Cloud Pay(クラウドペイ)とは?ポイントの導入方法と決済手数料まとめ

2019年9月9日

キャッシュレス決済イメージ

新しい決済形態としての需要が増えつつあるキャッシュレス決済。
しかし、実際に使用するとなると意外に面倒なのが、さまざまな種類の決済サービスが乱立しているという点です。
そこで誕生したのが、オールインワンのキャッシュレス決済サービスであるCloud Pay(クラウドペイ)です。
この記事では、Cloud Payがどのようなサービスなのか、また、導入方法や決済手数料などについて説明します。

Cloud Pay(クラウドペイ)とは

キャッシュレス決済を利用したことのある人なら、支払いのスムーズなことに満足している人が多いでしょう。
しかし、便利であると同時に複数の決済方法があるため、上手に使いこなすのが面倒に感じられることもあります。
そこで便利なサービスとして登場したのが、Cloud Pay(クラウドペイ)です。
マルチ決済サービスとして、デジタルガレージを中心とするDGグループが開発しました。
リリースされたのは2019年5月の、新しいQRコード決済サービスです。

Cloud Pay(クラウドペイ)の特徴

クラウドペイの特徴として一番に挙げられるのが、d払い、Line Payのほかに、メルペイやAlipay、WeChat Payなど数あるQR決済サービスを一本化できることです。
簡単にいうと、各サービスの店舗掲示QRコードを共通化して、1つのQRコードだけで済ませられるようになりました。
従来、店舗側で複数あるQRコードを器用に使い分けることが、日々の煩雑な業務の中では面倒に感じられることも多くあります。
そのような業務負担を減少させるために作られたサービスが、クラウドペイです。
これは小売業などの小規模~中規模の店舗向けに開発されたサービスで、日々の業務をできるだけシンプル済ませるのに役立ちます。

QRコードの決済方法について

QRコードでの決済方法はユーザースキャン式です。
店舗側が掲示するQRコードを、顧客のスマホで読み取りをする必要があります。
そのため、コンビニなどが採用するPOSシステム用の端末のない小中規模店舗でも、安心して利用することができる決済方法となります。

Cloud Pay(クラウドペイ)店舗への導入方法・費用

では、気になる店舗への導入方法について、流れを追ってみていきましょう。
実は、導入に至るまでにはごく簡単なステップで済んでしまうのです。

利用登録について

申し込みに当たっては、まずWEBフォームから必要事項を記入し、必要書類を準備したら、そのWEBフォーム内にアップロードしましょう。
因みに、必要書類は本人確認書類や店舗や開業に関する書類、また店舗の外観の写真、登記簿謄本などになります。
業種によっては、許可証の提出も必要になります。
その後、クラウドペイより審査結果がメールで送られてくるという仕組みです。

審査期間について

審査結果が出るまでには、通常1カ月~2カ月ほどかかります。
また、審査には条件があるため、業種や店舗によっては導入ができないこともあるので注意しましょう。
審査を通れば、事務局よりスターターキットが送られてきます。
スターターキットに含まれるのは、クラウドペイQRコードのシール、QR設置用スタンド、スタンド用のステッカー、設置に関しての取り扱い説明書、アプリのマニュアルなどです。
受け取り後にQRコードを店頭に設置することで、決済サービスの利用が可能になります。

必要な準備について

店舗側で準備するものとしては、加盟店専用の売上管理用アプリをダウンロードできる端末が必要です。
PC、スマートフォン、タブレットのいずれかがあれば大丈夫です。
クラウドペイを利用するにあたっては、初期費用や固定費は特にかかりません。

Cloud Pay(クラウドペイ)の決済手数料

決済の際の手数料は、一律で3.24%です。
この率は特別に低いとは言えませんが、コストパフォーマンスを考えると十分に納得のできる額だといえます。
複数の決済方法が使えることで顧客の幅も広がるうえに、煩雑な事務処理が軽減されることを考えるとそれだけの価値があることがわかるでしょう。
入金日については、月2回となっています。中旬と月末の締めで、それぞれ半月後の支払いになります。
入金金額は、決済の合計額から上記手数料を差し引いた額です。
また、入金時の振込み手数料に関しては、加盟店舗側での負担はありません。

では、店舗でよくある対応のひとつ、キャンセルは可能なのでしょうか。
クラウドペイでは、一度決済したものに関して不具合があった時などに、きちんとキャンセル対応をすることができます。
やり方は付属のマニュアルに従い、管理ツールにてキャンセル処理を行うだけです。

Cloud Pay(クラウドペイ)のメリット・デメリット

クラウドペイのメリットを簡潔にまとめてみると、大きく5つに分けられます。

メリット①:1つにまとめられるQRコード

1つ目は決済方法が複数ある場合でも、たった1つのQRコードにまとめられるということです。
これは、会計時にその都度、顧客の希望の決済方法によって、別の決済画面を開くという煩わしさがないということです。
これだけでも、決済時の快適度が抜群に上がります。

メリット②:契約もワンストップ

2つ目は、契約もワンストップで済ませられるということです。
複数の決済業者とそれぞれで契約するのではなく、クラウドペイ1カ所のみと契約することで、複数の業者のサービスを利用することができるのが便利な特徴です。
このため、経理面でも簡略化が可能です。
入金時も、クラウドペイから一括入金がされるという手軽さがあります。

メリット③:導入費用がゼロ

3つ目は、初期費用がゼロということです。
月額の固定費もかかることはありません。
かかる費用は、一律で3.24%の加盟店手数料のみです。
また、クラウドペイは国のキャッシュレス・消費者還元事業に参画しているため、2019年10月1日~2020年6月30日の間に限り、決済手数料が3分の1になるという期間限定のメリットもあります。
クラウドペイは、国の手数料補助期間があるということと、経理業務の煩雑化を大幅に軽減できることから、コストパフォーマンスが高いキャッシュレス決済であるといえるでしょう。

メリット④:設備投資が不要

4つ目は、機器などの導入不要で設備投資費がかからないということです。
基本的に顧客側がコードを読み込むかたちでのスマホ決済で済んでしまいます。
店舗側で用意すると便利なのが手持ちのスマホのみです。
決済完了通知を受け取りたい場合に、アプリを通して通知が届きます。

メリット⑤:どこでも可能な売上確認

そして5つ目のメリットとしては、スマホ上のアプリから毎日の売上が確認可能なので、売り上げ管理が容易になります。
時間短縮できるのでその他の業務にも手が回り、結果的に仕事の効率がアップするでしょう。

まとめ

クラウドペイがリリースされたことで、店舗でのキャッシュレス決済がさらに扱いやすくなりました。
複数の決済方法を一元化できるので、画期的なサービスといえるでしょう。
さまざまなキャッシュレス決済が乱立する現在、クラウドペイを導入することで、顧客数のアップが見込め、経理処理や仕事の効率までもが劇的にアップする可能性は高いです。
コスパの良いクラウドペイの導入は、かなりおすすめです。

※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報につきましては、各アプリ・カード会社のサイトをご覧ください。