中国人向けスマホ決済!WeChat Pay(ウィーチャットペイ)の店舗への導入方法は?

wechatpay(微信支付)のロゴ

店舗を経営されている方、WeChat Payはもう導入されていますか。インバウンド需要が高まり、日本にも中国人観光客が来ることが多くなった現在、WeChat Payを導入していないのは売上の面で大きな機会損失になりますよ。中国人客を取り逃がさないためにも、今や欠かせないWeChat Payの特徴や導入のメリット、店舗への導入方法を紹介していきます。

中国人に大人気!WeChat Pay(ウィーチャットペイ)とは

日本ではpaypayやメルペイ、LINE Payなどのスマホ決済が出現してシェアを伸ばしてきています。
しかし中国で圧倒的なシェアを誇るのは、WeChat(微信)に紐付いた決済サービス「WeChat Pay」なのです。
中国語で書くと「微信支付」と表記しますね。

まずベースとなるWeChatですが、これはLINEと同じようなメッセージアプリです。
ただしLINE以上にさまざまな機能が実装されており、近くにいる人とマッチングしたり翻訳機能を使えたりと、日本人のLINE以上に中国人の日常に浸透したアプリといえます。

そんなWeChatの支払い機能から派生して誕生したのがWeChat Payです。
ですので、位置づけとしてはLINEと紐付いたLINE Payが近いですね。
主な利用者は中国人ですが、東南アジア諸国でも利用者が多く、重要なコミュニケーションツールと決済サービスになっています。

その最大の特徴はなんと言っても利用者の多さです。
2018年の時点でWeChatの利用者は10億人を超えており、小さな国数カ国分の利用者がいるわけです。
そんなWeChatに紐付いた決済サービスですので、中国人の大半が使っていると言っても過言ではありません。
代理店の発表ではすでに世界中で8億人が使う決済サービスとしてその地位を確立しています。
同様に中国人が使う主要キャッシュレス決済サービスの支付宝(アリペイ)は利用者が4億人ですので、同じ中国人向けのキャッシュレス決済を導入するにしても、まずはWeChat Payを選ぶべきなのは明白ですね。

特に日本に旅行や仕事に来るような富裕層の中国人であれば、利用者の割合もかなり高くなります。
実際、中国の旅行客が多い東京の大手家電量販店などは、いち早くWeChat Payを導入し、決済で利用できるようになっています。
日本でも個人が経営する飲食店でWeChat Payを導入しているところが増え、珍しいものではなくなりました。
2020年の東京オリンピック以降も外国人客が増えることを見据えると、今のうちに導入しておきたい決済システムといえるでしょう。

全国的にも増え続ける中国人観光客の需要を見計らって、2018年にはWeChat Payでの支払いに対応した自動販売機が開発されています。
現在すでにコンビニでの決済で使えるようになっていますし、日本国内でもWeChat Payの決済が使える場所はどんどん増えていくことでしょう。
そうなると逆にWeChat Payで決済できないことがマイナスに取られる日が来る可能性もあります。
この流れに乗り遅れる前に、先んじてWeChat Payを導入しておくと良いかもしれませんね。

WeChat Pay(ウィーチャットペイ)を店舗に導入するメリット・デメリット

では、そんな中国人に人気のWeChat Payを導入するメリットというのは何なのでしょうか。
いくつかメリットはありますが、やはり一番大きいのは中国人客を取り逃がさないということでしょう。

JTB総合研究所の統計データでは、訪日外国人は2011年から右肩上がりで増えています。
その中でも中国人は2019年時点で最も多く訪れており、旅行者の多い地域では無視できない客層となっています。
数年前のような爆買いの傾向は収まってきたとはいえ、普通に買い物をするだけでもその人数を考えると大きな売上になります。
インバウンド需要が高まる中、割合の大きい中国人客を見逃す手はありません。

すでに中国本土ではキャッシュレス決済が進んでおり、現金が使われなくなってきています。
さすがに日本に来ている中国人になると多少は円に両替してきていますが、それでも手持ちの現金は多くありません。
ですので、日本で気兼ねなく買い物をしてもらうためにも、WeChat Payは不可欠なのです。

中国人客を取り逃がさないという点以外にもメリットがあります。
まずは決済の簡略化とスピード化です。
アプリのQRコードを読み込むだけで決済が完了するため、慣れてくると数秒で支払いが終わります。
お釣りの計算や釣り銭を数えて渡す必要もないので、かなりスムーズに決済が終わります。
これは忙しい時間帯のお会計を考えると大きなメリットといえますよね。

