ドコモユーザー狙うなら!d払いの店舗への導入方法と決済手数料まとめ

d払いのロゴ

キャッシュレスは文字通り、現金を使うことなく支払いをする方法のことです。経済産業省がキャッシュレスの推進に取り組んでいる影響もあって、関心を寄せている店舗の経営者も多いのではないでしょうか。そこでこちらでは、店舗へのキャッシュレス決済の導入に際し、ドコモユーザーの顧客獲得が期待できるd払いの導入方法や、決済手数料などについての情報を分かりやすく説明します。

そもそもキャッシュレスってなに?

最近、耳にすることが多くなったキャッシュレス決済ですが、実はずいぶん以前から社会の中に溶け込んでいるシステムなのです。
買い物やレストランで食事したときの支払いに使われるクレジットカードやデビットカードはもちろんのこと、電車やバスに乗るときに使っているSuicaやPASMOに代表される交通系ICカードもキャッシュレス決済です。
水道代や電気代などの公共料金の支払いを、銀行口座から自動引き落としにしているとすれば、それもやはり現金で支払っていないわけですから、キャッシュレスということになります。
会社からの給料を、現金手渡しではなく、銀行振り込みで受け取っている場合も同様ですよね。
キャッシュレスは、すでに生活の広い範囲で使われているなじみ深い方法なのです。

キャッシュレスの決済方法は、3種類に分けられています。
1つ目は前払いで、プリペイド方式とも呼ばれる方法です。
交通系ICカードのような電子マネーなどが、この決済方法を採用しています。
前もってお金をチャージすると、その金額が記録媒体に情報として登録され、そこから支払いをおこなうシステムです。
当然、あらかじめチャージしてある金額の範囲内でしか支払いはできません。
しかしその反面、使用する金額のコントロールがしやすい方式といえます。

もう1つは即時払い、もしくは、リアルタイムペイといわれるタイプです。
商品を購入したり、サービスの提供を受けたりしたときに即時払いの決済方法で支払うと、そのタイミングで金融機関の口座から代金が引き落とされるシステムです。
例を挙げると、デビットカードが即時払いの決済方法を取っています。
こちらは、口座に入っている金額内での支払いに対応しています。

最後の1つは後払い、つまりポストペイで、クレジットカードなどがこれにあたります。
たとえば、店舗などで商品を購入しても、半月から一カ月してから決済がおこなわれる方法です。
スマートフォンの普及により利用されはじめたスマホによる支払いも、このうちのどれかの決済方法を採用しているキャッシュレスになります。

注目したいスマホ決済!仕組みについて知っておこう!

スマホ決済とは、読んで字のごとく、スマートフォンを使った決済のことです。
レジで支払いをおこなうときに、財布からお金を取り出す代わりにスマートフォンを利用して支払います。
スマートフォンに記録してある情報を読み取って、それを基に決済をしようという仕組みです。
スマホ決済は、タッチ決済とコード決済の2つの方式に分けられます。
タッチ決済ではリーダーにスマホをかざして決済する方式で、Suicaやnanacoなどはこちらのタイプです。
非接触型決済や非接触IC決済と呼ばれることもあります。
Suicaを例にすると、モバイルSuicaのアプリやGoogle PayやApple PayでSuicaを使って支払いをおこなうのです。
タッチ決済はすべてのスマホに対応しているというわけではなく、使える端末とそうでない端末があります。

コード決済のほうは、タッチ決済には対応していないような古い端末でも利用できる方式です。
d払いも、コード決済を採用しているシステムです。
そのほかにもPayPayやLINE Pay、楽天ペイなど、たくさんのスマホ決済がこちらに含まれています。
コード決済は、タッチ決済と違って、ICチップを読み取るための専用端末を準備する必要がありません。

QRコードと呼ばれることもあるコード決済は、さらにコード表示タイプとコードスキャンタイプの2種類に分類されています。
コード表示タイプでは、お客が自分のスマートフォンのアプリにQRコードやバーコードを表示して、それを店舗側がリーダーで読み取り作業をします。
コードスキャンタイプのほうは、店舗内のレジのところにバーコードを表示しておくのです。
それをお客が自分のスマートフォンのアプリから、カメラ機能を利用して読み取るところから始まります。
それに引き続き、お客がスマートフォンに支払う金額を入力して、それを店舗側が正しいかをチェックします。
確認が終わったら支払いボタンをタップし、完了するという流れです。

