう。

Yahoo!JAPANカードを申し込むときはインターネット上で申し込み画面へと進み、まずは本人情報を入力します。
ここでは名前や生年月日、性別、運転免許証の有無、住所、電話番号などの基本情報、職業や年収、家族構成、住居形態、住宅ローン支払いの有無、カードの利用目的など審査に必要な情報についても入力が必要です。
その他VISAやMasterCardなど国際ブランドの選択や、カードデザインなどについても希望のものを入力します。
つづいて職業とカード情報の入力ページです。
ここでは学校や勤務先についての情報や勤務状況、希望する暗証番号の入力が求められます。
このページでは家族カードやETCカード、その他付帯サービスの申し込みも可能です。
職業とカード状況についての入力が完了し次のページに進むと、口座設定の画面に移ります。
ここでは引き落としに使用する金融機関の口座情報を入力しましょう。
口座の設定は審査通過後、カードと一緒に届く預金銀行振替依頼書を返送することでも可能です。

申し込みが完了すると審査に移ります。
審査結果についてはメールで通知されるため届くのを待ちましょう。
Yahoo!JAPANカードの審査は最短2分で完了しますが、場合によっては数日かかるケースもあります。
審査結果がすぐに来ない場合でも、申し込み完了後に届くメールのURLから審査状況が確認できるため安心です。
無事に審査を通過して審査結果についてのメールが届くと、そこから通常7~10日程度でカードが手元に届きます。
受け取る際には本人確認書類の提示が必要です。
入力した住所と提示した本人確認書類の住所が違うとカードを受け取ることができないため、間違いのないようしっかり確認しておきましょう。
Yahoo!JAPANカードが届いたら、初回登録やTポイントの利用設定をすればカードの手続きは完了です。

まとめ

日本ではまだ現金での支払いが一般的ですが、PayPayは同じ買い物でも利用をすればするほどお得になります。
Yahoo!JAPANカードと一緒に使えばさらにお得になるので、PayPayを利用するならあわせて持っておきたいですよね。
これからPayPayを使ってみたいと考えている人や、すでに利用中でYahoo!JAPANカードをまだ持っていない人などは、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。