銀行Payとは?特徴や使い方とメリット・デメリット

2019年9月9日

キャッシュレス決済イメージ

銀行Payはゆうちょ銀行、横浜銀行、福岡銀行の各銀行が中心となって提供しているQRコード決済サービスの一つです。
QRコード決済サービスは民間企業のものを含めて多数存在しますが、銀行Payはゆうちょ銀行などの大手銀行がサービス提供していることで注目を集めています。
今回の記事では、この銀行Payのメリットやデメリット、特徴や使い方を解説していきます。

銀行Payとは

「銀行Pay」とは、キャッシュレスサービスの一つで、現在大きく注目されているQRコード決済の技術を取り入れた支払い方法です。
キャッシュレスサービスとはその名の通り、現金を必要としない、現金以外の決済方法を指します。
たとえば、クレジットカードを利用した支払い方法はキャッシュレス決済の代表格として有名でしょう。
その中でも、QRコード決済の技術を取り入れたものは利便性が高く導入も簡単なため、次世代の決済方法として注目されています。

また、QRコードを利用したキャッシュレス決済サービスは、大手企業も開発に参加しており、競争が激しくなっています。
そんな中、いくつかの銀行が主体となって立ち上げられたサービスが銀行Payです。
このサービスには、ゆうちょ銀行、横浜銀行、福岡銀行の各有名銀行が参加していることでも注目を集めています。
各銀行が提供しているサービスの名称はそれぞれ、ゆうちょPay、はまPay、YOKA!Payです。
技術的には、基盤となるシステムをGMO株式会社が開発し、その基盤をもとに各銀行がアレンジを加えて運営するという形です。

なお、銀行系のQRコード決済サービスは他にも、Bank PayやJ-Coin Payがあります。
ただ、将来的には競合するのではなく、相互利用が可能になるなどの協力関係が構築される可能性が高いでしょう。
なぜなら、そのほうが運営する銀行と利用者の双方にメリットがあるからです。

銀行Payはどんな人におすすめ?

銀行系のQRコード決済サービスは大きな安心感があります。
なぜなら、ゆうちょ銀行などの大手銀行が参加しているので、個人情報保護や安全性を第一に考えてシステム運営していることが想定できるからです。
もちろん、普段から多額の金銭を扱っている金融業としての実績も安心材料の一つとなるでしょう。
このような銀行が主体となってサービス運営しているという安心感は、他の企業系QRコード決済サービスにはありません。
したがって、QRコードを利用した決済サービスを使ってみたいけどセキュリティ面で不安がある、どのサービスを利用して良いか分からないといった初心者にはおすすめです。

その他、ゆうちょ銀行や横浜銀行などの口座をすでに持っている人も、当然のことながら使いやすいサービスです。
企業系のQRコード決済サービスはクレジットカードを登録して決済するものが存在しますが、ゆうちょPayなどの銀行系は口座から引き落とす形が基本です。
そのため、すでに該当銀行の口座を持っている人は、専用アプリと紐づけるだけで簡単に利用することができるのです。

銀行Payの特徴と使い方について

銀行Payにはいくつかの特徴があります。
まず、最も大きな特徴といえるのが、参加している各銀行の基盤となるシステムが共有化されているということです。
これはつまり、各銀行間でシステムの相互運用が可能な環境であり、さまざまなサービスを統合しやすいということになります。
実際、現在も利用可能な加盟店は各銀行で共有化されているのです。
そのため、将来的にサービスやシステムの統合が進めば、より使いやすいものになる可能性もあるでしょう。

また、他の企業系QRコード決済サービスとは違い、銀行口座さえあれば使えることも特徴です。
企業系QRコード決済サービスの中にはクレジットカード登録を前提としているものもありますが、銀行系はその必要がありません。
基本的に銀行口座の登録のみで使え、口座残高から即時に引き落とす形なので使い過ぎ防止にも効果的です。
さらに、銀行系独自の特徴として、キャッシュアウト機能も備えています。キャッシュアウト機能は駅の券売機などから現金を引き出せるサービスで、簡易的なATMとして利用が可能です。

最後に具体的な使い方については、どの銀行のサービスを利用するのかでも変わってきます。
しかし、基本的には利用する銀行の口座を用意して、スマートフォンなどに専用アプリをダウンロードすれば使える仕様となっています。

銀行Payの利用方法について

マルチバンクサービスである銀行Payの利用方法は、どの銀行のものでも共通点が多いのが特徴です。
基本的には、利用対象銀行の口座を用意して専用アプリをダウンロードすれば使えるようにできています。
たとえば、ゆうちょPayなら、アプリストアから専用アプリをスマートフォンにダウンロードします。
その後、銀行の口座番号や暗証番号などの簡単な初期設定を行います。
初期設定が終われば、サービス対象店舗で利用可能となります。

利用可能店舗での使い方としては、まず、支払いの際にQRコード決済を使うことをお店の人に伝えます。
すると、QRコードを読み取るか、お店の人に読み取ってもらうかを指定されるので、案内にしたがって操作していきましょう。
いずれの場合でも、これだけで支払いは完了します。
最初は少し緊張するかもしれませんが、複雑な操作はないので、すぐに慣れるはずです。
また、前述の通り、どの銀行のアプリを利用しても基本的な操作方法は変わりません。

銀行Payのチャージ方法について

銀行系のQRコード決済サービスは基本的に、口座から直接利用金額が引き落とされるシステムを採用しています。
そのため、ゆうちょPay、はまPay、YOKA!Payの各サービスを利用するときはチャージの必要がありません。
チャージ機能の代わりに、銀行口座と専用アプリを紐づけて引き落とし作業が行われるのです。

銀行Payの利用できるお店

ゆうちょPay、はまPay、YOKA!Payなどの銀行Payサービスは拡大傾向にあり、現在でも複数の店舗で利用できるようになっています。
たとえば、コンビニのミニストップ、ドラッグストアのキムラヤやマルエドラッグ、家電のヤマダ電機やエディオンなどです。
また、この他にも、松屋や東急ハンズといった有名店が対象店舗です。今後さらに普及が進めば、対象店舗も増えることが予想されます。

まとめ

銀行Payのサービスは金融業で実績のある各銀行が中心となって運営していることから、安心感があることが大きな魅力です。
たとえば、他の企業系QRコード決済サービスでは、過去に個人情報が流失するトラブルもありました。
しかし、一般的に銀行系のサービスでそのようなトラブルが起きる可能性は低いと考えられます。
そのため、QRコード決済利用の初心者や安全に配慮したい人には最適なサービスといえるでしょう。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。