請求書支払いができるスマホ決済とは?徹底解説!

2019年9月10日

キャッシュレス決済イメージ

CMなどでスマホ決済のポイント還元について目にする機会が増えました。
実際、スマホ決済はキャッシュレスで便利な決済方法として多くの人の注目を集めています。
そのうち、ここでは請求書支払いとは何か、請求書支払いができるアプリにはどんなものがあるか、請求書支払いのメリット・デメリットは何かをお伝えします。
公共料金をコンビニで支払っている人は、損をしている可能性が高いでしょう。

スマホ決済とは

クレジットカード払いに次いで現れたキャッシュレス決済であるスマホ決済。
スマホ決済とは、飲食店や小売店などで現金を支払う代わりにスマートフォンを利用して支払いを済ませることです。
大きく分けてスマホを専用端末にかざして支払う非接触型決済とQRコードを読み取って支払うQRコード決済があります。
QR決済には、店側のQRコードを読み取る場合と自分のスマホに表示させたQRコードを読み取ってもらう場合があります。

例を挙げると、Suicaやnanaco、QUICKPayが非接触型決済であり、LINEPayやファミペイ、PayPayがQRコード決済です。
より古くからあるのは非接触型決済で、テレビCMや還元キャンペーンなどでQRコード決済は広く知られるようになりました。
ちなみに、接触型決済とはクレジットカード払いで、専用端末で直接カードの情報を読み取る必要があるので、そのように呼ばれています。
Suicaやnanacoで支払うときには店員にカードを預けないのに対し、クレジットカードは支払い時に店員に預けることを思い出すとわかりやすいでしょう。
接触型はセキュリティ性がより高く、非接触型は利便性がより高いのが特徴です。

請求書支払いとは

請求書支払いとは、1カ月分の利用料金を月末締めで合算させて翌月の末にコンビニ払いまたは銀行振り込みにて支払う方法です。
一般には法人及び個人事業主しか利用することができませんが、企業対企業の取引では利用頻度の高い支払方法です。
多くの場合、あらかじめ与信審査が必要とされ、月額利用料金に上限が設けられています。
メジャーなものとして、株式会社ネットプロダクションズ(NP)が請求書を発行するNP掛け払いがあります。
この場合、支払請求権が株式会社ネットプロダクションズに譲渡され、利用者は株式会社ネットプロダクションズに代金を支払います。
そのほかクロネコ掛け払いなどがあります。

請求書支払いができるスマホ決済について

請求書支払いは主に法人・個人事業主が利用する支払方法ですが、公共料金について、毎月後半に請求書が届き、コンビニなどで支払っている人もいるでしょう。
スマホ決済で請求書支払いができる主なものとしては、LINE Pay、Yahoo! Japan、PayBが挙げられます。
公共料金の請求書に記載されているバーコードをアプリのコードリーダーで読み込み、決済します。
例えばLinePayであれば、Lineを開いて、ウォレットの中から「請求書支払」をタップします。
パスワードを入力すると、コードリーダーが立ち上がるので、請求書に記載されたバーコードを読み取りましょう。
バーコードをうまく読み取れない場合にはカメラを移動させてみてください。次に請求内容を確認して、パスワードを入力すると支払いが完了します。
これまでにLinePayを利用したことがなければLinePayの登録も必要です。

企業によっては対応していないところもありますが、いわゆる大手と呼ばれる電力会社・ガス会社・水道局であれば問題なく請求書支払いができるでしょう。
PayBは、LINE PayやYahoo! Japanに比べると知名度が低いかもしれません。
請求書による支払いに特化したサービスで、税金や公共料金の支払いに便利なアプリです。
そのほか公共料金以外にも税金やネット通販の代金を請求書払いで払えることもあります。

メリット

一般にスマホによる決済であれば小銭をいちいち探さなくても細かい金額まで支払えるため、スムーズに会計を済ますことができます。
また、それまでコンビニで公共料金を支払っていた人がスマホによる決済に切り替えれば、自宅にいながらにして支払いを済ませられるので手間が省けます。
加えて支払い後に決済完了を知らせるメッセージが届くので、当月の公共料金を支払ったかどうか一目瞭然です。
その代わり、当然ながら手元の請求書には領収印が押されないので、スマホによる決済に慣れないうちは領収印の押していない請求書に惑わされるかもしれません。
領収書を保管しておく必要があり、混乱する可能性がある場合には、自分で「支払い済み」などと書いておくことをおすすめします。

さらに、アプリごとに還元キャンペーンを実施していることも多いので、公共料金などの支払いでポイントを獲得できることもあります。
キャンペーン情報に目を配らせておけば、お得に過ごすことができるはずです。
1回ごとのポイント自体はあまり高くないかもしれませんが、公共料金は毎月支払わなければならないので積み重ねるとそれなりの金額になるでしょう。

デメリット

スマホのアプリが銀行口座と紐づいていなければ、公共料金などの支払い前にチャージする必要があります。
そのため、請求書支払いをしたいと思っても、残高がほとんどなければ支払えません。
銀行口座を登録すれば支払えますが、セキュリティの関係上銀行口座を登録したくないのであれば、残高に注意しましょう。
また、スマホ決済はスマホを必要とするので、ガラケーなど機種によっては対応していないことがあります。

スマホによる決済に限らず、口座振替やクレジットカード払いでも割引やポイント還元があります。
状況によってはスマホ決済よりもお得になることがあるので、自分のケースではいずれの支払方法がお得なのかをあらかじめ確認しておいた方がいいでしょう。
たとえば口座振替で50円お得になる人が4000円の電気代を支払おうとする場合、ポイント還元率が1%であれば、40円のポイント還元を受けるよりも50円割り引いてもらったほうがお得です。
これに対し、1万円の電気代を支払おうとするならば、よりポイント還元率の高い支払方法を選んだほうがお得になるでしょう。

まとめ

キャッシュレスで便利なスマホ決済。
スマホ決済が普及するにつれ、対象となる店舗・サービスは増加傾向にあります。
バーコードを読み取るだけで簡単に支払うことができるので、公共料金をコンビニで支払っているならば、スマホ決済に切り替えてみてはいかがでしょうか。
状況によっては、口座振替やクレジットカード払いよりもお得になることがありますよ。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。