福岡銀行のYOKA!Pay(よかペイ)の店舗への導入方法と決済手数料まとめ

YOKA!Pay(よかペイ)のロゴ

キャッシュレス決済が進む日本ですが、全体的に見るとまだまだ現金での支払いが主流です。ただ、キャッシュレス決済は非常に簡単でスムーズに支払いができることから、徐々に活用する人が増えてきています。そのため、店舗でもキャッシュレス決済に対応すべく、導入を考える企業も多いでしょう。この記事では、福岡銀行が提供するアプリ決済サービスYOKA!Payの導入方法と決済手数料について解説します。

福岡銀行のYOKA!Pay(よかペイ)とは

YOKA!Payとは、スマートフォンにインストールしたアプリを利用して店頭で支払いができる決済サービスです。
YOKA!Payを利用するためには、タブレットやスマートフォンにアプリをインストールしたうえで、福岡銀行の口座と連携しなければいけません。
そのため、YOKA!Payを使用するためには、福岡銀行の口座を開設していることが大前提になります。

口座の開設もわざわざ店頭に出向いて手続きをする必要はなく、福岡銀行口座開設のアプリから簡単に開設できるので非常に便利です。
キャッシュレス決済の仕組みも簡単で、YOKA!PayでQRコード決済をすると即時に福岡銀行の口座から代金が支払われます。
YOKA!Payがあればキャッシュレス決済ができるので、外出時に財布を常に持ち歩く必要もなく、不意に買い物をしたくなるときにも役立つでしょう。

また、YOKA!Payにはキャッシュレス決済以外にも便利な機能が数多くあります。
たとえば、YOKA!Payが利用できるのは加盟店舗のみになりますが、加入しているかどうかそれらをひとつずつ確認する必要はありません。
なぜなら、YOKA!Payのアプリには店舗一覧や地図機能が備わっているからです。
気になる店舗があるときは、アプリで簡単に確認できます。

さらに、キャッシュバックや特典なども定期的に開催されているので、使えば使うほどお得感も満載です。
決済方法は、店舗で提示されたQRコードをスマホで読み取るだけで決済が完了します。
暗証番号なども購入するたびに入力する必要もないので手間もかかりません。
購入履歴もスマホから確認できるので、どれくらい使用しているかなど一目瞭然です。

店頭に導入するべき?福岡銀行のYOKA!Pay(よかペイ)の特徴とは

利用者には大きなメリットがあるYOKA!Payは、キャッシュレス決済が進む現代で、さらに利用者が増えていくことが予想されます。
集客や売上げを伸ばすためには、店頭にYOKA!Payを導入することを考える企業も多いのではないでしょうか。
ここからは、店舗へ導入するにあたりYOKA!Payの特徴を詳しく見ていきましょう。

お客様のデータを閲覧できる
YOKA!Payを利用して支払いがなされると、ユーザー検索機能を使ってお客様の年代や性別、来店日などを確認できます。
YOKA!Payに保存された個人情報全てを確認できるわけではないため、個人を特定することはできません。
個人情報の管理にも精神をすり減らす必要もないでしょう。
しかし、情報を有効的に活用できれば、経営の改善にも役立たせることが可能です。

利益を向上させる売上げ管理ができる YOKA!Payでスマホ決済された代金は、当然のことながらお客様本人だけでなく、お店側でもデータ記録から確認できます。
期間を設定すれば、ある一定期間の客数や売上げを確認できますし、もちろん1件ずつ購入履歴も端末から見られます。
その情報をもとに、平均顧客単価や利用者数の統計もできるでしょう。

インバウンドにも対応 インバウンドとは、旅行で日本を訪れる外国人のことを指します。
海外からの旅行者は年々増加傾向にあり、その影響を受けて利益を出している企業も多いのではないでしょうか。
海外の中でも旅行者が多い中国では、日本以上にキャッシュレス決済が進んでいます。
YOKA!Payでは、中国人向けの決済サービスである「アリペイ(支付宝)」にも対応しているため、スムーズに対応することが可能です。

YOKA!Payの加盟店とは
YOKA!Payは、福岡県内のさまざまな店舗が加入しています。
どのような店舗がYOKA!Payを導入しているのか気になるところですよね。
一部にはなりますが、加盟店は下記になります。

・大賀薬局
・ミスターマックス
・Café FADIE’S
・しらすくじら
・やますえ
・海人
・おきよ
・タニシゲ醤油
・エルボラーチョ
・FUKUOKACRAFT
・酒商菅原
・アゴーラ福岡山の上ホテル
・久山カントリークラブ
・HIGHTIDE STORE

