みずほ銀行のJ-coin Pay(ジェイコインペイ)の店舗への導入方法と決済手数料まとめ

J-Coin Pay(ジェイコインペイ)のロゴ

現代は社会のキャッシュレス化が進んでおり、さまざまなサービスが各社から提案されています。その中でも最新のものがスマホなどの端末を利用した、決済方法です。スマホを利用した決済サービスもいろいろなものがありますが、みずほ銀行が運営しているJ-coin Payは有力なサービスの一つとして注目を集めています。今回の記事では、このJ-coin Payを中心に、キャッシュレスサービス全般について主に店舗目線で解説していきます。

キャッシュレスサービスとは?

キャッシュレスサービスはその名の通り、現金を使わないで決済を行う方法全般を指す言葉です。
一般的にイメージしやすいものとしては、クレジットカードがあります。
クレジットカードは後日に銀行口座から利用料金を支払うシステムなので、その場では現金が必要ないのです。
また、首都圏の鉄道などで利用されている電子マネーもキャッシュレスサービスの一つです。
電子マネーは事前に現金をチャージしておけばクレジットカードと同様に、すぐに決済することができます。

このようにとても便利なキャッシュレス決済ですが、クレジットカードなどを見ても分かるように、仕組みや考え方そのものは以前から存在していました。
ただ、現在のキャッシュレス決済の特徴はその支払い方法の多様化と共に、以前よりも急速に社会に浸透していっている点にあります。
日本のキャッシュレス決済が急速に進んできた背景としては、グローバル化によって他国の影響を受けた部分が大きいといえるでしょう。
たとえば、同じアジア圏の中国ではWeChatPay(ウィーチャットペイ)というスマホアプリを利用した決済方法が日常的に利用され、キャッシュレス決済の分野では日本よりも進んでいるといわれています。

これは中国だけではなく世界的な流れとなっており、日本もその影響で積極的にキャッシュレス決済を推進するようになったのです。
また、以前のキャッシュレスサービスといえば、店舗に専用の端末を導入して行うクレジットカード決済が主流でした。
しかし、現在日本で注目を集めているのは中国のWeChatPayなどと同じく、スマホアプリを利用した決済方式です。
スマホ決済のキャッシュレスサービスは最も新しいものであり、消費者や導入する店舗にとっても利便性が高いといわれています。
そのため、大手を含めた各社がさまざまな決済システムを開発し、国内でも競争が激しくなっているのです。

キャッシュレスサービスの種類

キャッシュレスサービスを広義で見ていくと、主にクレジットカードやデビットカード決済、電子マネー決済、スマホ決済の各決済方法に分かれます。
また、この中でも特に注目を集めているのがスマホ決済です。
のため、これからキャッシュレスサービスを導入しようとする店舗はスマホ決済のシステムから取り入れていくのが良いでしょう。

クレジットカードやデビットカードのキャッシュレスサービスは、現金を使わない支払い方法としては最も歴史のある手段の一つです。
どちらも消費者が利用するためには店舗に専用端末が必要になり、最初はある程度の導入コストがかかります。
また、手数料も店舗側が負担する仕組みになっています。
具体的な手数料は業種によっても変わってきますが、売上金額に対して数パーセント程度かかることが多いでしょう。
その他、クレジットカード利用者は後払いという特徴がありますが、デビットカードの場合は即時払いになります。
日本では圧倒的にクレジットカードのほうが普及していますが、世界的に見ればデビットカードも良く使われている支払い方法となっています。

電子マネー決済は首都圏鉄道などで使われているPASMO(パスモ)が有名です。
事前に現金をチャージすれば、決済時には読み取りを行うだけで支払いが完了できる仕組みです。
その利便性の高さから、登場から短期間で急速に普及しました。
また、このような利用前に現金をチャージする方式は、他のプリペイドカードなどにも採用されています。
さらに、PASMOの他に大手家電量販店がカードなどに付与するポイントも、広い意味では電子マネーに分類されます。

スマホ決済は日本以外の国でも注目を集めているキャッシュレスサービスであり、世界的に見ても導入する地域が増えていることが特徴です。
有名なのは中国のWeChatPayなどですが、日本国内の場合はさまざまな企業がシステムを開発して競争が激しくなっています。
代表的な国内スマホ決済のサービスとしてはLINE Pay、PayPay、楽天ペイ、J-coin Payなどが挙げられるでしょう。
具体的な利用方法としてはQRコードを表示させて、それを読み取るだけなので誰でも利用することができます。
このように消費者と店舗運営者の双方にとって利便性の高い点が、注目を集める理由の一つです。
また、クレジットカード決済のように本格的な端末を用意しなくても導入できる点が、店舗側にも支持されています。

J-coin Pay(ジェイコインペイ)とは?