また小銭の支払いの際に起こる外国通貨の混入も避けられます。
外国人客が多くなってくると、たまに100円玉と間違えて外国の硬貨を支払われて、気が付かないままになってしまう事があります。
しかし外国の硬貨の多くは100円よりも価値が低いことが多く、結果的に損してしまうことに繋がる事故が発生してしまいます。
中には悪意を持って外国の硬貨を使う人もおり、自衛のためにも注意する必要があります。
その点、WeChat Payであれば数字で確認できるので、見逃しもなく混入するような事故も防げます。

他にも決済時のコミュニケーションによるトラブル回避というメリットもあります。
日本にやってくる中国人観光客の中には、日本語がしゃべれない人も数多くいます。
そんな彼らが決済をする際に、状況を互いに伝えられないということも起こりえます。
例えば渡されたクレジットカードにお店が対応していなかった場合、中国語が話せないと伝えるのも一苦労です。
ですがWeChat Payを導入していれば、ほぼ確実に支払ってもらえますしトラブルも起きづらいです。

では逆にWeChat Payを導入することで何かデメリットはあり得るのでしょうか。
これは通常時であれば特に目立ったデメリットはありません。
ただし状況によっては偶発的にデメリットが生じることもあります。

その偶発的なデメリットが起こる状況とは、インターネット回線の通信障害が起こった場合です。
WeChat Payはオンラインで機能するサービスであり、オフラインになってしまうと端末を起動していても使うことができません。
そのため一時的な通信障害が起こってしまった場合は、いくら頑張っても決済を行うことはできなくなります。

対処法は通信状況が回復するまで待つしか無いため、素直に待つか現金で支払ってもらうしかありません。
頻発する状況ではありませんが、そうなったときに備えて中国語で説明できるよう、お客様に見せる説明ボードなどを用意しておくと良いかもしれません。

このようにメリット・デメリットを比較してみても、特にWeChat Payを導入することでのデメリットは感じられません。
売上の機会が増加し、決済がスムーズに済み、さらにトラブルの回避にもつながる。
今後、ますます中国人観光客が増えていく可能性は、オリンピックの事を考えても高いと言えるでしょう。
そうなるとWeChat Payを導入しない理由はないのではないでしょうか。

WeChat Pay(ウィーチャットペイ)の店舗への導入方法

WeChat Payは購入者側の利用であればアプリで完結できます。
ですが、店舗側に対応した機能はついておらず、アプリから設定することはできません。
店舗用に適した設定・機能がない状態ですので、自力でのWeChat Pay決済導入は難しいです。

そこでおすすめのWeChat Payの店舗への導入方法は、代理店を通すやり方です。
代理店を通してWeChat Payを使うことで、国際送金など複雑な知識を持っていなくても簡単に店舗に導入できるのです。
もちろん多少の手数料はかかることになりますが、元から円への為替手数料などが必要になることもありません。
また利用に際してトラブルが起きた場合は、サポートをお願いすることもできます。
そう考えると代理店を通してWeChat Payを使っても、費用対効果は十分あるといえるでしょう。

WeChat Payの代理店はいくつかありますが、特にCoiney(コイニー)が有名です。
Coineyはもともとクレジットカード決済などを取り扱う企業でしたが、訪日外国人の増加によりWeChat Payの代理店業務も取り扱うようになってきました。
いままでもクレジットカード決済やSuicaのような電子マネーの決済で利用していた店舗も多いのではないでしょうか。

WeChat Payの利用をCoineyにお願いした際、申込みをしてから導入までは最短で3営業日で完了と、非常にスピーディーに対応してくれます。
導入を決めてからほぼラグがなく使える様になるので、機会損失をすることなくスムーズにWeChat Payを使うことができますね。

具体的なWeChat Payの導入の流れは以下のようになります。
1.Coineyのお申込みフォームに必要情報を入力
2.入力した情報をもとにCoineyが加盟店審査を実施
3.審査合格後、CoineyのWeb管理画面から取扱審査の申し込み
4.WeChat Pay取扱審査
5.最短3営業日で審査結果の連絡
6.店舗の端末へCoineyアプリのインストール7.利用開始