コードスキャンタイプは、一見すると現金での支払いよりも工程が多くなっています。
しかし、店舗への導入方法は簡単で、わざわざ読み取り装置を設置する必要などはありません。
QRコードやバーコードを、お客がスマートフォンで読み取ることができる場所に提示するだけで済みます。
高額な設備投資などは不要なため、店舗側の負担は抑えることができます。
お客側からしても、スマートフォンにカメラ機能が使えるため、最新の端末ではない場合でも利用可能です。
店の負担は少なく、さらに、たくさんのお客が利用可能だということになりますよね。
そのため、QRコード決済を利用するスマホ決済は、個人商店でも導入しやすいキャッシュレスの方式だといえるのではないでしょうか。

ドコモユーザーを呼び込める?スマホ決済「d払い」

キャッシュレス決済への期待が高まるなか、たくさんの企業がQRコード決済の展開を開始しています。
d払いは、情報通信業の分野でのトップ企業であるNTTドコモが提供しているスマホ決済サービスのことです。
店舗などで買い物をしたときの会計を、電話料金と合算して支払うキャリア決済で、月間1500万人もの利用者が使っているのです。
お客がd払いを利用するためには事前の申し込みもいらず、しかも無料であるため、気軽に安心して使えるところもポイントとなっています。

お客にとってd払いは魅力の大きな支払い方法で、d払いで商品やサービスの会計をおこなうと、dポイントを貯めることができるのです。
ネットショッピングでは100円支払うごとに1ポイント、実店舗で買い物をすると200円につき1ポイント貯まるという楽しみがついてくる仕組みになっています。
NTTドコモはそのほかにも、d払いでふるさと納税ができるシステムを提供したり、さまざまなキャンペーンをおこなったりしています。
d払いのユーザーにdポイントを集めやすくするサービスを積極的に展開しているのですね。

また、d払いに設定できる支払い方法もバラエティーに富んでいて、クレジットカード以外でも利用可能です。
そのため、クレジットカードを持つことができない未成年でも、d払いをつかえるわけです。
口座払いにしたり、ドコモユーザーでしたら毎月の電話料金と合算して支払ったりすることもできます。
この点は、キャリア決済ならではの手軽さともいえるでしょう。
もちろん、貯まったdポイントをd払いでの支払いに回すことも可能です。
d払いは専用のアプリをスマートフォンにダウンロードしてから使用します。
アプリの設定機能で利用金額の制限もできるので、使い過ぎの防止にも役立ってくれます。
初めてスマホ決済を使うという利用者にも、ハードルが低いのではないでしょうか。
キャッシュレス決済の導入を考えている店舗側にとっても、コード表示タイプとコードスキャンタイプのどちらでも対応が可能なので、利用しやすいシステムだといえそうです。

キャッシュレス決済の「d払い」導入方法はカンタンなの?手数料は?

店舗への導入方法ですが、コードスキャンタイプを選んだ場合は決済用のバーコードを店舗のレジのところに設置するだけで使えるようになります。
店頭にバーコードを置くだけなのでスペースを取ることもないため、小さめの店舗でも問題はありませんね。
マルチバーコードに対応しているクラウドペイを利用してd払いの決済サービスを使えるようにした場合、初期費用や月額費用などは不要です。
ただ、加盟店の売上管理ツールにアクセスするために、インターネット回線に接続されているパソコン、タブレット、スマートフォンのいずれかが必要になります。

クラウドペイでd払いの決済をしたときの手数料は、税込みで3.24%です。
入金は月2回になっていて、毎月15日までの分は当月末に、月末までに発生した分は翌月15日に入金されます。
なお、申し込みはクラウドペイの決済サービスを運営している会社のホームページからおこなうことが可能です。
WEB申し込みの画面に入り、必要事項を入力します。
事務局から必要書類の提出依頼メールが届くので、記載のURLにアクセスしてアップロードします。
提出する書類には、本人確認書類として住民票や運転免許証などのコピーや、個人事業の開業届出書、店舗の外観写真などが含まれます。