ホテルやゴルフ場、ドラッグストアなど、YOKA!Payに対応しているお店が数多くあります。
キャッシュレス決済が進む日本では、今後も加盟店が増えていくでしょう。

福岡銀行のYOKA!Pay(よかペイ)を店舗で導入する方法と使い方

YOKA!PayはQRコード決済が基本です。
使い方は利用者がQRコードを読み取る、もしくは店側が利用者のQRコードを読み取る場合の2パターンになります。
どちらの方法を取っても、決済をすることに変わりはないので、お客様の希望に沿う形がベストでしょう。

店舗への導入方法
店舗にYOKA!Pay を導入する場合、福岡銀行でYOKA!Pay の加盟店になるための審査を受ける必要があります。
審査が通れば、スマホやタブレット端末に加盟店向けのアプリをダウンロードすれば手続きは完了です。
ただ、個人でYOKA!Payを利用する際と同様に福岡銀行の口座を持つ必要があるので注意しましょう。

お客様にQRコードを読み取ってもらう方法
お客様にQRコードを読み取ってもらう場合は、店側のタブレット端末の画面にQRコードを表示することが必要です。
その方法は下記のとおりになります。

1. 「お客様」QR読み取りコードを表示してもらう
2. 「店頭」タブレット端末に購入金額を入力する
3. 「店頭」タブレット端末にQRコードを表示する
4. 「お客様」タブレット端末に表示されたQRコードを読み取ってもらう
5. 「お客様」「店頭」両方の端末にレシートが表示される
6. 内容を確認して決済完了

店頭の端末でQRコードを読み取る方法
店頭の端末でQRコードを読み取る場合は、お客様のスマホにQRコードを表示してもらう必要があります。
その方法は下記のとおりになります。

1. 「店頭」購入金額を入力する
2. 「お客様」スマホにQRコードを表示してもらう
3. 「店頭」スマホに表示されたQRコードを読み取る
4. 「お客様」「店頭」両方の端末にレシートが表示される
5. 内容を確認して決済完了

どちらの方法にしても、金額は店側で入力するという点です。
金額入力は手動になりますが、そのほかは自動的に引き落としができるので非常に便利ではないでしょうか。
ただ、入力の際は異なる金額を打たないように注意しなければいけません。
人間である以上、どんなに気をつけていても間違えることもあります。

一度決済が完了してしまうとすぐに処理されてしまうので、最後に画面に表示されるレシートの金額はしっかり確認しましょう。
お客様にも内容を確認してもらうよう声をかけて、お互いに確認することをおすすめします。

福岡銀行のYOKA!Pay(よかペイ)は決済後の取り消しやキャンセルはできるの?

商品を購入後に、キャンセルや返品を希望されるお客様もいるでしょう。
購入した店舗でしか決済の取り消しやキャンセルはできません。
そのため、返品やキャンセルを希望するお客様から、店舗に直接連絡が入ります。
実際には、端末上で決済のキャンセルはできるため、わざわざお客様に出向いてもらう必要はありません。

ただ、お金がかかわってくるため、本人確認のためにもお客様本人にお店に来てもらうのもいいでしょう。
こういう事態が起こることを予測して、お客様から商品の返品やキャンセルの申し出があった際の対応方法について、スタッフ全員で共有できるように事前にマニュアルを作っておくとスムーズな対応ができます。

YOKA!Pay 決済の取消方法の手順は以下になります。
1. 店舗のタブレット端末で「加盟店向けのアプリ」を起動
2. 「決済履歴」を選択して、期間を設定し「検索」をタップ
3. 指定した期間の決済履歴から該当の決済取引を選択
4. 表示された詳細画面の内容を確認して「取消」をタップ
5. 取消が完了

店側での決済取消の処理が完了すれば、お客様のアプリも「取消済み」が表示されます。
決済の取消しが確実に処理されているか確認するためにも、店側での処理が済んだらお客様に確認の連絡をするといいでしょう。
YOKA!Pay で買い物をするときも非常に簡単ですが、決済の取消しも同じく簡単に行えるので便利です。

福岡銀行のYOKA!Pay(よかペイ)の決済手数料はかかるの?