J-coin Payはみずほ銀行が運営している、スマホ決済サービスです。
LINE Payなどの他のキャッシュレスサービスと同様、QRコードによる決済を採用している今注目のサービスの一つです。
当初は独自の仮想通貨を開発してそれを利用する構想もありましたが、現在は日本円をキャッシュレスで利用できるサービスに変更されています。
また、J-coin Payはスマホのアプリに現金をチャージして決済できることに加え、銀行口座と紐づけることで入出金もアプリ上で行える便利なサービスになっています。

利用出来る銀行口座もみずほ銀行だけではなく、地方の銀行を始めとして多数あるので選択肢が広がるところも大きな特徴です。
さらに、スマホ決済サービスというのは基本的には同じような内容のものが多いですが、J-coin Payは銀行業で実績のあるみずほ銀行が運営しているというのがインパクトのある点です。
つまり、大手銀行がアプリ運営を行っているという安心感とブランド力がJ-coin Payにはあるといえます。
もちろん、他のキャッシュレス決済サービス運営も大手企業が多いですが、銀行業が本業のところは限られているでしょう。

キャッシュレス決済といっても個人の資産を扱うのに変わりはなく、そのノウハウを持っているみずほ銀行のJ-coin Payは、利用者とシステムを導入する店舗側の双方に安心感を与えてくれる存在なのです。
ただ、その代わり、他社のスマホ決済では利用できるクレジットカードを使ったサービスの利用ができないなど、保守的なつくりの部分もあります。
しかし、安全第一で顧客にも安心して決済機能を使って欲しいのなら、J-coin Payを店舗に導入することは大きな選択肢の一つとなるでしょう。
逆にクレジットカード利用可能などの機能面の充実したアプリを店舗に導入したいのなら、他の選択肢も出てくるかもしれません。

J-coin Pay(ジェイコインペイ)のメリット

J-coin Payはサービスを利用する消費者はもちろん、加盟店にも複数のメリットがあります。
ここでは主に加盟店の立場に立って、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

J-coin Payは安価な加盟店料率で利用開始できるメリットがあります。
さらに、手持ちのスマホやタブレットをQRコード決済端末として利用すれば、導入費用も0円で済ますことができます。
従来のクレジットカード決済などでは端末導入に大きな資金がかかっていたので、初期費用を安く済ませることができることは、どの店舗にも嬉しいことといえるでしょう。
特に個人運営の小規模な店舗などは従来のシステムだとキャッシュレス決済を諦めなければいけないこともありましたが、J-coin Payなら問題なく導入できそうです。

サポート関係が充実していて、加盟店から見ても大きな安心感があることもJ-coin Payの大きなメリットです。
これはみずほ銀行を始め、全国各地の銀行が提携していることが大きく関係しており、銀行を通してサポートを行える体制が整っていることを意味しています。
具体的には加盟店近くの提携銀行を通じて、スタッフが直接手続きから運用までのサポートを行ってくれるのです。
つまり、何か困ったことや分からないことがあれば、すぐに近くの提携銀行に相談にいけば良いということになります。
直接スタッフの顔が見える安心感を含め、大手銀行がしっかりとサポートしてくれることはJ-coin Payを選ぶ最大のメリットといっても良いかもしれません。