事務局で提出された書類を確認したあと、内容への同意依頼のメールが送られてきますが、こちらもオンラインでの対応で大丈夫です。
審査に通過するとスターターキットが送られてくるので、そこに含まれているQRコードを店頭に設置すればキャッシュレス決済ができるようになります。
通常、申し込みから1~2カ月くらいで審査が終わり、スターターキットが送付される流れです。

コード表示タイプを導入して、タブレット、POS、もしくは専用端末で使うことを検討しているケースでは、導入パートナーのシステムを経由して接続し、d払い決済をおこなうことになります。
導入パートナーの会社は複数あり、POSレジや小型決済端末、タブレットなどからの導入をサポートしています。
これらの企業には、WEBやメールでの問い合わせが可能です。

どんなメリットが期待できる?d払いなどのキャッシュレス決済!

店舗がd払いを導入することのメリットの1つは、顧客の拡大が期待できることです。
d払いはNTTドコモのキャリア決済なので、店がそのシステムと連携することは、ドコモユーザーである約5000万人が利用してくれるというポテンシャルを秘めていることになりますよね。
dポイントを集めたいと思っているお客の場合、ポイントのメリットを考慮して、d払いに対応している店舗を選んで買い物してくれることもあるのではないでしょうか。
お客の来店が増えて、商品やサービスをたくさん利用してくれると、事業の活性化にもつながります。

キャッシュレス決済を導入すると、会計の作業そのものがシンプルになると同時に、自動的にお金の流れが記録されることになります。
すると会計にかかる時間が短縮されたり、会計で発生するミスを防いだりすることも可能です。
つまり、店の業務効率が改善され、アップされることにもなるでしょう。
会計が楽になることは、店舗側だけではなくお客のメリットにもつながります。
会計がスピーディーにおこなわれるようになれば、レジに列をなして待つ必要もなくなりますよ。
快適に買い物ができる店のほうを、お客は選択するようになるものなのではないでしょうか。
するとやはり、顧客の獲得にもつながりますよね。

d払いを導入すると、コスト面でもメリットが期待できます。
同じキャッシュレスでもクレジットカード決済では、店舗側が負担しなければならない手数料は5~6%ほどです。
しかしスマホ決済の手数料は、それよりも低く設定されています。
d払いのコードスキャンタイプをクラウドペイでおこなった場合、手数料は税込みで3.24%です。
導入費用もかからず、申し込みもWEBからおこなうことができるので手軽です。
月額利用料もいらず、レジ付近にQRコードを設置しておけばいいだけなので、特別な維持コストも必要ないというところも、ポイントが高いところだといえそうです。

キャッシュレス決済でどうかわる?d払いはデメリットある?

d払いを導入することのデメリットといえば、決済に手数料がかかることでしょう。
しかし、顧客拡大を望むことができて、初期費用や維持費もかからないため、負担になるほどの大きなデメリットになるとは、言い切れないのではないでしょうか。
ただ、今後、海外から訪れる観光客が増加することが予想されるので、その対応としてもキャッシュレス決済が必要になりますよね。
d払いはNTTドコモのキャリア決済なので、どちらかというと日本国内のお客を対象としたサービスです。
しかし、クラウドペイはマルチバーコートに対応しています。
こちらを利用してd払い決済をおこなうケースだと、d払いのほかにも利用できる決済システムがあります。
よって、十分にインバウンド対策としても通用するのではないでしょうか。

まとめ

経済産業省も後押ししていることもあって、注目度が上がっているキャッシュレス決済。
QRコードを設置するだけのコードスキャンタイプの決済方法だと、初期費用や月額利用料も不必要でランニングコストもかかりません。
d払いなどのキャッシュレス決済を導入することでお客と店舗の両方にメリットがあるとしたら、前向きに検討してみることも大切なのではないでしょうか。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。