オンライン決済ができるスマホ決済とは?徹底解説!

2019年9月10日

キャッシュレス決済イメージ

スマホ決済サービスの中には、オンライン決済に対応しているものがあります。
オンライン決済とは、インターネットの通販やチケットの手配などに使える支払い方法です。
オンライン決済ができるマホ決済サービスを導入することで、自宅でも外出先でも便利に買い物ができるようになります。
そこで、オンライン決済ができるスマホ決済サービスの種類や、利用するメリットやデメリットなどを紹介します。

スマホ決済とは

スマホ決済とは、キャッシュレス決済の手段の一つです。
決済方法には大きく分けて非接触型IC決済とQRコード決済の2種類があります。
非接触型IC決済とはNFCとも呼ばれ、店舗に設置された専用端末にスマートフォンをかざす方法です。
お財布ケータイやEdy、Apple Pay、Google Payなどが分類されます。
非接触型IC決済を利用するには、スマートフォンに決済アプリをダウンロードしたうえで、クレジットカードや電子マネーを登録しなければいけません。
ただし、非接触型IC決済はスマートフォンの種類によっては利用できないものもあるので注意が必要です。

QRコード決済とは

店舗側が提示するQRコードをユーザーが読み取ったり、ユーザーの端末に表示されたQRコードをレジで読み取ってもらったりすることで決済を行います。
PayPayやLINE Pay、メルペイなどが代表的なQRコード決済アプリです。
さらに、支払い方法には前払い、即時支払い、後払いの3種類が存在します。

前払いとは

プリペイドカードのように、事前に入金しておく方法です。
利用する金額だけをチャージすれば良いので、使い過ぎる心配がなく、お金の管理もしやすいというメリットがあります。

即時払いとは

デビットカードのように、決済すると同時に紐づけた銀行口座の残高から支払いが行われる方法です。
決済した金額がリアルタイムで引き落とされるので、口座に入っている残高以上の金額は利用できません。
そのため、前払いと同じく、お金の使い過ぎを予防しながら使うことができます。

後払いとは

クレジットカードのように毎月1回、決められた日にまとめて支払いを行う方法です。
後払いはチャージを行う必要がなく、高額な買い物でも利用できるというメリットがあります。
さらに、クレジットカードのようにサインや暗証番号を求められることもありません。

オンライン決済とは

オンライン決済とは、インターネット上で支払いが完了する決済方法です。
インターネット通販やホテルの予約、飛行機や新幹線のチケットの購入など、あらゆるサービスで利用できます。
コンビニ払いやキャリア決済、ネットバンキング決済などが代表的な決済方法です。
一方、オフライン決済とは店頭の専用端末などを通して信用照会を行い、決済を行う方法を指します。
交通系ICカードや、各店舗が独自に導入しているポイントカードを使った決済などが代表的です。
なお、クレジットカードやデビットカード、電子マネー、QRコード決済アプリには、オンラインとオフラインの両方で利用できるものもあります。

オンライン決済ができるスマホ決済について

オンライン決済ができるスマホ決済サービスとして知られるのは、PayPayやLINE Pay、楽天ペイ、d払い、au PAYなどです。PayPayは2019年6月から対応しています。
利用できるのはYahoo!ショッピングとヤフオク!です。
ヤフオク!での売り上げをPayPayにチャージして、全国の加盟店で利用することもできます。
LINE Payはコミュニケーションアプリ「LINE」のユーザーが利用できるキャッシュレス決済サービスです。
利用する前に紐づけた口座やクレジットカードから入金する必要があります。

楽天ペイは国内最大級のECモール「楽天市場」で知られる楽天株式会社が提供するキャッシュレス決済サービスです。
コンビニエンスストアや飲食店、映画館など、全国の加盟店で利用できます。
支払い額に応じて楽天スーパーポイントが貯まるのも大きな特徴です。
貯まったポイントは楽天ペイの提携サイトや加盟店で買い物をする際に使えます。
既に楽天カードや楽天銀行などを利用している人なら、さらに効率的にポイントを貯められるでしょう。

d払いとau PAYは、どちらもキャリア決済ができるキャッシュレス決済サービスです。
支払い額を携帯電話の利用料金と合算して支払うことができます。
なお、d払いはドコモユーザー以外でも利用可能です。
クレジットカードと紐づければ、dポイントとクレジットカードの固有ポイントを二重取りできます。
一方、au PAYを利用するには、au回線の契約していることと、au WALLETプリペイドカードを所有していることが条件となります。

メリット

オンライン決済を利用する大きなメリットは、わざわざ店頭に行かなくても、自宅で買い物や支払いが完了するという点です。
ポイント制度を導入している決済サービスも多く、買い物をするたびに利用額に応じたポイントが付与されます。
さらに、オンライン決済が利用できる決済サービスなら、外出した際にも役立つでしょう。
会計の度に財布を取り出す必要もなく、QRコードを読み取ったり、スマートフォンを専用端末にかざしたりするだけで完了します。
アプリをダウンロードして、クレジットカードや銀行口座を登録するだけで利用できるため、設定も非常に簡単です。
個人送金機能や割り勘機能など、便利な機能が使えるアプリもあります。

デメリット

オンラインで決済できるスマホ決済サービスは非常に便利な一方で、いくつかのデメリットもあります。
まず、オンライン決済サービスはクレジットカードが必要な場合が多く、学生などクレジットカードが作れない人が利用するのは難しいです。
また、スマホ決済サービスを利用すると、紙のレシートや領収書は発行されません。
ただし、アプリ内の利用履歴を確認すれば、利用した日時や場所、金額などを確認することができます。
さらに、スマートフォンの電池が無くなってしまうと、スマホ決済を使うことはできません。
特に、外出先では充電できる場所が見つからず、決済したいときに限って電池が切れてしまう可能性もあります。
自宅以外の場所で利用する際は、電池の残量をこまめにチェックしましょう。

まとめ

オンライン決済に対応しているスマホ決済サービスを導入すれば、インターネットショッピングを利用する際も、外出先で支払いを行う際も役立ちます。
効率的にポイントを貯めたい人や、支払いをまとめてお金の管理を楽にしたい人にもぴったりです。
オンライン決済ができるスマホ決済サービスにはさまざまな種類があるので、ここで紹介した情報を参考に、使いやすい決済サービスを選びましょう。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。