みずほ銀行だけではなく、全国のたくさんの銀行が参加していることもJ-coin Payのメリットといわれています。
たとえば、北海道銀行や東北銀行、足利銀行や千葉興業銀行、長野銀行や京都銀行など、全国の地方銀行をカバーしていることが大きな特徴です。
そのため、自分の住んでいる地域の近くにみずほ銀行が無かったとしても、提携銀行を通じて加盟店になることもできるのです。
このネットワークの広さも全国の銀行同士が提携しているからこそ、行えるものといえるでしょう。
また、J-coin Payは余計な機能を付けていないので画面操作もシンプルであり、初めて使う消費者や加盟店の双方に優しいつくりとなっています。

J-coin Pay(ジェイコインペイ)のデメリット

大きなデメリットはありませんが、主に2つの点がJ-coin Payの欠点として語られることがあります。
また、この2点は利用者と加盟店の双方に関連するデメリットともいえます。

最初のデメリットはクレジットカードが利用できないということです。
他者のスマホ決済サービスではアプリにクレジットカードを登録して、店舗でQRコード決済できるものがあります。
クレジットカードは日本全国に利用者がたくさんおり、ポイントも貯まるので日常的に使っている人も同様に多くいます。
そのような人たちから見れば、クレジットカードを登録して利用できないことは不便に感じられるかもしれません。
また、加盟店の立場から見ても、J-coin Payのシステム利用では、クレジットカードを登録して使いたい顧客を逃すことになる可能性もあるのです。
ただ、他社のシステムでは過去に、クレジットカード情報流失のトラブルなども起きました。
そのため、考え方によってはリスクが少ない安心できる仕組みともいえます。

二つ目のデメリットは、J-coin Payを利用できる店舗そのものが少ないということです。
ただ、これは他社を含めて、スマホ決済サービスを普及させていく段階にあるので仕方のないことともいえます。
通常は加盟店が増えるにつれて利用者の認知度も上がり、大きく普及していく流れになるものです。
日本はさまざまな企業が規格争いなどをするので同じようなサービスが乱立してしまうデメリットもありますが、大手銀行のみずほが運営しているJ-coin Payは一定数普及する可能性も高いと考えられます。
使用できる店舗が拡大して利用者が増えてくれば、加盟店にも大きな導入メリットをもたらすようになるでしょう。

J-coin Pay(ジェイコインペイ)の導入方法と決済手数料について

J-coin Payは非常に簡単な手続きで店舗に導入することができます。
具体的な店舗への導入方法としては、まず、近くの金融機関に申し込みをすることから始まります。
金融機関は近くにみずほ銀行があればみずほでも良いですし、地方在住などで無い場合には、地域の提携銀行に行けば同じように手続きを行なうことができるでしょう。
申し込み手続きを行うと所定の審査が行われ、無事に審査に通ったらタブレットなどの端末にアプリをダウンロードしていきます。
審査が通った状態でアプリをダウンロードすると、アクティブコードというものを入力できるようになるので、指示に従いコード入力すれば利用開始です。

もちろん、従来のクレジットカード決済のように複雑な専用端末は導入する必要がないので、タブレットなどの簡単なものを用意するだけですぐに使えるようになります。
このシンプルで安価に導入できる仕組みも、J-coin Payを始めとしたスマホ決済サービスの魅力といえるでしょう。
特に個人経営の小型店舗などの場合は、安く手軽に導入できるシステムが重宝するはずです。
また、気になる決済手数料ですが、これは利用申請した銀行によっても変わってくるため、一概にはいえません。
ただ、非常に安価であることは共通しており、従来のクレジットカード決済よりは安く済ませることができるようになっています。

みずほ銀行などの全国の銀行が参画している安心感、各銀行のネットワークをいかした充実のサポート、そして、非常に安い初期費用と決済手数料で利用できる点がJ-coin Payの大きな魅力です。
それは、大型店舗を持つ企業の経費削減効果はもちろん、個人事業主などのスモールビジネスでの活用にも大きな味方となってくれるでしょう。

まとめ

スマホを利用したキャッシュレス決済サービスはいくつもありますが、その中でもJ-coin Payは、銀行業で実績のあるみずほ銀行が運営しているという点で信頼性が高いのが特徴です。
そのため、安心してキャッシュレス決済サービスを導入したいという店舗運営者には、有力な選択肢の一つとなるでしょう。
余計な機能を排したつくりなのでクレジットカードを利用した決済には対応していませんが、その分シンプルに使える設計も魅力です。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。