事前チャージ不要なスマホ決済とは?徹底解説!

2019年9月10日

キャッシュレス決済イメージ

これまで決済方法といえば現金払いやクレジットカード払いなどが主流でしたが、テクノロジーが劇的に発展したこともあり現代ではスマホ決済を使う人が増えてきました。
スマホ決済はキャッシュレス社会の実現においてなくてはならない手段といっても過言ではありません。
中でも、事前にチャージすることなく使える決済はとても便利な決済方法です。
今回は事前チャージ不要のスマホ決済の特徴を徹底解説していきます。

スマホ決済とは

スマホ決済とは、現金やクレジットカードの代わりにスマホで支払いができる仕組みのことです。
決済方法はさまざまで、プリペイド払いや後払い、即払いなど利用者自身が選択できます。
QRコード決済やIC決済など、スマホひとつであらゆる決済が可能になるので、積極的に利用すれば生活の質を大幅にあげることができるでしょう。
キャッシュレス化が進む社会において非常に重要な仕組みになるといって間違いありません。

スマホ決済のチャージとは

スマホ決済のチャージとは、プリベイト払いをする際に事前に現金を電子マネー化しておくことを指します。
Suicaの残高が足りないと駅の改札が通れなくなるのと同じように、プリペイド払いを行う際はあらかじめチャージをして電子マネーを補充しておかなければなりません。
チャージは、お店のレジで行う、貯まったポイントを電子マネーに交換する、銀行口座からお金を移動するなどさまざまな方法があります。

チャージ不要なスマホ決済について

スマホにクレジットカードや銀行口座を紐づければ、事前チャージ不要で決済することができます。
口座情報やカード情報を登録しておくだけで、クレジット払いやデビット払いなど、あらゆる方法で柔軟な支払いが可能になるので、利便性が飛躍的に向上します。

メリット

まず、これはスマホを使ったキャッシュレス決済全般にいえることですが、現金を持ち歩かずに済む点は真っ先に挙げられるメリットでしょう。
ただし、チャージ式の決済方法の場合、いくら入っているのかを常に気にしておく必要があります。
残金が少なくなってしまうとチャージ手続きをしなくてはなりませんが、必ずしもすぐにチャージできるとは限りません。
もし残高が少ないことに気がつかずにレジに並んだ場合、会計することができないということもあるでしょう。
その点、チャージ不要なスマホの決済方法なら、残金を気にせず行動できるので、気軽にお店に入ることができます。
また、充電さえしておけば、緊急時にも使えることもメリットのひとつといえます。

現金やクレジットカード決済と比べても、決済がスムーズになるという点も忘れてはなりません。
現金払いの場合、現金を数えてお釣りを計算する必要があります。
また、クレジットカードで支払う場合もスキャン後、サインしなければなりません。
決済を完了するまでにいくつもの工程があるため、手間や時間がかかってしまいますが、クレジットカードや銀行口座と紐づけたスマホで決済する場合は、スマホをかざすだけで支払いが完了します。
お釣りを受け取る必要もサインをする必要もなく、ほんのわずかな時間で決済を完了させることができるという点は大きな強みといえるでしょう。

現金の受け渡しがなくなるのも大きなポイントです。
現金で決済するとなると直接現金を受け渡ししなければなりませんが、その過程でどこか一部分でもミスがあれば勘定が合わなくなってしまいます。
全ての作業を正確に行わなければならないという点で煩わしさがあるのは否めません。
スマホで決済すればそのような煩わしい作業を全て省略することができるので、現金の数え間違いなどのミスを排除することができます。

お金の管理が簡単になるのもスマホ決済の特徴です。
お金を適切に管理するとなると、家計簿などでお金の出入りを把握しておかなければなりません。
しかし、いざ帳簿をつけるとなると面倒に感じたり、レシートを紛失したりしてなかなか正確に管理できないことが多いのも事実です。
しかし、スマホで決済すればアプリが決済する度にそのデータを記録してくれます。
自分で帳簿をつけなくてもアプリを立ち上げるだけで簡単にお金の出入りを把握できるのは、スマホ決済ならではのメリットといえるでしょう。

ポイントがつくのも消費者にとっては有り難いポイントです。
利用額が大きくなればなるほどたくさんのポイントが還元されるため、支払いをスマホに統一しておくだけでかなりのポイントが溜まっていくでしょう。
現金払いを続けてもせいぜい貯まるのはお店のスタンプカードくらいです。
現金払いを続けるのはたくさんの機会損失を重ねることといっても過言ではありません。
その点、スマホで決済すれば決済アプリのポイント、クレジットカード会社のポイント、お店が独自に行なっているキャンペーンのポイントなど、利用する度にさまざまな恩恵を受けられます。

デメリット

メリットがある一方で、デメリットがあるのも事実です。
まず一番に挙げられるのは、データ漏えいのリスクが常につきまとうという点でしょう。
すでにいくつかのサービスでは不正アクセスなどの問題が明るみになっています。
その場合、プリペイドなどチャージ式の決済方法であれば、盗難や不正利用などの被害に遭ったとしても、被害額はチャージしている金額内に収まりますが、クレジットカードや銀行口座の場合は、被害額が多くなってしまう可能性が高くなります。
そのため、サービスを選定する際は、セキュリティがしっかり整備されているかをしっかりと確かめなければなりません。
また、スマホ本体の盗難や紛失など、トラブルが起きた際の補償制度なども確認しておく必要があります。

また、ついつい使いすぎてしまうケースも想定しておきましょう。
チャージ不要なスマホ決済は非常に便利なうえ、残金に関係なく決済することができるので、浪費を招きやすくなっています。
浪費を抑えるには、アプリに記録された決済データを確認しながら、どのくらいお金を使っているのかを常に把握しておかなければならないでしょう。

まとめ

スマホ決済を利用すれば、支払いにかかる時間を大幅に短縮できたり勘定ミスをなくしたりできたりするので、非常に利便性が向上します。
また、あらゆるサービスでポイントが還元されるためお得に利用することができます。
生活の質をあげるためにも、メリット・デメリットをしっかり把握しながら上手にスマホ決済を利用していきましょう。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。