YOKA!Payを利用する人はアプリをダウンロードするだけなので、無料で使用できます。
一方、店舗へ導入する場合は、決済手数料が発生します。
通常、クレジットカードや電子マネーを利用した場合、決済額に応じて3~5%程度の決済手数料がかかるのをご存じですか。
キャッシュレス決済は売上げから決済手数料が引かれるので、現金での売上げと比べると利益が多少減るのが現状です。

そのため、店舗によってはキャッシュレス決済を導入することをためらう企業も多いでしょう。
また、店舗でYOKA!Payを導入する際、決済手数料に加えて初回契約料もかかります。
その金額は決済の取扱い件数や業種によって異なるので、YOKA!Payを導入しようか悩んでいる企業は、この点を踏まえて、1度確認しておくことをおすすめします。

福岡銀行のYOKA!Pay(よかペイ)を店舗で導入するメリット・デメリット

利用者に多くのメリットがあるYOKA!Payですが、店舗で導入する場合はどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、店舗にYOKA!Payを導入するメリットとデメリットについて紹介します。

メリット

登録が簡単にできる
先ほどもお伝えしたとおり、申し込み後加盟店になるための審査はあるものの、審査が通ればアプリをインストールするだけです。
YOKA!Payを使用するための複雑な設定なども一切不要なので、アプリのインストールが完了次第、すぐに始められるのが大きなメリットだといえるでしょう。

込み合う時間帯でもスムーズな対応ができる
休日になるとレジに行列ができて、なかなかお会計が進まないという光景をよく目にします。
現金の場合はレジの台数分しか対応できませんが、キャッシュレス決済の際はスマホやタブレット端末があれば決済の対応ができます。
決済にかかる時間も長くはないので効率よく会計の対応ができるでしょう。
さらに、クレジットや電子マネーの場合は、振込みまでに1週間ほどのタイムラグが出てしまいます。
YOKA!Payは決済の手続きが完了すれば、すぐに売上げ代金は福岡銀行に入金されます。
そのため、現金感覚で売上げの管理ができることも大きなメリットといえるでしょう。

タブレットで決済の対応ができる
クレジットカードや電子マネーを導入する場合、専用のカードリーダーが必須です。
しかし、YOKA!Payはタブレットとwifi環境が整っていれば簡単に決済ができます。
タブレットに限らず、店舗用のスマートフォンでも対応できるので非常に便利です。
また、タブレットやスマホの数だけ対応も可能になるので忙しいときにも役立ちますね。

集客や販促にも活用できる
YOKA!Payは、福岡銀行の口座を持っていないと利用することはできません。
地元で使えるサービスやクーポンを活用すれば、お得なキャンペーンも開催できます。
また、YOKA!Payには、お知らせ機能が備わっているので、キャンペーン情報なども定期的に知らせることが可能です。
SNSのようなテンションで使用できるので、集客ツールとして活用するのもいいでしょう。

デメリット

YOKA!Payの使用は範囲が限られている
メリットが多いように思えるYOKA!Payですが、実は1つ問題点があります。
それは、YOKA!Payの使用は、福岡を中心とした九州がメインであるということです。
キャッシュレス決済が進んでいるので、今後はさらに拡大していくことが予測されますが、まだ九州内で収まっているのが現実です。
九州に店舗があればいいですが、そのほかの場所であれば導入することに懸念を抱く人も多いでしょう。
ただ、キャッシュレス決済は今後確実に増えていきます。
YOKA!Payを導入できるように、準備しておくのもいいでしょう。

慣れるまでに時間がかかる
今まで現金で対応していたものを、タブレットやスマホでQRコード決済をすることに抵抗があるスタッフがいるかもしれません。
企業で決めたことであればスタッフはそれに従う必要はありますが、特に年齢層の高いスタッフが多い店舗は慣れるまでに時間がかかる可能性があります。
YOKA!Payの使い方の手順、返品やキャンセルの対応など、不明な点があったときにすぐに解決できるようなマニュアルの資料を用意することが望ましいです。
それ以外にも、YOKA!Payを使い方を学べる機会を設けるのもひとつの手ではないでしょうか。
逆に1度慣れてしまえば、誰でも簡単にできる内容なので積極的に使ってもらえる仕組みを作りましょう。

まとめ

YOKA!Payは、主に福岡を中心とした九州地方の店舗で導入されています。
特に地方であれば、まだまだ現金でのやり取りが一般的でしょう。
ただ、キャッシュレス化が推奨されている日本では、YOKA!Payの加盟店がより増えていくことが予測されます。
そんな流れに対応すべく、YOKA!Payを店舗に導入しようと考えている企業も多いはずです。
今後利益を増やすためにも、YOKA!Payを導入してキャッシュレス決済に備えましょう。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。