電子マネー徹底比較!特徴やメリット・デメリット

2019年9月10日

マルチ決済端末イメージ

キャッシュレス決済の1つに、電子マネーがあります。
電子マネーとは何か知っていますか。言葉自体は知っていても、具体的にはどんなものなのか、どのような種類があるのかよくわかっていない人は多いでしょう。
この記事では、電子マネーとは何なのか、種類やメリット・デメリット、利用できる店舗などについて詳しく解説していきます。

電子マネーとは

電子マネーとはキャッシュレス決済の1つで、その名の通り電子化されたお金のことを言います。
電子的なデータのやりとりによって決済を完了させることができるため、現金を持ち歩かなくても買い物をすることが可能です。
カードやスマホなどを端末に読み込ませることで、支払いをおこないます。
さまざまな種類が出ているため、自分の使い方やよく使う店舗などに合わせて利用することが可能です。
クレジットカードのように審査が必要ないため、気軽に作ることができるのも特徴でしょう。

電子マネーの種類について

種類としては、交通系と商業系の2つがあります。

交通系電子マネーとは

Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)のことを指しており、全国のさまざまな交通機関が発行しています。
交通系の特徴は、電車やバスだけでなく、駅の中にある店舗や売店、コンビニなど幅広い店舗で使うことができる点でしょう。
また、全国相互利用できるものも多いため、1枚持っているだけで旅行先などでも便利に使うことが可能です。
Suicaの場合には、スマホ決済を利用することもできます。
おサイフケータイに対応しているスマホがあれば、Suicaアプリをインストールすることでカードがなくても利用が可能です。

商業系電子マネーとは

Edy(エディ)やiD(アイディ)、nanaco(ナナコ)といった、コンビニやスーパー、自動販売機などで使うことのできるものを指しています。
日常の買い物に利用できたりポイントが貯まったりと、普段使いしやすいことが特徴でしょう。
カードタイプだけでなくスマホに対応しているアプリケーション型、スマートウォッチなどの腕時計型など、さまざまなタイプがあります。

電子マネーの決済方法の違いについて

決済方法は、2つの種類があります。

前払い方式について

もっとも多いのが前払い方式です。
Suicaやnanaco、楽天Edyなどは前払い方式になっています。
前払い方式とは、プリペイドカードのようなものです。
利用する前に、自分が使いたい金額をカードやスマホにチャージしておくことで、買い物に利用できるようになります。
チャージしてある分しか使えないため、無計画に使うことがなくお金の管理をしやすいのが特徴です。

後払い方式について

QUICPayやiDがこれに当たります。
iDはチャージをして使う前払い方式での支払いも可能ですが、後払いで使うこともできます。
QUICPayやiDは簡易クレジットカードのような位置づけだと言えるでしょう。
QUICPayなどとクレジットカードを紐づけることによって、後払いでの利用が可能になります。

電子マネーのメリット

なんといっても現金を持ち歩かなくていいことがメリットとして挙げられるでしょう。カードやスマホさえあれば、簡単に支払うことが可能です。
そのため、財布を持ち歩く必要がなく、支払いのわずらわしさもありません。
現金での支払いだとどうしてもお釣りが出てしまい財布が重くなってしまう、小銭を出すのが面倒といった問題がありました。
しかし、電子マネーならカードやスマホを端末にピッと読み込ませるだけで支払いが完了します。
また、クレジットカードのように支払い時にサインを求められることもありません。
そのため、支払いにかかる時間も大幅に短縮できますし、わざわざ財布を持ち歩かなくても済むため、荷物を少なくすることが可能です。

ポイントが貯まることもメリットの1つです。
nanacoや楽天Edyは利用するごとにポイントが付与される形式になっています。
そのため、使えば使った分だけポイントを貯めることができますし、貯まったポイントを支払いに利用することも可能です。
また、チャージする際にクレジットカードを使えば、クレジットカードのポイントも貯まるため、ポイントの2重取りをすることもできます。

電子マネーのデメリット

デメリットとしては、セキュリティ面が挙げられます。
自分の電子マネーを使って勝手に決済されてしまう、電子的なスリにあってしまう可能性があるのです。
満員電車や人混みなどの密着しても不自然でない場所で、カバンや定期入れなどにスキミングの端末を近づけてカード情報を読み取り決済をしてしまうといった手口もあるので、注意が必要でしょう。

便利すぎて使いすぎてしまうケースがあることもデメリットです。
カードやスマホをかざすだけで支払いができるため、非常に気軽に買い物ができてしまいます。
そのため、ついつい使いすぎてしまうことも多いのです。
お金を支払っている感覚が薄いのも特徴でしょう。
現金で支払う場合には、財布に入っている分しか使えないため、考えて買い物をします。
しかし、電子マネーだとチャージさえしてあれば現金の有無にかかわらず支払いができてしまいます。
そのため、気づいたら余計なものまで買っていたというケースが少なくありません。
しっかりと自己管理しなければ、使いすぎてしまうことも多いので気をつけましょう。

電子マネーを利用できるお店

電子マネーが利用できる店舗は多くあります。
まずは、日常的に使うコンビニでしょう。
セブンイレブンやローソン、ファミリマートといった大手のコンビニでは利用することが可能です。
スーパーは、イトーヨーカドーやイオン系、APITA、サミットなど、全国のさまざまなスーパー各店で支払いに使えます。

ツルハドラッグやマツモトキヨシなどのドラッグストア、ブックオフやTSUTAYA、紀伊国屋書店といったブックストア、ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店、デパートや飲食店、ネットショップというように、幅広い店舗で利用できるので、日常使いにも便利です。
詳細店舗については、それぞれの公式サイトに記載がありますので、確認してみるといいでしょう。

まとめ

電子マネーを利用すれば、現金を使うことなく買い物ができます。
支払いをスムーズにおこなうことができる、ポイントが貯まる、さまざまな店舗で利用できるなど、メリットは多くあります。
ただし、便利過ぎて使いすぎてしまうケースもあるので、お金の管理には気をつけましょう。
審査などもなく簡単に利用できますから、一度使ってみてはどうでしょうか。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。