PASMOでポイント還元サービス開始!事前登録方法と概要徹底解説!

2019年9月27日

PASMOキャンペーン画像

メディアで取り上げられているキャッシュレス決済、あまり身近に感じていない人も多いのではないのでしょうか。
ですが、すでに身近にあって何気なく日常で使っているPASMOもキャッシュレスなのです。
そんな身近にあるPASMOですが、実は交通費だけでなくお店でも利用することができ、10月から実施される「キャッシュレス・消費者還元事業」の還元キャンペーンにPASMOも対応しています。
こちらの記事ではPASMOを使った際にどんなおトクを得ることができるのか解説致します。

PASMOとは?

首都圏を主とした交通系電子マネーでお金をチャージすることで、鉄道やバス、自動販売機や店舗で利用することができ、切符やお財布の代わりになるICカードです。

キャンペーン概要

「2019年10月から2020年6月まで」の間で対象の店舗でPASMOを利用してお買い物をすると最大で5%ポイント還元を受けることができます。
ポイントは1ポイント(1円)として10円単位でPASMOにチャージすることができます。
対象の店舗は「キャッシュレス・消費者還元事業」に参画した店舗で↓こちらが目印になっています。

キャッシュレス・消費者還元事業対象ポスター

付与されるポイントは
 ・中小、小規模店舗などでは購入金額の「5%」
 ・プランチャイズに属する中小、小規模店舗などでは「2%」
となっております。

期間内の集計は3回実施され、各集計最大20000ポイントまで還元されます。
 ・1回目集計:2019年10月1日から2019年12月31日(還元期間:1月)
 ・2回目集計:2020年1月1日から2020年3月31日(還元期間:4月)
 ・3回目集計:2020年4月1日から2020年6月30日(還元期間:7月)
集計期間を経過した後に案内メールが届き、還元の方法や引き換え番号が記載されており、メールに記載されている案内に従い、還元場所でPASMOへのチャージを受けることができます。
※還元期間を超えた場合、ポイントは失効となります。
※PASMO残額と還元額を合算して、20,000円を超えてしまう場合は還元を受けることができませんので、ご注意ください。

キャンペーンの参加方法

キャンペーンの参加には会員登録をする必要があり、インターネット上から簡単に行うことができます。
登録は簡単で3つのステップを踏むだけで完了することができます。
 手順1:メールアドレスの登録
 手順2:本情報の登録
 手順3:マイページへログイン
PASMOに記載されている番号が必要になりますので、お手元に登録したいPASMOをご準備の上、登録ください。

手順1:メールアドレスの登録

PASMOのキャンペーンページをアクセスし、会員登録を選択します。
メールアドレスを入力し、ページを進めると登録用のURLが記載されたメールが送信されます。

PASMO登録画像


PASMO登録画像

手順2:本情報の登録

受信したメールに記載されているURLにアクセスし、必要な情報を入力します。
 ・PASMOのID番号
 ・氏名
 ・郵便番号
 ・住所
 ・電話番号
 ・生年月日
 ・パスワード
 ※PASMOのID番号については裏面に記載されています。
入力が完了したら、次画面へ進みます。
本登録完了の画面と確認のメールが送信されます。

PASMO登録画像


PASMO登録画像


PASMO登録画像

手順3:マイページへログイン

受信したメールに記載のURLへアクセスします。
ログイン画面に進みますので、登録時に入力したメールアドレスとパスワードを使ってログインします。
マイページに進むことができたら登録完了です。

PASMO登録画像


PASMO登録画像


PASMO登録画像

まとめ

交通系電子マネーとして浸透しているPASMO、鉄道やバスだけでなくお店でも使うことができますが、鉄道やパス、駅の自動販売機以外でも利用しているという人は少ないのではないでしょうか。
簡単な手続きでいつも使っているPASMOが、様々なところでおトクに利用することができ、 一集計期間で最大20000円分のポイントがもらえるのはとても大きいのではないでしょうか。

メディアで盛り上がっているキャッシュレス決済、おトクで便利!とは聞くけれど、新たなサービスに手を伸ばす不安もあると思います。
まずは身近に使っているPASMOからキャッシュレスの使い方を広げちゃいませんか。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。