このように特に難しい手続きなどは必要なく、店舗側がやる事といえばフォームへの記入と審査申し込みだけで、合格後はアプリを入れればすぐに使えるようになります。
書類記入などが不必要というのは忙しい店舗側の方からしたら嬉しいポイントですね。

上記では代理店にCoineyを使った場合を紹介しましたが、WeChat Payの代理店は他にも何社かあります。
有名なところでいうと、JC Connectやアプラス、HANA Paymentなどです。
それぞれ導入にかかる期間や手数料などが違いますので、気になった方は調べて一番条件が良いと思ったところに申し込んでも良いでしょう。

WeChat Pay(ウィーチャットペイ)の導入にかかる費用

こちらのCoineyを活用してWeChat Payを導入する際は、特に大きな設備投資は必要ありません。
クレジットカード決済の導入の際は専用の機器が必要な場合がありますが、WeChat Payの場合は違います。
iOSかAndroidのスマホ、あるいはタブレットがあればすぐに申し込みが可能で、その後もスマホやタブレットだけで利用ができます。
ですので、手持ちの端末があれば費用はかかりません。
小さな個人経営の店舗であれば、店長のスマホにアプリを入れておいても良いでしょう。

スタッフみんなが使えるように考えるのであれば、やはり1台専用の端末は用意しておくべきですね。
専用端末なら容量はいらないので、iPhoneであれば型次第で6万円弱から購入できます。
Android端末なら3万円前後で買えるものも多いです。
あるいは中古機器などで用意すれば初期投資はより安く済みます。
得られるメリットの事を考えれば、十分安い投資と言えるのではないでしょうか。

端末以外に必要なものとしては、決済用のアプリがあります。
このアプリは審査が終わった段階で無料でダウンロードすることができます。
つまり、上記の端末代以外は本当に初期費用はかからずに、WeChat Payを使い始めることができるのです。

もちろんCoineyは代理店ですので、利用に際しては決済手数料が必要になります。
とはいえ、その決済手数料も3.24%と高くない金額です。
これはCoineyに限らず、どの代理店でも手数料はかかります。
売上を伸ばすためにも、代理店を通してWeChat Payの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

WeChat Pay(ウィーチャットペイ)での決済方法

WeChat Payを導入したあと、実際にはどのような流れで決済を進めていくのでしょうか。
仮に利用客が多かったとしても、オペレーションが増えてしまうのであれば、導入にも二の足を踏んでしまいますよね。

ですがご安心ください。
WeChat Payの決済方法はお客様側も店舗側も簡単に済ませられます。
具体的には3ステップで済む非常に簡単な方法で、中国人客だけでなく店舗にもメリットがある方法と言えます。

以下がWeChat Payでの決済のステップです。
1.買い物客がWeChat Payのアプリから支払い用QRコードを表示
2.店舗側がCoineyアプリを起動しQRコードをスキャンする
3.決済が完了し、お客様のアプリにレシートメールが届く

基本的な流れは日本で使われているpaypayやLINE payと同じ決済のやり方と思っていれば大丈夫です。
このようにシンプルで簡単な決済方法なので、バイトでもすぐに覚えられて使えます。
新しい方法を導入しても、覚えることが少なくて済むなら安心して使えますね。

必要なことといえば、レジの横に決済用のiPadやAndroidの端末を用意しておくだけです。
お会計の際に端末を持ってきて、お客様のスマホにかざすだけで大丈夫なのです。
暗証番号の入力やサインがいらず、紙の利用明細を出さなくて良い分クレジットカード支払いよりも楽といえるかもしれません。

今後、インバウンド需要が増えていき、日本語がしゃべれない中国人観光客が増えた際、決済の方法を説明するのは非常に負担になるはずです。
ですがWeChat Payなら彼らの方が慣れ親しんでいますので、スムーズに決済ができてトラブルにもなりづらいです。
そういったトラブル回避という意味でも、WeChat Payを導入しておくと安心できるかもしれませんね。

まとめ

いまや訪日外国人は無視できない重要顧客であり、中でも中国人は最多の訪日数です。
その中国人客を取り逃がさないためにも、彼らの決済手段であるWeChat Payの導入は今や必須といえます。

店舗が導入するためには代理店を通す必要があります。
手数料は必要になりますが、トラブルが起こっても豊富な事例を元に対応ができるので安心して活用できます。
訪日外国人にも対応して売上を伸ばしたいのであれば、WeChat Payの導入は必須ですよ。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。